メリダが2部門でデザイン&イノベーションアワード2020受賞

Design&Innovation Award 2020(デザイン&イノベーションアワード2020)において、メリダバイクがeMTB部門とロードバイク部門の2つのカテゴリーで受賞した。

eMTB部門:MERIDA e.ONE SIXTY 10K

ロードバイク部門:MERIDA SILEX +6000

デザイン&イノベーションアワードは自転車業界で最高のパフォーマンスを発揮する製品の認証であり、ベンチマークの証となる。実際に製品を徹底的にテストし、それらの全体を評価、検討して決定に到達する賞。今年も、厳選された国際的なジャーナリスト、プロのテストライダー、および業界の専門家が6000時間以上の時間を費やして選考を行なった。

 

メリダ

※日本で展開しているe .ONE SIXTY9000 とはフレームが同じですが、スペック等一部仕様が異なります

MERIDA eONE SIXTY 10Kは人気のeMTBの最新版。すでにライディングパフォーマンスのベンチマークとして、様々なメディアで多数のグループテストが行われている。

今回、メリダは全面的なリニューアルでルックスとライディングパフォーマンスの両方の水準を引き上げ、フロントホイールに29インチを採用した。

MERIDA e ONE SIXTY10Kは信じられないほどバランスが取れており、流れるようなトレイルと厳しいアルプスの地形でも非常に安定したハンドリングを実現する。

ヘッドチューブ上に備えてあるメリダオリジナル「Thermo Gate」は、整然としたケーブルルーティーン を可能にし、カーボンフレームの魅力的なデザインに。MERIDA eONE SIXTY 10Kは巧みに装備されたディテールと同様、抜群のライディング性能とルックスを兼ね備えている。そして、ライドパフォーマンスは多用途なキャラクターでライバルよりも抜きんでている。

 

 

メリダ

MERIDA SILEX +6000

MERIDA SILEX +6000は、グラベルバイクとマウンテンバイクの境界を曖昧にする非常に構成されたグラ ベルバイク。ラフなグラベルコースと適度なトレイルにてその真の能力を発揮する。

フレームのダンピング特性、アルミニウムコックピット、27.5 × 2.0インチタイヤの調和した相互作用が、バイクのスムーズな特性を強調。さらにマウンテンバイクにインスパイアされたジオメトリーは、高いスタック、長いリーチ、短いステムを特長としており、快適なライディングポジションとスムーズなハンドリングを提供する。これは、サドルに長時間座っているのに理想的な組み合わせ。

フレームデザインは独創的で型にはまらないものだが、視覚的にも調和が取れており、多くの取り付けダボがありバイクパッキングの適合性を強調している。