SPDビンディングシューズ初心者におすすめ。おしゃれな「ストンプロックス」

目次

ストンプロックス

カジュアルライクなビンディングシューズのメーカー「STOMPLOX(ストンプロックス)」から新作シューズが発表された。第三作目となる「SLAK(スラック)」は、より歩行しやすく、軽くなったのが特徴だ。街乗りやツーリング、オフロードライドなど、幅広いシーンで活躍するこのマルチなビンディングシューズを紹介する。

スラックが初心者におすすめの理由

ストンプロックス

ストンプロックスの新作フラッグシップモデル「スラック」が登場

自転車は日常的に乗るもの。となれば、もっと気軽にそしてもっと快適に乗りこなしたい。日々のライドをより豊かにするビンディングシューズの新作「SLAK(スラック)」が登場した。

スラックをはじめカジュアルで履きやすいビンディングシューズを作り続ける「STOMPLOX(ストンプロックス)」代表の間宮貴志さんはこう語る。

「スポーツ志向なデザインではなく、ラフな服装の自分でも履きたくなるようなビンディングシューズを作ろうと試行錯誤し始めたブランドです。より自転車をこぐのが楽に、そしてとにかく楽しく感じるはずです」。

見た目はスニーカー、しかし機能は本格的なビンディングシューズ「スラック」に注目だ。

軽く、歩きやすい

ストンプロックス

ほどよいしなりがペダルの踏み込みも歩行もアシストしてくれる

スラックの新作シューズはより歩きやすく、軽量化したのが最大の特徴だ。日本人の幅広甲高な足に合わせた形状を採用し、シャンクと呼ばれる中底を独自に開発。それによって適度な“しなり”を実現した。自転車をこぐときの快適な硬さを保ちつつ、降りた後の歩行を妨げることがないように、先端部を浮かせた形状にし、軽いしなりを可能にする凹凸を設けたという。靴底にはソール専門メーカー「ビブラム」のソールを採用し、片側350gという軽量な仕上がりに。

カジュアルな服装に合わせやすい

ストンプロックス

ストンプロックス

街に溶け込むデザインで、サイクリングをおしゃれに演出

もちろんブランドコンセプトのカジュアルライクなデザインも健在。品のあるスエード生地の革靴で、カラーリングはブラックとオリーブの2色だ。

「ビンディングシューズというと壁を感じてしまう方が多いと思いますが、カジュアルな服装にもハマるスラックは心の壁も取り払ってくれるはずです」と間宮さん。その言葉のとおり、アウトドアライクなルックスは街乗りやアウトドア、ツーリングなど、幅広いシーンにもぴったりだ。

おしゃれなスラックが活躍する3つのシーン

ロードバイクなどで街中を走る

ストンプロックス

移動が目的の気軽なライドでも活躍。通勤や通学にも

移動手段として街中でロードバイクを乗るときも、スラックならば気軽に履くことができる。ジーパンやチノパンなど普段着にもフィットするデザインで、スニーカーのように使えるのがうれしい。これからビンディングにチャレンジしてみたい人にとっても挑戦しやすく、既にビンディングを愛用しているサイクリストのセカンドシューズとしても活躍しそうだ。

輪行旅で歩きに使える

ストンプロックス

歩行性も抜群に良いため、歩きが多くなる輪行旅でも有用だ

スラックの歩きやすさは輪行シーンでも大活躍。一般的なスニーカーのような履き心地で、揺れる電車内や駅構内の階段でも安心だ。さらにカジュアルな見た目のおかげで、公共の場でも浮かないのがうれしい。スラックが一足あれば、ライドシーンもパブリックなシーンでもストレスフリーにこなすことができる。

グラベルにも使える

ストンプロックス

本格的なアウトドアシーンでも歩きやすさと軽量性がきらりと光る

カジュアルな見た目ながらスラックは本格的なグラベルライドでも有用だ。オフロード系ペダルに対応し、クリートが地面と干渉しづらいのでバイクを降りたあとも歩行しやすい。さらにスラックで採用しているビブラムソールは、もともと登山ブーツ用ソール開発から始まったブランド。丈夫で滑りにくく、耐久性に優れている。

シマノSPD対応! スラックのスペック

スラックの発売に向けたクラウドファンディングが2020年9月中に行われ、発売日は2020年10月後半になる予定だ。

ストンプロックス

ストンプロックス・スラック(ブラック)

ストンプロックス

ストンプロックス・スラック(オリーブ)

SLAK
予定価格:2万3000円(税抜)
サイズ:26.0、27.0、28.0(※レディースサイズは2021年春以降に発売予定)
カラー:ブラック、オリーブ
対応クリート:シマノを含む全ての2ボルトタイプ

サンダルタイプもラインナップ

夏場のライドにぴったりのストラップサンダルタイプのビンディングシューズが「TROD-Sandals(トロッドサンダル)」。ウェットスーツ素材とナイロンベルトで足全体を包み込むようなホールド力を実現し、ブーツなどにも使用されるボブソールを採用した。フットベッドやストラップ先端などには合皮をあしらい、上品ながらカジュアルなテイストを両立。カジュアルなシーンにハマるちょうど良いビンディングサンダルだ。

 

ストンプロックス

ストンプロックス・トロッドサンダル

TROD-Sandals
価格:1万9500円(クリート穴あり・税抜)、1万7000円(穴なし・税抜)
サイズ:M(25.5〜27.0)、L(27.0〜28.0)
素材:ウェットスーツ素材/合皮
カラー:ブラック
靴底開口部:縦50mm×横40mm(クランクブラザーズ、ルック、MKS-A推奨。シマノ不可。ペダルによっては靴底とペダルが干渉してクリートがうまく入らない可能性がある)

ストンプロックスとは

大地を踏みつけ踊る「STOMP」とペダルとシューズが固定される「LOCK」にちなみ名付けられたビンディングシューズブランド。カジュアルライクでも楽しめるシューズをコンセプトに、日常のあらゆるシーンに溶け込むよう素材・ビジュアルにこだわり、自転車から降りたあとの歩行も快適にできるよう機能性も両立させた。カジュアル志向のサイクリストが履きたくなってしまうような上質なシューズがそろう。

ストンプロックス取扱店

ストンプロックスの新作「スラック」の購入は下記の販売店から。

バイシクルストア スリーピーク(群馬県桐生市広沢町3-4160-4) 
アヤセサイクル(東京都足立区東綾瀬1-8-14) 
ハックル(東京都稲城市平尾2-19-1 第一SICビル102) 
クランプ(長野県伊那市山寺249-1) 
バイシクルわたなべ カネボウ通り店(静岡県静岡市駿河区曲金7-8-35) 
トキシックワークス(静岡県静岡市葵区七間町11-7 是永ビル1F) 
ワッカ(愛知県犬山市五郎丸東1-107)
バイシクルスタジオムーブメント(大阪府大阪市天王寺区大道1-2−34)
ハムハムハグ サイクルセンター(京都府中京区西横町167-1 WILL21烏丸御池1) 
リ プロダクツプロジェクト(兵庫県神戸市須磨区菊池町1-2−5)
エルビーエー バイクショップ(鳥取県鳥取市賀露町南3-3034-1) 
グランピー(広島県広島市西区庚午中1-18−32 ドルミ庚午101) 
リンドウバイク(徳島県徳島市末広2-1−84)