トピックス

マクラーレンがバーレーン・メリダとパートナーシップ締結

スポーツカーメーカー、そしてF1など自動車レーシングチーム部門をもつマクラーレングループはバーレーン・メリダとのパートナーシップ締結を発表した。

このパートナーシップは3つの重要な分野に根ざすものになるという。


 

機材とライダーのパフォーマンスを最大化するノウハウをチームに

テクニカルなコラボレーション、ヒューマン・ハイ・パフォーマンス=ヒトの心身の活力を最適化すること、そしてスポーツマーケティングだ。マクラーレングループのマクラーレン・アプライド・テクノロジーズは、マクラーレンがレースの世界で50年培ったマシンとライダーのコンビネーションに関する経験を、自転車レースに持ち込む。
マクラーレン・アプライド・テクノロジーズは、すでに自転車界との共同プロジェクトで実績を残している。例としてあげられるのは、スペシャライズドと共同で自転車を開発したり、2012年ロンドン五輪では自転車競技のイギリス代表チームと協力していた。



-ジョン・アラート(マクラーレン・CMO)
レース、技術、そして人間の能力は、マクラーレンが行動する時の”ハート”です。われわれの技術と野心、バーレーン・メリダとの完璧なパートナーシップを結ぶのは、将来の目標ににアプローチするためにとても自然なことでした。バーレーン・メリダが発足から2年足らずで成し遂げた成績は、とても印象的です。一緒にチームを運営できるのはとても刺激的です。



-ブレント・コープランド(バーレーン・メリダGM)
マクラーレンはこの数十年間、技術革新とスポーツパフォーマンスのハードルを上げてきました。 バーレーン・メリダがマクラーレンの専門知識と献身を得て優勝チームになるという、我々の情熱とビジョンの組み合わせは完璧なパートナーシップといえます。



-ダンカン・ブラッドリー(マクラーレン・アプライド・テクノロジーズヘルス&ヒューマンパフォーマンスディレクタ)
どんなスポーツでもベストを尽くすためには、正しい目標と、優れたアスリート、チーム、そしてテクノロジーが必要です。バーレーン・メリダとのパートナーシップによって、これらの全てを手に入れたと考えている。我々は共に取り組むことによってチームのパフォーマンスを最大化します。



-バーレーン王国ナーセル・ビン・イーサ・アール・ハリーファ公
「マクラーレンとのパートナーシップは、バーレーンのサイクリングの将来に大きな国家の誇りと興奮を与えてくれるものです。 私たちは、世界で最高の自転車チームになりたいと思っています。そして、この最も挑戦的なスポーツでどう戦うのかを示した一例になりたいと思います。
マクラーレンとのパートナーシップは、マシンや選手の能力を最大限に引き出す貴重な専門知識と経験を提供し、チームのプロサイクリング最高峰への旅を加速することになるでしょう。


 




新城幸也 今シーズンを振り返る。そして2019年シーズンは?新城幸也 今シーズンを振り返る。そして2019年シーズンは?