ニュース

激坂ゴールのジロ・デ・イタリア第11ステージでマリア・ローザのイエーツが圧勝

レース
今年のジロで区間2勝目を上げたマリア・ローザのイエーツ 
 
第101回ジロ・デ・イタリア(UCIワールドツアー)は、5月16日にアッシジからオージモまでの156kmで故ミケーレ・スカルポーニ追悼区間となる第11ステージを競い、マリア・ローザの英国のサイモン・イエーツ(ミッチェルトン・スコット)が旧市街地を駆け上がる激坂ゴールで圧勝した。

区間2位はオランダのトム・ドゥムラン(チームサンウェブ)、3位はイタリアのダヴィデ・フォルモロ(ボーラ・ハンスグローエ)だった。

 
 
故スカルポーニを追悼する第11ステージは、チームメートだったスペインのルイスレオン・サンチェス(アスタナプロチーム)が、イタリアのアレッサンドロ・デマルキ(BMCレーシングチーム)と一緒に31km地点から逃げ出して始まった。

そこにイタリアのファウスト・マスナダ(アンドローニジョカットリ・シデルメック)、ミルコ・マエストリ(バルディアーニ・CSF)、アレックス・トゥリン(ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア)が合流。50km地点で先頭の逃げは5人になり、集団とのタイム差は3分以上に開いていた。

後半にはスカルポーニの故郷フィロットラーノを通過。ゴールまで残り30km地点のフィロットラーノの激坂の頂上にかけられていた中間スプリントポイントは、サンチェスが先頭で通過した。この坂でマエストリとトゥリンが遅れ、先頭は3人になった。集団はロット・スーダルが引き、タイム差は2分を切っていた。

逃げ続けていた3人は、丘の上にあるオージモのゴールへと続く5kmの坂のふもとで集団に吸収されてしまった。最後の坂がスタートし、チェコチャンピオンのズデネク・シュティバル(クイックステップフロアーズ)が最初にアタックし、第4ステージのアップヒルゴールを切っていた制したベルギーのティム・ウェレンス(ロット・スーダル)が続いた。

2人はゴールまで残り3kmで後続に10秒差を付け、残り1.5kmでウェレンスがアタック。しかし、集団からアタックしたマリア・ローザのイエーツが2人を抜き去り、残り1kmで先頭に立った。後方からはドゥムランが必死で追いかけたが、マリア・ローザをとらえることはできなかった。

第9ステージで区間優勝していたイエーツは、これで今大会区間2勝目となり、10秒のボーナスタイムを獲得。総合2位のドゥムランとのタイム差を47秒に広げた。英国のクリストファー・フルーム(チームスカイ)は、40秒遅れの区間23位でゴールし、ふたたび総合トップ10から転落してしまった。


■マリア・ローザを着て区間2勝目を上げたイエーツのコメント
「通常こういったステージでは、ティム・ウェレンスのようなより速い選手がいるので、我々は追いかけないとスタート前に決めていた。他のチームが区間優勝のためにそれをした。それが捕まったら、もちろんボクがトライするというプランだった。

ドゥムランにさらにタイム差をつけることができてうれしい。彼はボクを追いかけてきたが、他の日の上りゴールよりもより良くなっているように見えた。彼はレースが進むにつれて良くなっているよ」
 
 
■第11ステージ結果[5月16日/アッシジ~オジモ/156km]

1. YATES Simon (MITCHELTON - SCOTT / GBR) 3h 25’ 53”
2. DUMOULIN Tom (TEAM SUNWEB / NED) 0’ 02”
3. FORMOLO Davide (BORA - HANSGROHE / ITA) 0’ 05”
4. GENIEZ Alexandre (AG2R LA MONDIALE / FRA) 0’ 08”
5. POZZOVIVO Domenico (BAHRAIN - MERIDA / ITA) 0’ 08”
6. KONRAD Patrick (BORA - HANSGROHE / AUT) 0’ 08”
7. PINOT Thibaut (GROUPAMA - FDJ / FRA) 0’ 08”
8. SCHACHMANN Maximilian (QUICK-STEP FLOORS /GER) 0’ 11”
9. DENNIS Rohan (BMC RACING TEAM / AUS) 0’ 18”
10. ARU Fabio (UAE TEAM EMIRATES / ITA) 0’ 21"
11. CARAPAZ Richard (MOVISTAR TEAM / ECU) 0’ 23"
12. BENNETT George (TEAM LOTTO NL - JUMBO / NZL) 0’ 23"
15. LOPEZ Miguel Angel (ASTANA PRO TEAM / COL) 0’ 30"
23. FROOME Chris (TEAM SKY / GBR) 0’ 40"

■第11ステージまでの総合成績(マリア・ローザ)
1. YATES Simon (MITCHELTON - SCOTT / GBR) 47h 08’ 21”
2. DUMOULIN Tom (TEAM SUNWEB / NED) 0’ 47”
3. PINOT Thibaut (GROUPAMA - FDJ / FRA) 1’ 04”
4. POZZOVIVO Domenico (BAHRAIN - MERIDA / ITA) 01’18”
5. CARAPAZ Richard (MOVISTAR TEAM / ECU) 01’ 56”
6. BENNETT George (TEAM LOTTO NL - JUMBO / NZL) 02’ 09”
7. DENNIS Rohan (BMC RACING TEAM / AUS) 02’ 36”
8. BILBAO Pello (ASTANA PRO TEAM / ESP) 02’ 54”
9. KONRAD Patrick (BORA - HANSGROHE / AUT) 02’ 55”
10. ARU Fabio (UAE TEAM EMIRATES / ITA) 03’ 10”
12. FROOME Chris (TEAM SKY / GBR) 03’ 20”

[各賞]
■ポイント賞(マリア・チクラミーノ):Elia Viviani (Quick-Step Floors)
■山岳賞(マリア・アッズーラ):Simon Yates (Mitchelton - Scott)
■新人賞(マリア・ビアンカ):Richard Carapaz (Movistar Team)
 

第12ステージはイモラ・サーキットがゴール

MAP : RCS Sport
5月17日はオージモからイモラ・サーキットまでの214kmで平坦な第12ステージが行われる。

レース公式サイト

 

第11ステージのハイライト映像