ニュース

新城幸也がアシストしたトゥーンスが落車! ブエルタ2019 第14ステージ

レース
ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 第14ステージは、スプリンターのステージと思われていたが、風や落車の影響を受けて波乱の一日となった。

 
落車により膝から流血しているエースのディラン・トゥーンスを待ってフィニッシュした新城幸也 photo:Miwa IIJIMA        
落車により膝から流血しているエースのディラン・トゥーンスを待ってフィニッシュした新城幸也 photo:Miwa IIJIMA        


新城幸也のコメント:
「今日はどこが集団スプリントに向けてコントロールするか分からないので、逃げにもチャンスもあった。集団スプリントになれば最後の1kmは10%近く勾配なのでディラン(トゥーンス)で勝負だった。逃げが10kmで決まり、1日中ディランの近くで過ごしたが、最後の山岳賞は時速40kmを超えるスピードの時もあり、ゴールまでの1時間はとてつもなく速かった。残り2kmで先頭付近でディランが良い位置にいたのを確認して自分は離脱したので、落車の瞬間はもう、後ろに下がっていて見てないが、かなりのスピードが出ていたと思う。ここまで守ってきたディランが巻き込まれてしまい、足首が痛むそう。明日、悪化していなければいいが・・・」


新城幸也と同部屋であり、バーレーン・メリダのエースのディラン・トゥーンスは深夜まで検査と治療をし、明日の膝の具合次第で出走を決める。


ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 公式WEBサイト

【text&photo:Miwa IIJIMA】

 
スタートサインボードにサインする新城幸也 photo:Miwa IIJIMA
スタートサインボードにサインする新城幸也 photo:Miwa IIJIMA



ciclissimo(チクリッシモ)No.61