ジャイアントのエンデューロMTB「REIGN」がフルモデルチェンジ

目次

世界最大の自転車ブランド GIANT(ジャイアント)は2023モデルとして、エンデューロマウンテンバイク「REIGN(レイン)」シリーズをフルモデルチェンジした。

日本国内では、フルカーボンフレームの「REIGN ADVANCED PRO 1」とALUXX SLアルミフレームの「REIGN 1」の2モデルを発売する。

ジャイアント・レイン

REIGN ADVANCED PRO 1

 

新しいフレームは、リヤサスペンションシステムを再設計し、「FLIP CHIP MAESTRO 3」の採用によりジオメトリが3段階で調整可能で、29インチまたは 27.5インチのリヤホイールを装着するマレット仕様にも対応する。

新型REIGNシリーズは、GIANTファクトリーオフロードチームのプロのエンデューロレーサーと技術者によって設計・開発された、これまでで最も汎用性の高いREIGNとなる。

 

新型REIGNについて

ジャイアント・レイン

GIANTファクトリーオフロードチームのユン・デニアー選手

 

マエストロ・サスペンションを搭載した最初のGIANT MTBのひとつとして2005年に登場した「REIGN」は、現代のエンデューロレースが存在する前からアグレッシブなトレイルライディングの限界を押し広げてきた。そのDNAの中心にはレースがあるが、バイクパークやシングルトラックでのライドにも適している。

今回第8世代となる「REIGN」は、さらに汎用性を広げる。先進的なエンデューロジオメトリとさまざまなタイプの地形への適応性により、ライディングスタイルや地形に応じて、ライダーにより多くの選択肢を提供するように設計されている。

今シリーズの開発で重要な役割を果たしたGIANTファクトリーオフロードチームのライダー、ユン・デニアーとマッケイ・ヴェジーナのようなプロのエンデューロレーサーにとって、新型REIGNは1秒を争う場面で妥協のないスピードとコントロールを提供する。

フランスのルダンヴィエルで開催された2022エンデューロワールドシリーズの最終ラウンドで、プロトタイプを駆りステージ優勝と総合トップ5でフィニッシュしたデニアーは、「新型REIGNの開発では、1年以上かけてすべてを完璧にしたよ。シーズン中、乗り心地がどんどん良くなって、後半にはベストリザルトを出すことができた。このバイクは新たな限界に挑戦させてくれるんだ」とコメントしている。

デニアーは、フルカーボンフレームのフラッグシップモデルである新型REIGN ADVANCED PROのプロトタイプでレースをしていた。新型REIGNのラインナップには、ALUXX SLアルミフレーム採用モデルもある。

新型REIGNシリーズは29インチホイールをフロントとリヤにスペックしているが、リヤを27.5インチホイールに交換することもできる。前世代に比べて優れた調整機能を備えており、フリップチップの3通りのセッティングにより、ライダーはフレームジオメトリをすばやく簡単に変更できる。

 

新型REIGNシリーズの特徴

1. レースで育まれたサスペンション

ジャイアント・レイン
エンデューロレーサーやトレイルライダーがアグレッシブな地形で限界に挑み続けるなか、バイクやギアに対する要求は年々高まっているが、フロントとリヤのサスペンション性能が向上した新型REIGNは、ライダーに優位性をもたらす。

新しいマエストロ・リヤサスペンションシステムでは、前世代よりも14mm長い、160mmのトラベルを備えている。トラニオンマウントを採用したリヤショックは、ストロークが長く(前世代の60mmに対して62.5mm)、さまざまな地形において滑らかでアクティブな感触を実現。アドバンスド・フォージド・コンポジット製のアッパーロッカーアームがシステムの剛性を高め、コーナーリング、加速、高速の下りでのハンドリングを向上させる。

フロントには170mmトラベルのサスペンションフォークを採用し、トレイルの衝撃を吸収してコントロールを向上させる。

 

2. 調整可能なエンデューロジオメトリ

ジャイアント・レイン

新型REIGNのフレームジオメトリは、デニアーのようなプロライダーがタイムを秒単位で短縮するために必要な素早さとコントロールを提供するように設計されている。同時に、一般のライダーにとっても安定性と自信を提供し、よりチャレンジングな地形でスキルを向上させる。

新しいフレームは、スタンドオーバーハイトが低く設計されており、より長いリーチとの組み合わせで、バイクの操作が容易になる。タイトでテクニカルなトレイルでの低速のコーナーリングからバイクパークでの高く跳ぶようなジャンプまで、新しいジオメトリによってより簡単に、走行ラインの変更や、障害物の飛び越え、最もチャレンジングな地形の走破が可能となった。

さらに、3つのポジションに設定可能なフリップチップにより、ライダーはライディングスタイルやトレイルの状態に合わせ、ジオメトリを調整することができる。5mm刻み(35、30、25mm)でボトムブラケットのドロップを調整でき、ヘッドチューブの角度(63.5、63.9、64.2 度)とシートチューブの角度(78.3、78.7、79.0度)が変更される。

フリップチップの設定を“ハイポジション”にすると、地面とのクリアランスが大きくなり、タイトでテクニカルな地形に適している。このポジションでは、シートチューブの角度が急になるため、上り坂でのパワーアップに役立つ。

“ローポジション”に設定すると、ヘッドチューブ角が緩くなり、ボトムブラケットが下がる。これによって、高速域でより自信を持ったハンドリングをすることができる。

よりニュートラルなセットアップが必要な場合は、“ミドルポジション”が汎用性の高い設定になる。

調整可能なジオメトリに加え、新しいフレームには、ダウンチューブの下部にフレームプロテクターが備えられている。これにより、フレームが岩やその他の破片から保護され、静かなライディングも実現。また、ダウンチューブには新たにストレージが設けられている。

さらに、すべてのフレームサイズでウォーターボトルを取り付け可能で、ケーブルポートも刷新され、クリーンな外観とパフォーマンスを実現している。

ジャイアント・レイン

ダウンチューブ・プロテクション

ジャイアント・レイン

フレーム・ストレージ

 

3. リヤホイールオプション
新しいフリップチップのセットアップでは、29インチだけでなく27.5インチのリヤホイールも装着できる(29インチフロントホイールとのペア)。これにより、バイクの後部のサドルとタイヤのクリアランスを広くすることが可能。一部のライダーは、急でテクニカルな地形においてこの「マレット」仕様(前後異径ホイール)を好む。

外径の大きい29インチホイールは安定性と走破性を向上させ、27.5ホイールはより高い反応性を提供するので、リヤホイール交換するだけでバイクのハンドリングとフィーリングを素早く簡単に調整可能。

※完成車のスペックは前後29インチになります。

ジャイアント・レイン

フランスで開催された2022エンデューロワールドシリーズの最終ラウンドで、新型REIGN ADVANCED PROのプロトタイプを使用しステージ優勝したデニアー選手

 

新型REIGNシリーズ・ラインナップ

エンデューロやトレイルでのライドに最適な「レイン」が、レースシーンからのフィードバックに基づき大きく進化。激しいライドでも余裕のある前170mm/後160mmのトラベル量を確保し、ヘッド角、シート角、BB高を3段階に調整できる最新リンクシステム「FLIP CHIP MAESTRO 3」を採用。後輪を27.5インチに換装する「マレット」にも対応可能で、高速コースからテクニカルコースまでセッティングの幅を拡げ、さらにアグレッシブなライドへの挑戦が可能になった。

※完成車スペックは前後29インチホイールです。

 

REIGN ADVANCED PRO 1

ジャイアント・レイン

REIGN ADVANCED PRO 1
標準価格:99万円
サイズ:400 (S)、425 (M) mm
重量: −
カラー:ブラックダイヤモンド
フレーム:Advanced-Grade Composite, Advanced-Grade Rear Swingarm, 160mm Maestro Suspension OLD148mm, Integrated storage, 27.5″ rear wheel compatible
F.フォーク : FOX 38 PERFORMANCE ELITE 29 OverDrive Column 170mm Travel 15mm Axle
R.ショック : FOX FLOAT X2 PERFORMANCE ELITE, TRUNNION MOUNT L:205 T:62.5
ギヤクランク&変速パーツ : SRAM GX EAGLE
ブレーキセット : SHIMANO SLX F:220mm R:203mm Rotors
ホイールシステム : GIANT TRX 2 29 Boost Hookless Carbon
タイヤ : F: MAXXIS ASSEGAI 29×2.5 Tubeless Ready, R: MAXXIS MINION DHRⅡ 29×2.4 Tubeless Ready
シフト段数 : 12 Speed

ジャイアント・レイン

ADVANCED PRO MAESTRO 29:寝たヘッド角と立ち気味のシート角でアグレッシブなライドに対応する160mmストロークの軽量29erフレーム。リヤフレームとロッカーリンクもフルカーボン。

ジャイアント・レイン

FLIP-CHIP MAESTRO 3 ROCKER ARM:ライディングスタイルや走る路面によってジオメトリを3段階に調整可能な「フリップチップ マエストロ 3」システム。

ジャイアント・レイン

TRX 2 29 HOOKLESS WHEEL:剛性と軽量性を両立するフックレスリムを採用したチューブレスレディ対応カーボンホイールを標準装備。

 

 

 

REIGN 1

 

ジャイアント・レイン

REIGN 1
標準価格 : 60万5000円
サイズ : 400 (S)、425 (M) mm
重量 : 16.5kg(M)
カラー : エアグロウ
フレーム : ALUXX SL-Grade Aluminum,160mm Maestro Suspension OLD148mm,Integrated storage,27.5″ rear wheel compatible
F.フォーク : FOX 38 PERFORMANCE ELITE 29 OverDrive Column 170mm Travel 15mm Axle
R.ショック : FOX FLOAT X PERFORMANCE ELITE, TRUNNION MOUNT L:205 T:62.5
ギヤクランク&変速パーツ : SHIMANO MT512 / SLX
ブレーキセット : SHIMANO DEORE F:220mm R:203mm Rotors
ホイールセット : GIANT AM 29
タイヤ : F: MAXXIS ASSEGAI 29×2.5 Tubeless Ready, R: MAXXIS MINION DHRⅡ 29×2.4 Tubeless Ready
シフト段数 : 12 Speed

ジャイアント・レイン

ALUXX SL MAESTRO 29:寝たヘッド角と立ち気味のシート角でアグレッシブなライドに対応する160mmストロークの軽量アルミ29erフレーム。

ジャイアント・レイン

FRAME STORAGE:ダウンチューブにはインテグレートされたストレージスペースを確保し、ライドに欠かせないツールやスペアパーツを携行可能。

ジャイアント・レイン

GIANT CONTACT TR 35 HANDLE & SL 35 STEMP:ハンドルクランプ径35mm規格を採用し、エンデューロレースや激しいトレイルライドに最適な剛性を獲得。

 

 

● GIANT エンデューロMTB「REIGN」がフルモデルチェンジ
https://www.giant.co.jp/news/bike/8093

● 問い合わせ先:ジャイアント
044-738-2200