グラベルコンポーネント「GRX」シリーズからeバイクまで、シマノ2020モデル展示会コンポ編

目次

シマノの2020年向け展示会にて、同社のコンポーネントがそれぞれ発表された。目玉となるのはグラベル向けコンポーネントの「GRX」シリーズと、eバイク向けの「ステップス」シリーズだ。

 

「ステップス」搭載モデルは25車種に!ますます拡大するeバイク

シマノ2020

 

電動アシストによって、これまで以上に多くの人にスポーツライドの楽しさを味わってもらうためのeバイク。そこにおいてシマノが送り出すドライブユニットからバッテリーに至るコンポーネントが「ステップス」シリーズだ。国内初のコンポーネントとしてこれまでさまざまな車種に搭載されていた「E8080」シリーズに加えて、新たに「E6180」と「E5080」が本格導入されることとなった。

 

シマノ2020

E6180

シマノ2020

E5080


新たな2タイプはシマノのデュラエースから105などにイメージされるようなグレード分けとして位置することとなる。E8080に比べてより最大トルク数を60Nmと抑えることで小型化し、オンロード走行にも適するのが「E6180」で、オンロードツーリングモデルなどに搭載される。また、「E5080」ではドライブシャフトに四角形シャフトを採用し、コストパフォーマンスに優れる。こちらはより価格を抑えたeバイクに搭載され、eバイクにおける価格帯の幅がより広がることとなる。
また、フレームに完全内蔵可能なバッテリーも合わせて発表され、デザイン面においても海外で発表されているeバイクに引けをとることがなくなった。

 

シマノ2020

これによって現在発売されるeバイクにおいてシマノ・ステップス搭載モデルは9ブランドより、合わせて25車種となった。本格的なオフロード走行に向けたMTBから、通勤通学などシティライドに向けたクロスバイクタイプまで、サイクルスポーツを楽しむ上で多様なラインナップからユーザーが選ぶことができるようになったのだ。

シマノ2020
シマノ2020

シマノ2020
シマノ2020

オンオフ問わずパフォーマンスを追求。「GRX」シリーズ

ロードバイクで走るオンロード、MTBで走るダート道。どちらにもそれぞれの楽しさがあるが、もしも一台のバイクでその道がどちらもスムーズに走ることができれば、より自転車アソビの楽しさが広がって行く。そういった点から現在ますます拡大しているカテゴリーである「グラベルロードバイク」において、シマノが専用のコンポーネント「GRX」シリーズを発表している。
 
シマノ2020
 
あらゆる路面においてもライダーの安定したパフォーマンスやライドフィールを引き出すための設計が随所に盛られているこのGRX。
STIレバーにおいては、高めのブラケットヘッドやフラットとカーブを組み合わせたレバー形状によって、手のグリップ&ホールドがより向上。また、ハンドルのフラット部にサブブレーキレバーを追加することも可能だ。 

シマノ2020
シマノ2020

シマノ2020 シマノ2020

ドライブトレイインにおいては、フロントディレイラーを取り付けた場合、700×40Cなどの太いタイヤと干渉を避けるために、従来のロードコンポーネントと比較して2.5mm拡大したチェーンライン。そしてチェーンスタビライザー機能を備えたリアディレイラーと、バイク面からも路面側からもグラベルロードに最適化されている。

​ラインナップとしては、変速方式が電動Di2・機械式の2種類。
変速段数がフロントはシングル・ダブル、リア側が11速・10速。
そしてホイールにおいては700C・650Bが揃う。
ブレーキはディスクブレーキのみ。フロントシングルを採用する場合は、左STIレバーがドロッパーシートポストを操作できるタイプもあり。
ライダーの目的や走り方によって組み合わせることで、あらゆるグラベルの楽しみ方をワンランク上げてくれるコンポーネントに仕上がった。

シマノ2020
シマノ2020

 
シマノ2020
ロードコンポーネントのティアグラおよびアルテグラにおいては、女性や小柄な人でも扱いやすいショートレバーが追加された。