トレックが本格eMTB 2モデルを発表!ボッシュの新型ユニット搭載

目次

トレック・ジャパンは同社として国内初となる電動アシストマウンテンバイク2モデル「Rail 9.7」「Powerfly 5」を発表した。

どちらのモデルも、全く新しい新開発のフレームと、ボッシュの新型eMTB用のユニットであるPerformance Line CXを組み合わせた最先端のeMTB。またトレック独自の着脱式一体型バッテリーシステムを備えることで、eバイクとは思えないようなルックスを実現した。

Rail 9.7

トレックが本格eMTB 2モデルを発表!ボッシュの新型ユニット搭載

トレックが本格eMTB 2モデルを発表!ボッシュの新型ユニット搭載

「Rail 9.7」は、トレイルでの攻めた走りを楽しみたい人に適したロングトラベルのフルサスペンションeMTB。OCLV MTBカーボンフレームを採用することで、わずか22kgの本体重量を実現。ジオメトリーはエンデューロバイクのSlashに近く、攻めた走りが可能。160mmフォークと150mmのリヤトラベルを備え、荒れた路面での走破性をさらに高めるThru Shaft仕様のRE:aktiv ショックを搭載する。

パーツは、トレイルやMTBパークでのダウンヒルを前提としたものがチョイスされている。フォークはタフなレッグとクラウンを用い、過酷な走行でもしならない。パワフルな4ピストンの油圧ディスクブレーキと、スムーズで一貫したパワー伝達を可能にする12速のSram Eagleドライブトレインを搭載。また、Active Braking Pivot(ABP)、Mino Link 調整式ジオメトリー、Straight Shot ダウンチューブとKnock Blockなど、トレックが誇る最高のMTBテクノロジーを採用している。

またバッテリーをフレームに内蔵して保護し、ドライブ側から工具不要で簡単に出し入れできるトレック独自の着脱式一体型バッテリーシステムを採用。大容量の500Wh バッテリーを搭載し、より長い距離を走ることができる。

Rail 9.7
価格:79万円(税抜)
サイズ:S/M/L
カラー:Slate/Trek Black

トレックが本格eMTB 2モデルを発表!ボッシュの新型ユニット搭載
トレックが本格eMTB 2モデルを発表!ボッシュの新型ユニット搭載
トレックが本格eMTB 2モデルを発表!ボッシュの新型ユニット搭載
トレックが本格eMTB 2モデルを発表!ボッシュの新型ユニット搭載

Powerfly 5

トレックが本格eMTB 2モデルを発表!ボッシュの新型ユニット搭載

トレックが本格eMTB 2モデルを発表!ボッシュの新型ユニット搭載

「Powerfly 5」は、高い走破性のハードテールMTBで、まさにeバイク界のSUVバイク。より遠くまで走ってみたいオフロードライダーに向け、走破性と楽しさがさらに高まった。効率的にペダリングできるフレーム設計に120mm トラベルのフロントフォークを組み合わせ、比較的難易度の低いトレイルでのライドや、街乗り、通勤まで幅広く1台でこなせる。

Powerfly 5
価格:46万円(税抜)
サイズ:S/M/L
カラー:Trek Black/Viper Red

トレックが本格eMTB 2モデルを発表!ボッシュの新型ユニット搭載
トレックが本格eMTB 2モデルを発表!ボッシュの新型ユニット搭載

トレックの新型eMTBは、全国のトレック販売店のうち、ボッシュによる技術講習を受講した販売店にて販売する。2019年9月13日(金)より受注を開始し、2019年末頃にデリバリーされる予定。

また、「Rail 9.7」については2019年に兵庫県豊岡市にオープンした「UP MTB PARK IN KANNABE」にて常設のレンタルバイク設置を予定している。

問 トレック・ジャパン