ツール・ド・ポローニュの落車事故でフルーネウェーヘンに9カ月の活動停止処分が課された

  • photo ©Bettiniphoto

国際自転車競技連合(UCI)は、今年8月5日に開催されたツール・ド・ポローニュ(UCIワールドツアー)第1ステージの集団ゴールスプリントで、大落車を引き起こしたオランダのディラン・フルーネウェーヘン(チームユンボ・ビスマ)に対し、懲罰委員会が9カ月の活動停止処分を課したと発表した。

ツール・ド・ポローニュ

フルーネウェーヘンが起こした事故でフェンスに激突して頭部と顔面に重傷を負ったオランダのファビオ・ヤコブセン(ドゥクーニンク・クイックステップ)は、まだ復帰していない(©Bettiniphoto)

フルーネウェーヘンの活動停止処分は事故があった日から開始し、来年5月6日までとなり、7日からレースに復帰できる。彼は事故が起きたゴールスプリントで、自分のラインから逸脱してUCI規則に違反した事を認めていて、懲罰委員会の調査にも協力し、処分も受け入れた。彼はサイクリング・コミュニティの利益になる多くのイベントに参加する事も受け入れている。

UCI公式サイト