ウィンゾーンプレゼンツ全日本最速店長選手権 涌本が2回目の優勝!

目次

岩島とのスプリントを制した涌本が両手を上げる

岩島とのスプリントを制した涌本が両手を上げる

 

日本最速のスポーツバイクショップ店長を決める戦い。ウィンゾーンプレゼンツ全日本最速店長選手権。第9回となる今年は、全国から39名の店長が千葉県成田市の下総運動公園のコースに集結。厳しい残暑のなかで、熱い戦いが繰り広げられた。

そして見事、最速店長の称号を獲得したのはスクアドラ滋賀守山 涌本正樹。2015年に続いて2度目の勝利となった。

全日本最速店長史上最速のレースに。75kmの平均速度は時速42kmオーバー

下総運動公園内サイクルロードを50周回(1周1.5km)する、75kmで行われた全日本最速店長。昨年から導入されたポイント賞も健在。日本全国から店の看板を背負った店長自らが走る、プライドとプライドのぶつかり合いが魅力のこのレース。勝利を目指す走り、ポイント賞狙いの作戦、少しでも目立ってやろうという熱い走りなどが交錯する。

定刻の14時にレースはスタート。1周のニュートラルののち、ローリングスタートしていく39名の店長たち。序盤からペースアップのアタックが連発され、毎周回先頭が変わる、めまぐるしい展開。

参戦した店長のリストはこちら
ウィンゾーンプレゼンツ全日本最速店長選手権2019 スタートリスト

 
全国から39人の店長が会場に集まった。残暑が会場の気温を上げていく

全国から39人の店長が会場に集まった。残暑が会場の気温を上げていく

その中でまずは10周目。最初のポイント賞周回を迎える。最終着順で”最速店長”の座を争う以外にも、ポイント賞が設定されている。10周、20周、30周、40周のスタートフィニッシュランの通過順位に応じて1位から3位までにポイントが付与され、その合計獲得ポイントを争うものだ。

最初のポイント賞周回である10周目、まず1位通過したのは初参加のトキノサイクリングショップ 石倉龍二だった。続いて、Bicicletta SHIDO名護店 中尾 峻、サイクルベースあさひeコマース店 中村将也が続いた。ポイント賞周回が終わった後も、集団は落ち着くことなく、逃げたいメンバーが集団を抜け出しては吸収されることを繰り返していた。

4周目に形成された逃げグループ。ポイント賞までに集団に吸収された

4周目に形成された逃げグループ。ポイント賞までに集団に吸収された

10周目、最初のポイント賞周回はトキノサイクリングショップ 石倉龍二が先頭で通過

10周目、最初のポイント賞周回はトキノサイクリングショップ 石倉龍二が先頭で通過

入賞経験がある店長による強力な逃げ!!

決定的な動きが起きたのは17周目。シルベストサイクル みのおキューズモール店 藤岡徹也が集団から抜け出す動きに同調して、過去優勝や入賞経験のあるエイジサイクル 岩島啓太、サイクルポイントオーベスト 西谷雅史、スクアドラ滋賀守山 涌本正樹の強力な4人による逃げが形成された。その後、藤岡が逃げからドロップしたが、思惑がそろった3人はハイペースでレースを進行し、20周目のポイント賞もそのまま通過。 

例年であれば、レースの半分も消化していない段階で形成された逃げは、集団の力によって吸収され、さらに最終局面に向けた勝負がスタートする。会場の多くの人がそう思っただろう。でも逃げの3人は違った。

メイン集団も20秒~30秒程度のタイム差で走り続けていた。やはり捕まってしまうかと思っていたが、ペースが上がらなかったのはむしろメイン集団の方だった。先頭3人は集団とのタイム差を30秒から40秒台へと広げていく。

メイン集団からはサイクルぴっとイノウエ刈谷店 井上大我、Bicicletta SHIDO名護店 中尾 峻、初参加のCycleshop Ashiviva 普久原 奨らがキャッチアップの動きを見せるが、強力な3人には誰も届かなかった。メイン集団も人数を減らしていき、優勝経験のある強豪店長も途中でレースを降りるシーンもみられた。

 
17周目にできた岩島、藤岡、涌本、西谷(写真左から)による逃げ

17周目にできた岩島、藤岡、涌本、西谷(写真左から)による逃げ

普久原を先頭にメイン集団が逃げを追う

普久原を先頭にメイン集団が逃げを追う

 

 

 

当日は厳しい残暑に見舞われ、各選手ニュートラルサポートから水を多く補給するシーンも

当日は厳しい残暑に見舞われ、各選手ニュートラルサポートから水を多く補給するシーンも

あさひの中村も昨年に続いて積極的に動く

あさひの中村も昨年に続いて積極的に動く

メイン集団が追いつくかと思われたが・・・

メイン集団が追いつくかと思われたが・・・

10周目のポイント賞周回以外は、逃げの3人ですべてのポイントを獲得。40周目のポイント倍付周回を先頭で通過した岩島が、まずはポイント賞を確定。その後も、優勝をかけたフィニッシュに向けて3人で走り続ける。

いよいよファイナルラップ、最後のスプリントを制した涌本が2015年に続いて、2回目の最速店長の称号を獲得した。ちなみに、もし岩島が優勝していれば史上初の大会連覇、3度目の優勝、ポイント賞と最速店長の両方を獲得という記録達成になっていた。出走39人中、完走したのは15人だった。

終わってみれば平均速度、時速42㎞オーバーというハイスピードレースだった。これは全日本最速店長選手権史上最速の記録である。

岩島とのスプリントを制した涌本が両手を上げる

岩島とのスプリントを制した涌本が両手を上げる

最後まで逃げ切った3人

最後まで逃げ切った3人

優勝した涌本は滋賀から大応援団が駆け付けていた。優勝の原動力

優勝した涌本は滋賀から大応援団が駆け付けていた。優勝の原動力

優勝したスクアドラ滋賀守山 涌本正樹。2位エイジサイクル 岩島啓太、3位サイクルポイントオーベスト 西谷雅史

優勝したスクアドラ滋賀守山 涌本正樹。2位エイジサイクル 岩島啓太、3位サイクルポイントオーベスト 西谷雅史

平日の開催にもかかわらず、会場には自分のバイクの面倒を見てくれている店長を応援しようと、多くの観客が!!!

平日の開催にもかかわらず、会場には自分のバイクの面倒を見てくれている店長を応援しようと、多くの観客が!!!

ウィンゾーンプレゼンツ全日本最速店長選手権 ユーチューブライブ配信映像

一口にスポーツバイクショップ店長といっても、店舗形態はさまざま。一人で切り盛りしている店長もいれば、チェーン店の店長など。責任ある立場で仕事をこなしつつ、このレースに臨んでいる。プロ選手とは違い、フルタイムで責任と業務を果たしつつ、トレーニングによってパフォーマンスを向上している。リアルヒーローといえるのではないだろうか。走ることへのこだわりは、もちろんパーツへのこだわりに通じる。そんな出場店長たちがセレクトしたバイクやパーツがそろう各ショップに、足を運んでみてはどうだろうか。 

 

大会メインスポンサー「ウィンゾーン」エナジージェルに新味シークワーサー登場


日本新薬のスポーツサプリメント「WINZONE(ウィンゾーン )」シリーズ。世界で唯一、機能性成分「ヒドロキシクエン酸」と「マグネシウム」を配合した世界で唯一のエナジージェル『WINZONE ENERGY GEL(ウィンゾーン エナジージェル)』に新味シークワーサーが登場。

ジェル以外にも、「ヒドロキシクエン酸」によって、グリコーゲンリカバリー、脂質の利用を促してエネルギー効率に着目したサプリメント『WINZONE ENERGY×ENERGY(ウィンゾーン エナジー エナジー)』 もある。


ウィンゾーンプレゼンツ全日本最速店長選手権リザルト

1位 涌本正樹/スクアドラ滋賀守山 1:46:28.44
2位 岩島啓太/エイジサイクル +00:00.20
3位 西谷雅史/サイクルポイントオーベスト +00:01.25
4位 山崎 泰史/Pedalist +00:45.79
5位 遠藤 健太/サイクルワークス Fin’s  +00:45.86
6位 石倉龍二/トキノサイクリングショップ +00:45.97
7位 中村将也/サイクルベースあさひeコマース店 +00:46.18
8位 成毛 千尋 /ALDINA cyclery +00:46.40
9位 藤岡 徹也/シルベストサイクル みのおキューズモール +00:46.64 
10位 中尾峻/Bicicletta SHIDO名護店 + 00:46.71
11位 井上 大我/サイクルぴっとイノウエ刈谷店 +00:47.85 
12位 谷岡 駿/スクアドラ平野店 +00:48.02 
13位 高木 友明/アウトドアスペース風魔 横浜 +00:50.90 
14位 普久原 奨/Cycleshop Ashiviva +00:52.35
15位 安藤 光平/Bicicletta SHIDO +01:19.71
 
横井 渓/自転車人の店 クロチェリスタ 44 DNF 6 Lap
三上和志/cyclehouse MIKAMI 44 DNF 6 Lap
布施啓富/サイクルショップスマイル 40 DNF 10 Lap
佐野友哉/ユーキャン海老名店 39 DNF 11 Lap
真鍋英祐/CYCLE PIT240 川中豊町店 39 DNF 11 Lap
高野淳/ユーキャン山梨店 38 DNF 12 Lap
坂手 潤一/バウンス 37 DNF 13 Lap
中村 友一朗/サイクルベースあさひ新鎌ヶ谷店 37 DNF 13 Lap
津末浩平/津末サイクル 36 DNF 14 Lap
森 俊夫/EURO-WORKS 36 DNF 14 Lap
藤澤 優/ワイズロード上野アサゾー店 36 DNF 14 Lap
岩崎 嶺/サイクルショップカンザキ千里店 36 DNF 14 Lap
鈴木祐一/ライズライド 35 DNF 15 Lap
岩佐昭一/サイクルフリーダム 33 DNF 17 Lap
藤原龍治/Cicli Pioniere 33 DNF 17 Lap
佐藤 教行/BICYCLE STEP 28 DNF 22 Lap
山下勝司/自転車屋 ちゅう吉福山店 28 DNF 22 Lap
小南舘 純/GROVE鎌倉店 27 DNF 23 Lap
鬼形 明浩/CO2bicycle 27 DNF 23 Lap
鈴木卓史/スポーツバイクファクトリー北浦和スズキ 24 DNF 26 Lap
藤野智一/なるしまフレンド神宮店 24 DNF 26 Lap
長谷川嘉男/CYCLECUBE 18 DNF 32 Lap
池田勝之介/スポーツキッド下高井戸店 13 DNF 37 Lap
森江康貴/サイクルギャラリーカヤマ 8 DNF 42 Lap
内田裕/SBC湘南藤沢店 DNS  

Timing by Matrix

 
 
https://old.cyclesports.jp/articles/detail/123788