ヤマハ「PAS CITY-V」電動アシスト自転車のアーバンコンパクトモデル

ヤマハ発動機は、レトロスポーティなデザインと本格的な走行性能を兼ね備えたシティタイプの24型電動アシスト自転車「PAS CITY-V(パス シティ ブイ)」の2020年モデルを、2月14日に発売する。

2020年モデルの「PAS CITY-V」は、車体デザインにより似合う、上質さを感じる新カラーを採用。通勤や街乗りなどのシーンで使いやすく、気軽にスポーティな走行感覚を楽しむことができる24型コンパクトアーバンモデルとなる。直線的でシャープなイメージのV型フレームや砲弾型バッテリーライトの採用など、レトロスポーティなデザインに仕上げている。

また「PAS」シリーズのコンパクトモデルで唯一の内装5段変速の採用や、オンロードでの走行性を重視したタイヤの採用など、24型モデルながら本格的な走行性能を実現。機能面では、ギヤポジションに合わせてきめ細かな制御を実現する機構「S.P.E.C.5」や、トリプルセンサーシステム、便利な時計機能などの表示メニューが充実した「液晶5ファンクションメーター」など、従来から好評のPASシリーズの特長はそのまま継承している。

ヤマハ PAS CITY-V

ダークメタリックレッド2

ヤマハ PAS CITY-V

クリスタルブラック

ヤマハ PAS CITY-V

ミラーシルバー

PAS CITY-V
価格:11万7000円(税抜)
カラー:ミラーシルバー、クリスタルブラック(new)、ダークメタリックレッド2(new)
重量:22.4kg
サイズ:全長1765mm、全幅575mm、サドル高800〜945mm
タイヤサイズ:24×1.75HE
一充電あたりの走行距離(標準パターン):強モード48km、標準モード59km、オートエコモード+78km

ヤマハ PAS CITY-V