ヒルクライム力アップに役立つ厳選アイテム〜fi’zi:k 「ANTARES VERSUS EVO 00 ADAPTIVE」

目次

“ヒルクライム力”アップに役立つ厳選アイテムをシリーズで紹介しよう。今回はfi’zi:k(フィジーク)。“未来の幕開け”を感じさせるような画期的新製品「ANTARES VERSUS EVO 00 ADAPTIVE(アンタレス ヴァーサス エヴォ 00 アダプティブ)」が登場。2019年ユーロバイクで展示されたコンセプトモデルが、ついに我々の手元に届くようになったのだ。その魅力に迫る。

3Dプリントパディング採用のまったく新しいテクノロジーを使ったカーボンサドル

フィジーク・アンタレス ヴァーサス エヴォ 00 アダプティブ

ヒルクライムでは軽いサドルは正義だ。その究極的存在がパッドのないフルカーボンサドルだが、乗り心地が悪く着座面が滑るなどし、ペダルへの力が逃げてしまうことがある。

この新登場の「アンタレス ヴァーサスエヴォ 00 アダプティブ」は、ベースはフルカーボンサドルではあるが、従来のものとはまったくもって一線を画すものだ。革とフォーム素材ではなく、何と3Dプリント技術によるパッドを配したのだ。これにより、軽さを損なうことなく快適な乗り心地を実現した。

しかし、注目すべきは単に軽くて乗り心地が良いということではない。場所ごとに構造を変え、さまざまなライダーのフォームに適合しパワー伝達を高めるという、従来では考えられなかった機能を持つに至ったことだ。

自転車と体が触れる重要な部分であるサドル。そこから走りを見直すのは、あなたの“ヒルクライム力”に直結する。そのきっかけとして、このサドルはぜひ選択肢に入れたい。

2つのサイズ

レギュラーとラージの横幅

レギュラーサイズとラージサイズの、横幅が異なる2種類を用意する。中央のえぐれ部分はどちらもほぼ同じ幅となっている。

正面

正面から見た様子

パッドが配されない中央部分は、大きな溝となっているのが特徴的。サドルは全体として中央部に向かって山型の形状をしている。

側面

側面から見た様子

先端から中央にかけて緩やかにへこみ、後端が少しだけ反るが、全体的にフラットで癖のない形。パッドのない端部がややせり出す。

背面

背面から見た様子

背面から見ると、緩やかな山型なのがよく分かる。なお、レールは衝撃吸収性能に優れたフィジーク独自のメビウスカーボンを使用。

【POINT1】新素材のパッド

3Dプリントパッド部分をズームアップした様子

最先端の3Dプリント技術「デジタルライトシンセシス」を用いたパッドを配する。細かな樹脂の網目を何層にも重ねた構造をしている。下で詳しく触れるが、部分ごとに構造が異なり、触ってみると感触も異なっている。

【POINT2】ゾーンクッションでさまざまなライディングフォームにおける圧力を軽減

ゾーンクッションのイメージ photo:fi’zi:k

新素材のパッドにより、「ゾーンクッション」という特殊な機能を実現した。フィジークはさまざまなライダーのデータを元に、サドルの圧力分布は前傾度合いや骨盤角度といった要素から4つのゾーンに類型化できることを明らかにした。よってゾーンごとに構造を変え圧力低減の最適化を行うことで、一つのサドルでさまざまなライダーのフォームに適合できるようにしたのだ! 結果、ペダルへのパワー伝達を高める効果を持つに至った。

ANTARES VERSUS EVO 00 ADAPTIVE

SPEC
●価格/4万8000円(税抜)
●シェル素材/カーボン
●レール素材/カーボン
●サドル長/274mm
●参考重量/147g(レギュラー)、154g(ラージ)

テストライドプログラムを実施中!

事前に公式ウェブサイトのフォームから申し込みを行うことで、フィジークスペシャルディーラーにて本製品のテストサドルを受け取り、試乗ができる! 詳しくは、下の公式ウェブサイトをチェックしよう。

www.riogrande.co.jp/news/node/73977/

Brand Information〜先進的サドル開発で常に一歩先を行く

イタリアの大手サドルメーカー、セラロイヤル社の有するハイエンド向けブランドがフィジークだ。代表作は「アリオネ」シリーズで、愛用者は多い。骨盤の前傾角度や脊椎部の柔軟性に着目して類型化し、ライダーの身体的特徴に合わせたサドルの種類をラインナップするなど、かなり進んだ製品開発を行っている。他にも洗練されたデザインのシューズ、バーテープ、ハンドル&ステム類などを展開し、総合パーツブランド化も進む。

問い合わせ先

カワシマサイクルサプライ
https://www.riogrande.co.jp/