スペシャライズドから16〜24インチの新型キッズバイク登場

目次

スペシャライズド(SPECIALIZED)より、16インチ、20インチ、24インチのキッズバイクシリーズ「ジェット(JETT)」が新登場。同社らしいフィッティングデータに基づいた設計で、子供の成長に合わせてポジションを変更して長く乗れたり、髙い走行性能を実現する設計となっているのが特徴だ。

スペシャライズドから新型キッズバイク「ジェット」登場

ジェットシリーズ。2021年5月12日に都内で記者発表会が行われた

新しく登場したのは16インチの「ジェット16」、20インチの「ジェット20」、24インチの「ジェット24」の3モデル。対象年齢は7歳〜12歳で、実際にその年齢の子供たちを集めてフィッティングデータを収集して設計し、単に大人のバイクを子供用の設計にしたものではなく、キッズスポーツバイクとしての性能をきちんと確率しているのが大きな特徴だ。また、1つのモデルでサドル高さ・ハンドル位置・クランク長を幅広く調整することができ、ある程度の成長レンジまでポジションを出して乗り続けられるようになっているのも大きなポイントだ。

ジェット16シングルスピード

ジェット16シングルスピード 価格:5万5000円 写真のカラー:グロススモーク/フレイクシルバー

ジェット20

ジェット20

ジェット20 価格:6万500円 写真のカラー:グロスオアシス/フォレストグリーン

ジェット24

ジェット24

ジェット24 価格:6万6000円 写真のカラー:グロスフロレッド/ブラック

ジェットシリーズの主なポイント

ハンドルバーに3段階の目盛りが入る

ハンドルバーに4段階の目盛りが入っており、これに合わせて角度を調整することでハンドル位置の調整が可能

ハンドルバーの形状

ハンドルバーの形状

握りやすいエルゴノミックなグリップ

握りやすいエルゴノミックなグリップ

ペダル取り付け位置が2箇所

ペダル取り付け位置が2箇所設けられ、クランク長の調整効果が得られる

長めで低く下げられるシートポスト

シートポストがかなり長めで、かつほぼ一番下の位置まで“全下げ”が可能なフレーム設計となっている

狭いQファクター

狭いQファクターとなっており、子供がペダリングしやすく、膝の痛みなどを生じにくいようになっている

2インチ(50.8mm)幅のタイヤ

2インチ(50.8mm)幅のタイヤでちょっとしたオフロード走行も可能