行政とeバイクブランドが手を組んだ!「E-BIKEアクションしまなみ」プロジェクトが始動【eバイクジャパン】

愛媛県は、サイクリストの聖地「しまなみ海道」にて、eバイクブランドや広島県、地元自治体、レンタサイクル事業者と連携し、eバイクの魅力を発信し、eバイクを使った新しいサイクリングライフを提案するプロジェクト「E-BIKEアクションしまなみ」を始動する。

E-BIKEアクションしまなみ

当プロジェクトのテーマは「新しいサイクリングライフを楽しもう!」。今までサイクリングには無縁であった女性や、シニア世代、また運動習慣がないひとに向け、サイクリストの聖地である「しまなみ海道」を走って、サイクリングの楽しさを体感してもらおうというプロジェクトである。
参画した自治体と企業は、以下のとおり。

<自治体>愛媛県、広島県、今治市、尾道市
<eバイクブランドを扱う企業>グローブライド、ジャイアント、パナソニックサイクルテック、プロト、BESV JAPAN、ボッシュ、ミヤタサイクル、ヤマハ発動機
<レンタサイクル事業者>今治市サイクリングターミナル サンライズ糸山、しまなみジャパン

具体的な取組みとしては、参画企業の協力によるレンタサイクル(38台)と充電スポット(2カ所)の設置を社会実験として行う。また、試乗体験会やeバイクだからこそ行ける展望スポット(亀老山、鷲ヶ頭山他)を紹介したガイドブックの配布等、eバイクの普及促進に向けた施策を実施する。

E-BIKEアクションしまなみ

E-BIKEアクションしまなみ

来島海峡大橋展望台

E-BIKEアクションしまなみ

亀老山