ニュース

【キャットアイ】ただのライトとはひと味違う!?最新高性能ライトをチェック

新製品

「身に付けるテールライト」がサイクリストを守る

「ウエアラブルエックス 」 価格:3500円(税抜)
テールライトの役割とは「いかにドライバーの目を引くか」である。目立たなければ意味がない。

もちろんバイク本体に付けるテールライトは必須であり、減速時により明るく光るキャットアイのラピッドエックス2キネティックなどの高性能ライトを使えば被視認性は確保できる。そのうえで、自転車の後ろ姿をもっと目立たせるにはどうすればいいか。

キャットアイが出した答えは、テールライトの数を増やすこと。そして、より高い位置に装着すること。

テールライトをバイク本体に装着する場合、シートポストが最も高い位置になる。しかしそれでは光源がドライバーの視点より下になってしまう。

キャットアイはヘルメットに装着する「デュプレックス」や、ウエアやバッグに装着可能な「ウエアラブルエックス」など、バイク以外の場所に取り付けるテールライトを用意している。

これらを使えば、クルマにとって「より目立つ自転車」になるはずだ。「バイクに付ける」は当たり前。テールライトは「身に付ける」ものへと変わりつつある。

 

ラバーバンド使用で自転車本体にも取り付け可能

ウエアラブルエックスはクリップブラケットなのでジャージのポケット部分やバッグに装着できるほか、付属のゴムバンドを使えばシートポストやフレームにも取り付け可能だ。
 

spec.

「WEARABLE X ウエアラブルエックス」
稼働時間:約1時間(ハイ)、約10時間(ロー)、約13時間(バイブレーション)、約10時間(ラピッド)、約10時間(パルス)、約30時間(点滅)取り付けバンド:グリップ、ラバーバンド(約φ26~ 32 サイズ:45.5×44× 16mm 重量:16.5g 充電時間:USB充電約2時間 オートセーブ機能付き、リチウムイオンポリマー充電池、充電用マイクロUSBケーブル付属

問・キャットアイ

まとめページはこちらから!