カテゴリー超級頂上ゴールのツール・ド・フランス2020 第15ステージはポガチャルが区間2勝目

第107回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、9月13日にリヨンからカテゴリー超級のグラン・コロンビエール頂上までの174.5kmで、ジュラ山脈山岳区間の第15ステージを競い、マイヨ・ブランを着たスロベニアのタデイ・ポガチャル(UAEチーム・エミレーツ)が、マイヨ・ジョーヌのプリモシュ・ログリッチ(チームユンボ・ビスマ)をゴール勝負で下し、第9ステージに続いて2度目の区間優勝を上げた。

ツール・ド・フランス2020

マイヨ・ブランを着たポガチャルがグラン・コロンビエールを制した(©Bettiniphoto)

ポガチャルは区間1位で10秒のボーナスタイムを獲得。ログリッチも区間2位で6秒稼いだため、総合でポガチャルとのタイム差は40秒になった。

ディフェンディングチャンピオンのエガン・ベルナル(イネオス・グレナディアズ)は、17.4km続いたグラン・コロンビエールの登坂が始まってたった4kmで、チームユンボ・ビスマが引くマイヨ・ジョーヌ集団に付いて行けなくなり、7分以上遅れてゴール。総合3位から13位にまで転落し、マイヨ・ジョーヌ争いから姿を消した。

ツール・ド・フランス2020

ログリッチはマイヨ・ジョーヌを守って2週目を終えた

ツールは第2週目が終わり、9月14日はイゼールで2度目の休養日を過ごす。休養日には新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のPCR検査が実施され、結果は15日に行われる第15ステージのスタート前に発表される。


イギタが落車でリタイア

ツール・ド・フランス2020

●第15ステージのコースプロフィール(MAP : ©A.S.O.)

第15ステージは157選手が出走。ツールは新型コロナウイルスの再流行で強い警戒が必要とされるレッドゾーンの地域を走っているため、この日も観戦の規制が続いていた。ジュラ山脈のグラン・コロンビエールは、ツールが通過したことは3回あったが、ゴールになったのは今回が初めてだった。

スタートからアタックと吸収が続く高速ステージとなり、13km地点ではボブ・ユンゲルス(ドゥクーニンク・クイックステップ)が不注意な走りでコロンビアチャンピオンのセルヒオ・イギタ(EFプロサイクリング)を落車させてしまう事故があった。イギタはレースを続けたが、2度目の落車に見舞われた後、レースを棄権した。

集団からは30km地点でやっと逃げが決まり、8人が先行した。最初の1時間の平均時速は53.5km/hにもなった。58km地点の中間スプリントはマッテーオ・トレンティン(CCCチーム)が先頭で通過。集団は3分後にマイヨ・ベールのサム・ベネット(ドゥクーニンク・クイックステップ)が先頭で通過して7ポイントを獲得した。

ツール・ド・フランス2020

第15ステージは8人が逃げた

ゴールまで残り76kmで、この日最初のカテゴリー1のラ・セル・ド・フロマンタル山の登坂がスタートした時、逃げる8人と集団のタイム差は4分になっていた。頂上まで残り4kmで、逃げからシモン・ゲシュケ(CCCチーム)がアタックし、ピエール・ロラン(B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)とヘスス・エラダ(コフィディス)が付いて行った。

ラ・セル・ド・フロマンタル山頂はエラダが先頭で通過。メイン集団はスロベニアのヤン・ポランツェ(UAEチーム・エミレーツ)が引き、ベルナルは集団の後方ですでに苦しんでいた。逃げは下り坂で先行していた3人を追い越したミヒャエル・ゴークル(NTTプロサイクリング)が独走を開始し、県令で観戦のための入山が規制された2つ目のビシュ峠(カテゴリー1)を先頭で上り始めた。

ゴークルはビシュ峠の山頂まで残り2kmでロランに捕まり、山頂はロランがゴークルに5秒差を付けて通過した。ゴールまで残り43.5kmで、先頭はロラン、ゴークル、エラダの3人になっていた。ゴークルはダウンヒルで再び先行したが、残り28kmでロランが追いついた。

最後のグラン・コロンビエールの登坂がスタートした時、先頭の2人はまだ集団に2分近いタイム差を付けていた。グラン・コロンビエールも県令で観戦の入山が規制されていたため、数日前から山に入っていた熱心な観客しか居なかった。ゴークルはすぐに遅れ始め、先頭はロラン1人になったが、チームユンボ・ビスマが引くマイヨ・ジョーヌ集団は1分後方に迫っていた。


チームユンボ・ビスマが完全にコントロール

ツール・ド・フランス2020

マイヨ・ジョーヌのログリッチを引くデュムラン(©Bettiniphoto)

マイヨ・ジョーヌ集団では、グラン・コロンビエールのふもとで地元フランスのギヨーム・マルタン(コフィディス)が機材故障に見舞われ、自転車を交換しなければならなかった。ゴールまで残り14kmでナイロ・キンタナ(チームアルケア・サムシック)が遅れ始め、その1km先ではベルナルも遅れてしまった。

キンタナはワレン・バルギル(チームアルケア・サムシック)に引かれてゴールを目指し、遅れを最小限に留めた。しかし、ベルナルは2人のアシストに守られても遅れる一方で、結局7分20秒を失ってしまった。

25人ほどに減ったマイヨ・ジョーヌ集団はゴールまで残り13kmで最後まで逃げていたロランを捕まえた。残り11kmでその数は20人ほどになったが、チームユンボ・ビスマはまだ5人残って先頭を引き続けていた。

ゴールまで残り7kmの難所で、アダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)がアタックしたが、チームユンボ・ビスマは反応せず、同じペースを守って集団を引き続けた。イェーツは6秒差を付けて先行したが、トム・デュムラン(チームユンボ・ビスマ)が先頭を引き続けたマイヨ・ジョーヌ集団に2km先で吸収された。

デュムランはその後も先頭を引き続け、マイヨ・ジョーヌ集団は12人に減っていた。アタックを予告していたポガチャルもこの日は動かず、全員揃って残り1kmのフラム・ルージュを通過した。残り600mで最初にアタックしたのはマイヨ・ジョーヌのログリッチだったが、すぐにポガチャルが反応した。最後は残り100mでスパートしたポガチャルがフィニッシュラインを先頭で通過した。

ツール・ド・フランス2020

グラン・コロンビエールで苦しい走りを強いられたベルナルは、総合争いから消えた(©Bettiniphoto)

■マイヨ・ブランを着て区間2勝目を上げたポガチャルのコメント
「最初に我々は、戦略的な動きでマルカートを逃げに入れた。でも、チームユンボ・ビスマが終日ペースをコントロールしてしまった。それで本当に難しいステージになった。最後の数kmで、ボクはスプリントの準備をしていた。また勝ててとても嬉しい。

チームユンボ・ビスマは今日、全てをぶち壊す準備ができていた。自分の立場では、アタックする事は意味がなかった。ベルナルはもはやライバルではないと思う。さっき言ったように、チームユンボ・ビスマは今日本当にキツいペースを作って、何人かの選手はそのツケを払った。今の時点では、ログリッチは止められないように見える。でも、今日ベルナルがダメになったように、おそらくいつかボク自身かログリッチもダメになるだろう。これからもまだチャンスはたくさんあるよ」

■マイヨ・ジョーヌを死守して第2週目を終えたログリッチのコメント
「逃げを許す計画だった。レースは我々次第で行われはしないが、コントロールできるのは分かっていた。チームメートたちは本当にうまくやってくれた。残念ながら、最後ボクはちょっと足りなかった。ポガチャルにプレゼントはしないよ。ボクたちは良き友人だけど、2人とも勝ちたいと望んでいる。彼はただボクより強かっただけで、ボクは区間を失ってちょっとガッカリした。彼には脱帽だ。総合争いのサスペンスが終わったとは思わない。良かったよ。我々は本当に良い立場だが、まだ終わってはいない」

ツール・ド・フランス2020

最後まで逃げたロランが敢闘賞を獲得した


■第15ステージ結果[9月13日/リヨン~グラン・コロンビエール / 174.5km]

1. TADEJ POGACAR (UAE TEAM EMIRATES / SLO) 04h 34′ 13”
2. PRIMOŽ ROGLIC (TEAM JUMBO – VISMA / SLO)
3. RICHIE PORTE (TREK – SEGAFREDO / AUS) + 05”
4. MIGUEL ANGEL LOPEZ (ASTANA PRO TEAM / COL) + 08’’
5. ENRIC MAS (MOVISTAR TEAM / ESP) + 15”
6. SEPP KUSS (TEAM JUMBO – VISMA / USA) + 15”
7. MIKEL LANDA (BAHRAIN – MCLAREN / ESP) + 15”
8. ADAM YATES (MITCHELTON – SCOTT / GBR) + 15”
9. RIGOBERTO URAN (EF PRO CYCLING / COL) + 18’’
10. ALEJANDRO VALVERDE (MOVISTAR TEAM / ESP) + 24’’
18. NAIRO QUINTANA (TEAM ARKEA – SAMSIC / COL) +03′ 50”
25. EGAN BERNAL (INEOS GRENADIERS / COL) + 07′ 20”

■第15ステージまでの総合成績(マイヨ・ジョーヌ)
1. PRIMOŽ ROGLIC (TEAM JUMBO – VISMA / SLO) 65h 37’ 07’’
2. TADEJ POGACAR (UAE TEAM EMIRATES / SLO) + 40’’
3. RIGOBERTO URAN (EF PRO CYCLING / COL) + 01′ 34’’
4. MIGUEL ANGEL LOPEZ (ASTANA PRO TEAM / COL) + 01′ 45’’
5. ADAM YATES (MITCHELTON – SCOTT / GBR) + 02’ 03’’
6. RICHIE PORTE (TREK – SEGAFREDO / AUS) + 02′ 13’’
7. MIKEL LANDA (BAHRAIN – MCLAREN / ESP) + 02’ 16’’
8. ENRIC MAS (MOVISTAR TEAM / ESP) + 03’ 15’’
9. NAIRO QUINTANA (TEAM ARKEA – SAMSIC / COL) + 05’ 08’’
10. TOM DUMOULIN (TEAM JUMBO – VISMA / NED) + 05’ 12”
13. EGAN BERNAL (INEOS GRENADIERS / COL) + 08’ 25’’

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):SAM BENNETT (DECEUNINCK – QUICK – STEP / IRL)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):BENOIT COSNEFROY (AG2R LA MONDIALE / FRA)
■新人賞(マイヨ・ブラン):TADEJ POGACAR (UAE TEAM EMIRATES / SLO)
■チーム成績:MOVISTAR TEAM (ESP)
■敢闘賞:PIERRE ROLLAND (B&B HOTELS – VITAL CONCEPT P / B KTM / FRA)

ツール・ド・フランス2020

 

 

J SPORTSでツール・ド・フランス全21ステージ独占生中継! 

ツール・ド・フランス公式サイト