ガーミン新ペダル型パワーメーター「ラリー」をインプレッション

目次

Presented by GARMIN JAPAN

ガーミン(GARMIN)からペダル型パワーメーターシリーズの「ラリー(RALLY)」が新登場。最大のポイントはシマノSPD-SLのクリートに対応していることだ。パワーメーターに精通するプロコーチ、Kinofit(キノフィット)の木下智裕さんに使い込んでみたインプレッションを聞いた。

ガーミン新ペダル型パワーメーター「ラリー」をインプレッション

ラリーの特徴〜シマノクリートに対応!

ガーミン・ラリー

ガーミン・ラリー 価格:14万800円(フル機能タイプ)、8万6900円(パワーのみ計測タイプ) 参考重量:320g(シマノ対応/両側計測タイプ)

ラリーはペダルでパワーを計測するパワーメーターだ。ペダルを装着するだけでパワー計測が可能になる。他社のパワーメーターはクランク式が多く、装着にはクランクの交換が必要になるので、それと比較すると装着しやすさの点でアドバンテージが大きい。また、バイクを新しくしたり、複数台のバイクを所有している場合もペダルを付け替えるだけなので非常に便利だ。

目玉となるのはシマノSPD-SLクリートに対応していることだ(対応モデルはラリーRS200)。他社でもペダル型パワーメーターはいくつか登場しているが、今のところシマノクリートに対応していない。なお、ラリーでは他にルックのクリートにも対応している(対応モデルはラリーRK200)。また、パワーのみ計測する価格が手頃なモデルもある(ラリーRK100とラリーRS100)。

ラリーを横から見た様子

ラリーを横から見た様子。通常のペダルと比べて大ぶりでもなく、スタイリッシュだ

固定力の調整も可能

通常のペダルのように、固定力の調整を行うことができる

メンテナンスフリーな設計も光る

細かな部分も工夫されている。バッテリーはボタン電池式なのだが、ペダル側面のカバーを六角レンチで取り外し、交換できる。このカバーのねじ山がステンレス製となっており、締めすぎによる破損や経年劣化に強い構造だ。

バッテリーのカバー部

バッテリーのカバー部

バッテリーカバーのねじ山部分

バッテリーカバーのねじ山部分

また、電池を受ける部分が花びら型となっている。電池は使っていくうちに形状変化が起きるため、電池を受ける部分と摩擦を起こしてしまったり、その部分が汚れてしまうことがある。この花びら型設計によって、そうした不具合を軽減し、安定性を向上させている。

花びら型の電池受け部分(カバー側)

花びら型の電池受け部分(カバー側)

花びら型の電池受け部分(本体側)

花びら型の電池受け部分(本体側)

アフターパーツも充実

もし落車して破損したり故障させてしまった場合でも、部分的なパーツ交換で修理が可能なようにアフターパーツを充実させている。例えば、クリートをキャッチする筐体に当たる部分をアフターパーツとして単体で購入できるようになっており、落車してその部分を壊してしまったとしても、丸ごと修理に送ったり、新品買い替えとならずに済むようになっている。ちなみに、このパーツは交換が簡単で、一般ユーザーでも一般的な工具で交換可能な設計だ。

ラリーをKinofit 木下さんがインプレッション

かねてからガーミンのパワーメーターを愛用していたプロコーチの木下さん。新型もすぐ入手し、しっかりとテストしていた。気になるその性能を聞いてみよう。

木下智裕さん

プロコーチの木下智裕さん。元プロロードレーサーで、U23アジア選手権優勝などの実績を誇り、本場ヨーロッパでの選手活動も経験。現在はフィッティングやコーチングサービスをサイクリスト向けに提供するKinofit(キノフィット)の代表として活躍している

何よりもシマノ対応なのがいい!

ラリーを使ってテストライドする木下さん

ラリーを使ってテストライドする木下さん

「やはりシマノに対応していること。これがいいですね」と木下さん。「クリートはシマノSPD-SLを使う人が圧倒的に多いです。また、シマノSPD-SLのクリートは調整幅が大きいので、実際自分がお客さんのフィッティングをするときもシマノをすすめることが多いんです。他社のペダル型パワーメーターでシマノSPD-SLクリートが使えるところは今のところないので、希少だと思います」。

言われなければパワーメーターだと分からないほどの性能

ラリーを装着してスプリントする木下さん

ラリーを装着してスプリントする木下さん

通常のロード用ビンディングペダルと比較して、使用感は変わるのか?

「いえ、何の違和感もないですね。これがパワーメーターだと言われないかぎり、正直自分レベルのライダーでも違いは分からないですね。剛性もかなりあって、ハイパワーで踏み込んでみてもたわみは感じられません。純粋に他メーカーのハイエンドモデルのペダルと比較して遜色はないです」。

計測精度は確実に高い

計測精度については?

「計測精度の高さで知られる某クランク型パワーメーターと併用して実験してみたのですが、数値がそれと違っていませんでした。ライド中の平均値としてもそうでした。なので、確実に計測精度は高いと思います」。

どんな状況・どんなバイクでもパワーメーターを使ったトレーニングができる

ペダルがパワーメーターになっていることの意義とは?

「TTバイクだったりロードバイクだったりと、複数台/複数種類のバイクを持っている人でパワーを見てトレーニングしたいなら、クランク型だと付け替えが必要になりますが、それはやはり難しいですよね。このアイテムならペダルだけ付け替えればすぐ対応できる。どんな状況・どんなバイクでもパワーメーターのあるトレーニングが続けられる。そこに意義があります。手軽さというメリットも大きいです。

一方クランク型と比較して、もし落車した場合に地面に当たりやすく破損しやすいという点はたしかにあります。が、そもそも落車をしないように走るべきだし、気をつけていればそんな事態にはあまりならないと思います」。

ラリーのおすすめの使い方

ラリーについて語る木下さん

ラリーについて語る木下さん

一般のサイクリストに向けて、このラリーのおすすめの使い方は?

「やはり、手軽にパワーを見ることができるようになるということで、まずはしっかりとパワーの数値を見てトレーニングすることですね。

多くのサイクリストは走行距離と特に速度に依存したトレーニングをしてしまっています。しかし、それはまったく定量的ではありません。例えば追い風で時速40kmで走るのと、向かい風で時速40kmで走るのとでは、まったく状況が違います。追い風だろうと向かい風だろうと、緩い下りだろうと、“250Wと決めたなら250Wで走る”べきです。それをロングライドでも意識する。そうすると自分のアベレージパワーを上げる練習になります。

まずはそんな基本的な使い方をやってほしいですね。公式アプリのガーミンコネクトを使って、平均値を見ることをおすすめします。パワーを見てトレーニングするということなら、パワーのみ計測モデルでも十分ですよ」。

パワーフェーズの表示イメージ(画像上部)

パワーフェーズの表示イメージ(画像上部)

「さらに突っ込んだことをやりたい人におすすめなのが、“パワーフェーズ”という機能です。これは、ペダルが回転する360度のうち、どこからどこまでで入力ができているかが分かるものです。

多くの人は、上死点付近から力をかけ始めることができず、その区間が“抜け”ていてペダリングのロスにつながっています。そこで、この機能を使ってチェックし、上死点から、さらに上死点よりも少し前のポイントからうまく入力ができるように意識するきっかけにできます」。

ガーミンについて

アメリカの自動車関連・スポーツ関連機器メーカー。GPSナビゲーション製品からスタートし、現在は航空・海洋・自動車・アウトドア・フィットネス関連製品までカバーする。サイクリングの分野ではサイクルコンピューターが特に有名で、定番のエッジシリーズの愛用者は多い。

GARMIN RALLY

価格:14万800円(フル機能タイプ)、8万6900円(パワーのみ計測タイプ)
対応クリート:シマノSPD-SL、ルックKEO
計測制度:±1%
通信規格:ANT+、Bluetooth
対応電池:LR44/SR44(4個使用)、CR1/3N(2個使用)
※パワーのみ計測モデルの場合はLR44/SR44(2個使用)、CR1/3N(1個使用)となる
稼働時間:最大120時間
参考重量:320g(シマノ対応/フル計測モデル)
主な機能:パワー計測、ケイデンス計測、パワーフェーズ、プラットフォームセンターオフセット、左右バランス計測、シッティングVS.ダンシングポジション計測

Garmin Rally製品ページ

問い合わせ先

ガーミンジャパン
https://www.garmin.co.jp/