ニュース

ツアー・ダウンアンダー前哨戦のピープルズ・チョイス・クラシックで世界チャンピオンのサガンが初優勝

レース
ダウンアンダー前哨戦のクリテリウムを制した世界チャンピオンのサガン(©Bettiniphoto)
 
南半球オーストラリアのアデレードで、1月14日にサントス・ツアー・ダウンアンダー(UCIワールドツアー開幕戦)の前哨戦となるクリテリウムのピープルズ・チョイス・クラシックが開催され、世界チャンピオンのペテル・サガン(スロバキア/ボーラ・ハンスグローエ)が集団ゴールスプリントを制して初優勝した。

2位はドイツのアンドレ・グライペル(ロット・スーダル)、3位はカレブ・イーウェン(ミッチェルトン・スコット)だった。ゴールスプリントで落車したノルウエーのクリストファー・ハルボルセン(チームスカイ)は右手を骨折し、本戦には参加できなくなってしまった。


シーズン初戦からアルカンシエルを着て優勝したサガンは「スプリントが始まる前にいい位置に付けていたが、後ろから来た選手たちがちょっと僕に近かった。今日は勝てると期待していなかったが、最後はうまくいった。チームメートたちは前に出るのがちょっと早すぎたが、いい1週間になりそうだ。コンディションはいいよ。チームのためにもとてもうれしい。シーズンのとても良いスタートで、今日来てくれた人々全員に感謝しているよ!」と、語っている。

この日は序盤に集団からアタックした逃げに別府史之(トレック・セガフレード)が加わって仕事をし、周回賞獲得は逃したものの、シーズン開幕から日本のレースファンに熱い走りを見せてくれた。

本戦のサントス・ツアー・ダウンアンダーは、16日に第1ステージが行われる予定だ。



■第13回ピープルズ・チョイス・クラシック結果[1月14日/アデレード(オーストラリア)/クリテリウム/50.6km]
1. SAGAN, Peter (BORA - hansgrohe / SVK) 01:04:25
2. GREIPEL, André (Lotto Soudal / GER)
3. EWAN, Caleb (Mitchelton-SCOTT / AUS)
4. VIVIANI, Elia (Quick - Step Floors / ITA)
5. CONSONNI, Simone (UAE Team Emirates / ITA)
6. LAWLESS, Christopher (Team Sky / GBR)
7. WELSFORD, Sam (UniSA-Australia / AUS)
8. BATTAGLIN, Enrico (Team Lotto NL - Jumbo / ITA)
9. SÜTTERLIN, Jasha (Movistar Team / GER)
10. RENSHAW, Mark (Team Dimension Data for Qhubeka / AUS)
26. ARASHIRO, Yukiya (Bahrain - Merida / JPN) 00:03
85. BEPPU, Fumiyuki (Trek - Segafredo / JPN) 00:39

公式サイト
 
■サイスポ・ニュース「ツアー・ダウンアンダー2018開幕情報
 
序盤の逃げに加わったトレック・セガフレードの別府史之(中央)(©Bettiniphoto)

ピープルズ・チョイス・クラシックのハイライト映像