ニュース

ツール・ド・プロヴァンス第1ステージでグロスが2位入賞

レース
2月8日に開幕したツール・ド・プロヴァンスの2日目、165kmで競われた第1ステージでエドゥアルド・グロス(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ)がスプリントで2位でフィニッシュした。

 


プロローグ(5.8kmの個人タイムトライアル)を終え、2月9日、ロードレース初日となった第1ステージは、オーバーニュからイストルまでの165.9kmで開催された。途中4級山岳が2カ所に設定されており、起伏があるものの概ね平坦基調のステージ。

スタート後にコンチネンタルチームの選手3人の逃げが決まり、集団はフランスのトップチームがコントロールし、レースは落ち着いて進んでいく。危険視されていた横風もこの日は弱く、フィニッシュラインに向けてタイム差が詰まっていく王道の展開になった。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニはスプリンターのエドゥアルド・グロスを中心にした作戦を組んでおり、終盤になり一つにまとまった集団のなかで、アラン・マランゴーニらがグロスのために牽引を開始。絶好なポジションに付けていたが、残り500mからコーナーが連続するコースレイアウトになっており、最後から2つめのコーナーでグロスが走路を塞がれる形となり失速。その瞬間に勝者となるクリストフ・ラポルト(コフィディス)がアタックを仕掛けて先行。グロスも必死に前を追ったが、勝者には届かず2位という結果となった。

脚があっただけに悔しさを爆発させたグロスだが、すべての選手が今季初戦。そのなかでチームワークがよく機能していたこと、またグロスのコンディションがとても良いことに手応えを掴むステージとなった。大会最終日の第3ステージも集団ゴールスプリントになることが予想されており、次のチャンスを狙う。

また翌日の第2ステージは2級山岳の山頂フィニッシュとなっており、本大会唯一の山岳ステージ。クライマーたちのステージとなり、総合成績もここで大きく動くだろう。

 
ゴール後にチームメートに感謝しながらも、勝てなかった大きな悔しさが滲んだグロス


リザルト
●第1ステージ
1   LAPORTE Christophe    Cofidis, Solutions Crédits    4:04:44
2   GROSU Eduard Michael    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini    
3   BARBIER Pierre    Roubaix Lille Métropole

45   CIMA Damiano    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini    
63   NISHIMURA Hiroki    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovin
78   KOBAYASHI Marino    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini
84   MARANGONI Alan    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini
93   HATSUYAMA Sho    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini
100   CUNEGO Damiano    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini        +0:29

●個人総合成績
1  GENIEZ Alexandre    AG2R La Mondiale    4:11:33
2  CHAVANEL Sylvain    Direct Energie        +0:02
3  LAPORTE Christophe    Cofidis, Solutions Crédits

26  GROSU Eduard Michael    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini        +0:20
49  MARANGONI Alan    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini        +0:32
51  CIMA Damiano    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini    
55  KOBAYASHI Marino    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini        +0:34
91  NISHIMURA Hiroki    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini        +0:53
92  HATSUYAMA Sho    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini        +0:57
99  CUNEGO Damiano    Nippo - Vini Fantini - Europa Ovini        +1:15

 


NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ出場選手
初山翔
小林海
西村大輝
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
監督: 福島晋一、ヴァレリオ・テバルディ


レース情報
Tour Cycliste International La Provence
開催期間/2018年2月8日(木曜日)〜2月11日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー 2.1
開催国/フランス

2月8日 プロローグ Castellet › Castellet (5.8k/個人TT)
2月9日 第1ステージ Aubagne › stres (184k)
2月10日 第2ステージ La Ciotat › Gémenos (153k)
2月11日 第3ステージ Aix en Provence › Marseille (167k)

 

エドゥアルド・グロスのコメント

チームメートたちに感謝している。彼らの献身的な走りがあり、ベストな状態でスプリントに挑むことができた。最後のコーナーではコフィディスの選手たちがとても上手なレース運びをした。今日勝てなかったことは残念ではあるけど、冬季のトレーニングがとても良い成果をあげ、良いコンディションに仕上がっていることを実感できた。

このままトレーニングを続け、さらに良い成績を狙っていきたい。まずは日曜日の第3ステージが再び勝利を狙うチャンスになると思う。
 

初山翔のコメント

大きな逃げに注意しつつも、グロスのスプリントを手伝うように、とのオーダー。その結果、グロスが2位に入ってくれた。これからもトライしてスプリントへの連携を高めていきたい。

明日は厳しい山岳ステージ。自分のコンディションを確かめつつ、役目を果たしたい。
 

小林海のコメント

多少の起伏があった第1ステージ。チームはグロスのスプリントで勝ちを狙う作戦で、なるべくグロスに脚を使わせないように後半まで固まって走った。僕はとにかくタイムを失わないように、テクニカルなゴール前でトラブルなく安全にゴールした。

明日の山頂ゴールでは良い走りをしたい。
 

西村大輝のコメント

チームの作戦はグロスのスプリントでのステージ優勝。僕への指示は大人数の逃げが有れば乗ることだった。少人数の逃げが決まってからは、チームでまとまって走りグロスの脚を使わせないように走った。結果はグロスが2位に入り、良い雰囲気で第1ステージを終えた。

明日の第2ステージは厳しい山岳ステージとなるので、より一層気を引き締めて与えられた役割を果たせるようにしたい。
 


NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ
2018レーススケジュール(予定)   

2月8日〜11日    Tour Cycliste International La Provence フランス ヨーロッパツアー2.1
2月11日 Trofeo Laigueglia イタリア ヨーロッパツアー1.HC
2月14日〜18日 Vuelta a Andalucia Ruta Ciclista Del Sol スペイン ヨーロッパツアー2.HC
2月17日、18日 50ème Tour Cycliste International du Haut Var Matin フランス ヨーロッパツアー2.1