2021UCIロード世界選 女子エリートはイタリアのバルサモが初優勝

  • photo ©Bettiniphoto

ベルギー北部フランダース地方で開催中の2021年UCIロード世界選手権大会は、9月25日に女子エリートのロードレースを競い、イタリアのエリーザ・バルサモ(ヴァルカル・トラベル&サービス/23)が、ゴールスプリントでオランダのマリアンヌ・フォス(ユンボ・ヴィスマ/34)を打ち負かして初優勝した。
 

2021UCIロード世界選

23歳のバルサモ(イタリア/右)がゴールスプリントでベテランのフォス(オランダ)を打ち負かした(©Bettiniphoto)

世界選女子エリートのロードレースでイタリアが優勝したのは、2011年のジョルジャ・ブロンズィーニ以来、実に10年ぶりだった。3位にはポーランドのカタジナ・ニヴィアドーマ(キャニオン・スラム)が入った。
 

2021UCIロード世界選

フランドリアン・サーキット内にある、オーブレイスのSボフト(S字カーブ)の坂を上る集団(©Bettiniphoto)

フランダース世界選のロードレースは、首都ブリュッセルに近いヴラームス・ブラバント州の州都ルーヴァンがメイン・サーキット(1周15.6km)になり、男女エリートと男子アンダー23のコースは、スタートがルーヴァンから60kmほど離れた北部のアントワープで、これにルーヴァンのサーキットと、オーブレイス近郊の石畳の坂を通過するフランドリアン・サーキットを組み合わせたレイアウトになっている。

女子エリートはアントワープをスタートして一旦ルーヴァンに入り、サーキットを1.5周した後、オーブレイス近郊のフランドリアン・サーキットを1周。その後ルーヴァンに戻り、メイン・サーキットを2.5周する157.7kmのコースだった。

フランドリアン・サーキットでいくつもの坂を越えて小さくなった集団は、1つのままルーヴァンに戻った。最初のコントロールライン通過を目前にして、集団からフランスのオード・ビアニックがアタックし、10秒程度のタイム差を付けて逃げ続けたが、ゴールまで残り26kmのケイゼルベルフの坂で捕まってしまった。集団はオランダが引き続け、30人ほどに減っていた。

続くドゥクークスラーンの坂で、今度はスペインのマルガリータ・ガルシアがアタックし、残り23kmで23秒差を付けた。集団はオランダが攻撃を続け、最終周回へと突入した。逃げていたガルシアは残り10.8kmのケイゼルベルフの坂でオランダがコントロールする集団に吸収された。

ゴールまで残り6kmのウェインペルスの坂では、5日前に個人タイムトライアルで優勝したオランダのエレン・ファンダイクがアタックし、イタリアのエリーザ・ロンゴボルギーニ、ニヴィアドーマ、フォスらが先行したが、ルーヴァン市街地から広い環状道路に出た後、集団に捕まってしまった。

20人ほどに減った先頭集団は、最後の坂だったシントアントニウスベルフでも抜け出せる選手はなく、残り1kmのフラム・ルージュを通過して広い環状道路に戻った。最後はイタリアが列車を作って坂を上り、ロンゴボルギーニの発射台からバルサモがスパート。そのすぐ後ろに付けていたフォスは、4度目の世界タイトルを目指してもがいたが、23歳のバルサモを抜き去る事はできなかった。
 

2021UCIロード世界選

女子エリートロードレースの表彰台。左から2位のフォス(オランダ)、優勝したバルサモ(イタリア)、3位のニヴィアドーマ(ポーランド)(©Bettiniphoto)

■女子エリート ロードレース 結果
[9月25日/アントワープ~ルーヴァン/157.7km]
1. BALSAMO Elisa (ITA) 3:52:27
2. VOS Marianne (NED) +1
3. NIEWIADOMA Katarzyna (POL) +1
4. VAS Kata Blanka (HUN) +1
5. SIERRA CANADILLA Arlenis (CUB) +1
6. JACKSON Alison (CAN) +1
7. VOLLERING Demi (NED) +1
8. LUDWIG Cecilie (DEN) +1
9. BRENNAUER Lisa (GER) +1
10. RIVERA Coryn (USA) +1
85. YONAMINE Eri (JPN) +9:13


26日は男子エリートのロードレース

フランダース世界選は9月26日に最終日を迎え、男子エリートのロードレースが行われる。コースはアントワープをスタートしてルーヴァンに入り、サーキットを1周した後、オーブレイス近郊のフランドリアン・サーキットを1周する。その後、一旦ルーヴァンに戻ってサーキットを4周し、もう一度フランドリアン・サーキットを1周してルーヴァンに戻り、最後はサーキットを2.5周する。全長は268.3km。

男子エリートのロードレースには、45カ国(ロシアはロシア自転車競技連盟として参加)から集った194選手が参加を予定している。ゼッケン1はディフェンディングチャンピオンであるフランスのジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が付ける。日本からは新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)が参加する。


[男子エリート スタートリスト]

1. ALAPHILIPPE Julian (FRA)
2. CAVAGNA Remi (FRA)
3. COSNEFROY Benoit (FRA)
4. DEMARE Arnaud (FRA)
5. LAPORTE Christophe (FRA)
6. MADOUAS Valentin (FRA)
7. RUSSO Clement (FRA)
8. SENECHAL Florian (FRA)
9. TURGIS Anthony (FRA)

10. BENOOT Tiesj (BEL)
11. CAMPENAERTS Victor (BEL)
12. DECLERCQ Tim (BEL)
13. EVENEPOEL Remco (BEL)
14. LAMPAERT Yves (BEL)
15. STUYVEN Jasper (BEL)
16. TEUNS Dylan (BEL)
17. VAN AERT Wout (BEL)

18. MEZGEC Luka (SLO)
19. MOHORIC Matej (SLO)
20. NOVAK Domen (SLO)
21. PER David (SLO)
22. POGACAR Tadej (SLO)
23. POLANC Jan (SLO)
24. ROGLIC Primoz (SLO)
25. TRATNIK Jan SLO

26. BAGIOLI Andrea (ITA)
27. BALLERINI Davide (ITA)
28. COLBRELLI Sonny (ITA)
29. DE MARCHI Alessandro (ITA)
30. MOSCON Gianni (ITA)
31. NIZZOLO Giacomo (ITA)
32. TRENTIN Matteo (ITA)
33. ULISSI Diego (ITA)

34. CAVENDISH Mark (GBR)
35. HAYTER Ethan (GBR)
36. PIDCOCK Thomas (GBR)
37. ROWE Luke (GBR)
38. STEWART Jake (GBR)
39. SWIFT Ben (GBR)
40. SWIFT Connor (GBR)
41. WRIGHT Fred (GBR)

42. EENKHOORN Pascal (NED)
43. LANGEVELD Sebastian (NED)
44. MOLLEMA Bauke (NED)
45. RIESEBEEK Oscar (NED)
46. TEUNISSEN Mike (NED)
47. VAN BAARLE Dylan (NED)
48. VAN DER POEL Mathieu (NED)
49. VAN POPPEL Danny (NED)

50. ASGREEN Kasper (DEN)
51. BJERG Mikkel (DEN)
52. HONORE Mikkel (DEN)
53. HUNDAHL Michael Valgren (DEN)
54. KRON Andreas (DEN)
55. NIELSEN Magnus Cort (DEN)
56. PEDERSEN Mads (DEN)
57. SCHMIDT Mads Wuertz (DEN)

58. ADRIA OLIVERAS Roger (ESP)
59. ARANBURU DEBA Alex (ESP)
60. ERVITI Imanol (ESP)
61. GARCIA CORTINA Ivan (ESP)
62. IZAGIRRE INSAUSTI (ESP)
63. RODRIGUEZ CANO Carlos (ESP)
64. SERRANO RODRIGUEZ (ESP)
65. MAS BONET Luis Guillermo (ESP)

66. DURBRIDGE Luke (AUS)
67. EWAN Caleb (AUS)
68. HAAS Nathan (AUS)
69. MATTHEWS Michael (AUS)
70. SCHULTZ Nicholas (AUS)
71. SCOTSON Miles (AUS)
72. STANNARD Robert (AUS)
73. SWEENY Harrison (AUS)

74. CHAVES RUBIO Jhoan (COL)
75. GAVIRIA RENDON (COL)
76. HERNANDEZ JARAMILLO (COL)
77. HIGUITA GARCIA Sergio (COL)
78. HODEG CHAGUI Alvaro (COL)
79. MOLANO BENAVIDES (COL)
80. SOTO MARTINEZ Nelson (COL)
81. URAN Rigoberto (COL)

82. ACKERMANN Pascal (GER)
83. ARNDT Nikias (GER)
84. DEGENKOLB John (GER)
85. POLITT Nils (GER)
86. SCHACHMANN Maximilian (GER)
87. ZIMMERMANN Georg (GER)

88. BISSEGGER Stefan (SUI)
89. DILLIER Silvan (SUI)
90. HIRSCHI Marc (SUI)
91. KUENG Stefan (SUI)
92. LIENHARD Fabian (SUI)
93. SCHAER Michael (SUI)

94. ALMEIDA Joao (POR)
95. OLIVEIRA Nelson (POR)
96. OLIVEIRA Rui (POR)
97. REIS Rafael (POR)
98. RODRIGUES DE CARVALHO Andre (POR)

99. BYSTROEM Sven Erik (NOR)
100. EIKING Odd Christian (NOR)
101. HOELGAARD Markus (NOR)
102. KRISTOFF Alexander (NOR)
103. LAENGEN Vegard Stake (NOR)
104. TILLER Rasmus (NOR)

105. BURBANO CORAL Joel (ECU)
106. GUAMA Bayron (ECU)
107. HARO Wilson (ECU)
108. NOVOA Sebastian (ECU)
109. PITA Cristian (ECU)
110. QUINTEROS Alexis (ECU)

111. BOEV Igor (RCF)
112. CHERNETSKII Sergei (RCF)
113. KOCHETKOV Pavel (RCF)
114. NYCH Artem (RCF)
115. RIKUNOV Petr (RCF)
116. STRAKHOV Dmitrii (RCF)
(*RCF=ロシア自転車競技連盟)

117. ANIOLKOWSKI Stanislaw (POL)
118. BENEDETTI Cesare (POL)
119. BODNAR Maciej (POL)
120. GOLAS Michal (POL)
121. KWIATKOWSKI Michal (POL)
122. OWSIAN Lukasz (POL)

123. CARPENTER Robin (USA)
124. CRADDOCK Lawson (USA)
125. JORGENSON Matteo (USA)
126. MCNULTY Brandon (USA)
127. POWLESS Neilson (USA)
128. SIMMONS Quinn (USA)

129. BOIVIN Guillaume (CAN)
130. COTE Pier Andre (CAN)
131. DUCHESNE Antoine (CAN)
132. HOULE Hugo (CAN)
133. PERRY Benjamin (CAN)
134. ZUKOWSKY Nickolas (CAN)

135. GAMPER Patrick (AUT)
136. GOGL Michael (AUT)
137. HALLER Marco (AUT)
138. SCHOENBERGER Sebastian (AUT)

139. ARCHBOLD Shane (NZL)
140. BAUER Jack (NZL)
141. BROWN Connor (NZL)
142. SCULLY Tom (NZL)

144. DUNBAR Edward (IRL)
145. MULLEN Ryan (IRL)
146. TOWNSEND Rory (IRL)

147. BASSON Gustav (RSA)
148. GIBBONS Ryan (RSA)
149. JANSE VAN RENSBURG Reinardt (RSA)
150. JULIUS Jayde (RSA)

151. LAAS Martin (EST)
152. LAUK Karl Patrick (EST)
153. NISU Oskar (EST)
154. VAHTRA Norman (EST)

155. FOMINYKH Daniil (KAZ)
156. GIDICH Yevgeniy (KAZ)
157. GRUZDEV Dmitriy (KAZ)
158. NATAROV Yuriy (KAZ)

159. BASKA Erik (SVK)
160. SAGAN Juraj (SVK)
161. SAGAN Peter (SVK)
162. TYBOR Patrik (SVK)

163. BERHANE Natnael (ERI)
164. EYOB Metkel (ERI)
165. KUDUS Merhawi (ERI)
166. YEMANE Dawit (ERI)

167. CERNY Josef (CZE)
168. KUKRLE Michael (CZE)
169. STYBAR Zdenek (CZE)
170. VAKOC Petr (CZE)

171. BUDIAK Anatolii (UKR)
172. KONONENKO Mykhaylo (UKR)
173. KULYK Andrii (UKR)
174. PREVAR Oleksandr (UKR)

175. LIEPINS Emils (LAT)
176. NEILANDS Krists (LAT)
177. PLUTO Martin (LAT)
178. SKUJINS Toms (LAT)

179. ERIKSSON Lucas (SWE)
180. MAGNUSSON Kim (SWE)

181. ARCHIBOLD CASTILLO (PAN)

182. GENIETS Kevin (LUX)
183. KIRSCH Alex (LUX)

184. PEAK Barnabas (HUN)

185. RIABUSHENKO Aleksandr (BLR)

186. GROSU Eduard-Michael (ROU)

187. SISKEVICIUS Evaldas (LTU)

188. TZORTZAKIS Polychronis (GRE)

189. FRAYRE MOCTEZUMA Eder (MEX)

190. SIRIRONNACHAI Sarawut (THA)

191. SAINBAYAR Jambaljamts (MGL)

192. FAGUNDEZ LIMA Antonio (URU)

193. AULAR SANABRIA Orluis (VEN)

194. SEFA Ylber (ALB)

195. ARASHIRO Yukiya (JPN)

フランダース世界選 公式サイト

UCI公式サイト

 

[フランダース世界選 日程]
9月19日(日) 個人タイムトライアル・男子エリート(クノック・ヘイスト~ブルージュ/43.3km)
9月20日(月) 個人タイムトライアル・男子アンダー23(クノック・ヘイスト~ブルージュ/30.3km)
9月20日(月) 個人タイムトライアル・女子エリート(クノック・ヘイスト~ブルージュ/30.3km)
9月21日(火) 個人タイムトライアル・女子ジュニア(クノック・ヘイスト~ブルージュ/19.3km)
9月21日(火) 個人タイムトライアル・男子ジュニア(クノック・ヘイスト~ブルージュ/22.3km)
9月22日(水) チームタイムトライアル・混合リレー(クノック・ヘイスト~ブルージュ~ブルージュ/44.5km)

9月24日(金) ロードレース・男子ジュニア(ルーヴァン・サーキット/121.8km)
9月24日(金) ロードレース・男子アンダー23(アントワープ~ルーヴァン/160.9km)
9月25日(土) ロードレース・女子ジュニア(ルーヴァン・サーキット/75km)
9月25日(土) ロードレース・女子エリート(アントワープ~ルーヴァン/157.7km)
9月26日(日) ロードレース・男子エリート(アントワープ~ルーヴァン/268.3km)