トピックス

安井×ナカジが熱く語る! 9000系デュラエース対談 Part2

本誌(2012年11月号)の9000系デュラエース特集で行ったライター安井と編集長ナカジの対談(というかほとんど自転車バカ同士の雑談)は、実は一時間以上にも及ぶものだった。パート2ではディレーラーまわりの話をお届けする。 2人のデュラエース愛用者が贈る、愛の9000系評論。
text●安井行生 photo●小見哲彦

フロントディレーラー編

安井:んじゃ変速系。フロントディレイラーから。
中島:変速スピードそのものにさほど変化はないかもしれませんが、劇的にタッチが軽くなっている。同じ変速スピードでここまで軽くしてきたことは評価に値しますね。
安井:ワイヤーを通す位置を2種類用意するとか、サポートボルトの装備とか、性能のためにここまでやってきたんだなぁという感じがする。他の2社はつらいかもしれない。現状は9000系の圧勝だもんな……。でもサポートボルト(フロントディレーラーから突き出したボルト。シートチューブにこのボルトを接触させ、ディレーラー取りつけ台座との2カ所でフロントディレーラーを支える。フルカーボンの直付け台座のみ必要)にはちょっと難儀した。僕の695ではFD台座とフレームとのちょうど境目にサポートボルトが当たるから、バックアッププレートを上手くつけることができなかった。フレームによっては装着が難しくなるのかも。
中島:ワイヤーの通し方など、従来とは組み方がかなり違うので注意が必要ですね。

リヤディレーラー編

中島:リアはどうでしょう?
安井:とにかくロー側へのシフト操作が異様に軽い。びっくりする。感覚的には、トップ側よりロー側のほうが軽いんじゃないかってくらい。
中島:疲れてきたときにいいですね。ロー側への変速は、操作が軽くなってることと相まって速くなったと感じます。でもDi2を使っていると、トップ方向への変速はそこまで速いとは感じられなかった。
安井:スプリングのテンションが弱くなってるみたいだし。Di2はモーターで強制的に動かしているもんね。
中島:でもローに向かうときにフィーリングはすごく滑らか。それでいて、カコッと「チェーンがギアを乗り換えている」っていう精密感もちゃんとある。脚にきているときはアドバンテージになりそう。
安井:このワイヤーの角度(トップ側でワイヤーがRDにこすれてしまう)は気になるね。シマノがやってることだから大丈夫なんだろうけど、理系の人間が見たら引っ掛かる部分だね。早くもマイナーチェンジしてほしい。
中島:発表されたときからずっと言ってますねそれ(笑) 前後同時変速もよくなっているような気がします。
安井:レースではやるもんね。フロントを落としつつリア上げるとか。
中島:アウター×ローでいけるかと思ったけどやっぱ無理でした、みたいなとき。
安井:今まではチェーン落ちるか落ちないか、一か八かみたいなとこはあったもんね。 (※対談後500kmほど走ったが、ワイヤーはほとんど摩耗していない。耐久性には問題がなさそうだ)

クランク編

安井:クランクはどうだった?試乗モデルは172.5mmと長めだったので、判定はナカジに丸投げします。
中島:79と何度も踏み比べてみたんですが、なんとなく違うような気がします。フィーリングとしては、9000系の方が「薄くて硬いモノを踏んでいる」という感じ。
安井:4アームの剛性については?
中島:不足は全く感じません。
安井:だろうね。剛性を犠牲にせずに4アーム化しつつ軽量化って、技術的に相当レベルの高いことだと思う。クランク一本でコンパクトもノーマルもいけるし。
中島:中空チェーンリングだからこそのワザですね。
安井:サードパーティー勢はテンション下がってるだろうね…
中島:このクランクにはこのチェーンリングしかありえないですからね。BBはどうですか?ベアリングが小っちゃくなってますが。
安井:回転感に旧モデルとの差は感じない。シマノらしくネットリ。トルクかけたらいいんだろうなっていう。見た目はスッキリしてよくなった。
9000系デュラエース対談 Part1はこちら!
9000系デュラエース対談 Part3はこちら!