今月の目次

CYCLESPORTS 2018年6月号

ピックアップ記事

  • 40
    大特集:「富士ヒル」「乗鞍」にまだ間に合う。やるべきことは超シンプル
    今年こそクライマーになる!
     
  • 130
    自分を刺激する、旅に出よう!
    Grand Touring
     
  • 24
    海外試乗会速報! ロードコンポーネント最速の"+1"
    カンパニョーロがリヤ12速化
     
  • 32
    2018シマノニューモデル速報!
    ●105がR7000シリーズに進化
    ●アルテグラRXが新登場!
     
  • 34
    ニューモデルインプレッション
    ●ヨネックス・カーボネックスディスク
    ●コンドル・レッジェーラ
     
  • 71
    タイムアップを後押してくれる
    ヒルクライム必勝アイテム
     
  • 76
    ”サイスポ専用バイク”をオーダーしてみた!
    フジのカラーオーダーシステム「リミックス」登場
  • 78
    意のままにバイクを操れる
    極めよ! ブレーキセッティング
     
  • 95
    Are you ready for the new seasons ?
    サイクルウエア&シューズ&ヘルメット コレクション2018
     
  • 168
    春のクラシック2018
    ボーネンの後継者を探して
     
    174
    第2回ツール・ド・とちぎ
    国内最強チームのプライド
     

連載・その他

  • 155
    自転車道
    ●自転車塗装の秘密に迫る
     
  • 179
    石田ゆうすけのNIPPON漂流 僕の細道
    田舎風情を味わいながら 通称”うさぎ”島を目指して西へ
     
  • 268
    物欲グッズをトライ&ジャッジ![安井行生/吉本 司]
    ●スペシャライズド・Sワークス7
    ●ドイター・レースX
    ●ボントレガー・アイオロスXXX2TLRクリンチャー/アイオロスXXX4TLRクリンチャー
     
  • 19
    CS EXPRESS
     
    21
    アレ! アレ! ユキヤ
     
    178
    定期購読のご案内
     
    184
    100年前の地球漫遊記
     
    186
    変速機を愛した男たち
     
    188
    今月のインフォメーション&ニュース
     
    209
    タクリーノのゆらりぎらり
     
    210
    最速店長日記
     
    211
    読者投稿ページ CS POSTMAN
     
    220
    レース&イベントカレンダー
     
    224
    CSスポーツニュース
     
    264
    バックナンバーガイド
     
    265
    広告目次
     
    266
    編集後記
     
    267
    プレゼント
     
    272
    サイスポのお試し
     
    274
    ジテモノ
     
  • 280
    菊地武洋の今日も自転車中毒
     

Cover Story

今月号の第一特集はヒルクライムがテーマ。表紙はその内容に合うカットを撮影したいと考えたが、信州方面の峠は3月末でもまだ雪が残っているのでNG。そんなわけで伊豆半島に出向き、2日間もロケハンをした挙げ句(1日は積雪のため途中で中止)、某所で撮影を敢行。

その甲斐あって早春の柔らかな日差しを受けたライダーと、その後ろに広がる山のまっふりとした木々のコントラストがきれいなライディングシーンを撮影できた。モデルとなってくれたのは、クライマーみたいな細身の体型が素敵な、JBCFのE1カテゴリーで走る白石正人(ソースデベロップメント所属)さん。早朝5時からの撮影に付き合ってくれてありがとう!

モデル着用ウエア:
パスノーマルスタジオズ・メカニズムジャージ:2万2000円(税抜)
パスノーマルスタジオズ・メカニズムビブショーツ:2万5500円(税抜) 

問・アルマスポーツ 03・6276・7421 
撮影協力:サイクルキューブ
 

タイム・アルプデュエズ01アクティブフォーク

表紙と目次のバイクは、タイムが誇る軽量モデル「アルプデュエズ01アクティブフォーク」。ツール伝説の峠を冠したこのモデルは、同社最軽量となる860gのフレーム単体重量によって究極のヒルクライム性能が追求されている。

タイムのアイデンティティであるカーボンブレードとRTM後方を駆使して生まれたそのフレームは、蝶のごとく舞う軽い登坂性能を持つが、フレームのしなりを生かした粘りのあるペダリングフィールが生む上質にして力強い走りを披露する。そして卓越した振動減衰特性とチューンドマスダンパーを内蔵したアクティブフォークが、抜群の乗り心地と下りでの安定した走りを生む。

タイム
アルプデュエズ01アクティブフォーク

フレームセット価格:75万円(税抜)
問・ポディウム 0742・64・3555


*サイクルスポーツ6月号は全国の書店、amazonで発売中!