ニュース

BESVがフォールディングバイクほか2タイプのeバイクを発表【eバイクジャパン】

新製品
2019年6月6日(木)、東京・代官山で、次世代プレミアムeバイクブランド「BESV(ベスビー)」の新モデル発表会が行われた。ブランドでは初めてとなるフォールディングバイク「PSF1」のほか、バッテリーが内蔵されたeMTB「TRS2AM」「TRS2XC」の計3モデルが新たに登場する。

 


発表会では、eバイクナビゲーターの栗村修さん、福田萌子さんが、今回発表された新モデルだけではなくeバイクの楽しみ方や未来についてトークショーを開催。
栗村さんは「元プロレーサーという身からしても、eMTBの走りの楽しさは本当に感動するレベルですね」と自身のeバイクでのライドの驚きを話すと、福田さんも「世界のトッププロ選手と一緒にeバイクで走っても楽しいかもしれませんね!世界最高レベルのアタックを、隣走りながら間近でみることができるみたいな普通では考えられない体験も、eバイクだったらできちゃうんです」と自身の体験を元に話した。

その後、BESVアンバサダーとして3年目を迎えることとなったのんさんが登場。自身が出演するプロモーションムービーが作られたPSF1について、「こんなにかっこいいのに、折り畳めるってどうなってるんだろう?」と始めて見たときの印象を述べ、折り畳んだときのコンパクトさに驚いたという。実際に自分の手で折り畳んでみた感想については、「簡単だったのでスイスイできて楽しかったです。自分の手でできると、小さいけれどスマートな外観にもっと愛着がわいて、かわいいやつだなあって思っちゃいますね!
アシストでラクに移動することもできるけど、電車や車に乗せることで、もっと遠くの場所まで自転車で走ることを楽しめるってすごくステキですね。」と話した。

また、のんさんが出演するプロモーションムービーの完成を記念して、全国のBESV正規ディーラーでPSF1を予約した先着100人に、専用のソフトケースがプレゼントされるキャンペーンが行われる。


 
挨拶するBESVJAPANのアンディー・スー会長。「2018年は良い販売成績を記録することができた。この日本での成功に自信を持つことで、ここからより世界に広げていきたい」
挨拶するBESVJAPANのアンディー・スー会長。「2018年は良い販売成績を記録することができた。この日本での成功に自信を持つことで、ここからより世界に広げていきたい」
 新商品プレゼンを行うBESVJAPANの澤山俊明社長「新たにMTBの2モデルも追加することで、国内のeバイクラインナップでは最多となります。自分にぴったりの一台を選んで下さい」
新商品プレゼンを行うBESVJAPANの澤山俊明社長「新たにMTBの2モデルも追加することで、国内のeバイクラインナップでは最多となります。自分にぴったりの一台を選んで下さい」
栗村修さんと福田萌子さん。それぞれ「遠くない未来に電動ユニットを乗せていない自転車が少数派になると思う」、「プロ選手が上りでどういうふうに乗っているのか、eバイクに乗ると近くで見られる」と語った
栗村修さんと福田萌子さん。それぞれ「遠くない未来に電動ユニットを乗せていない自転車が少数派になると思う」、「プロ選手が上りでどういうふうに乗っているのか、eバイクに乗ると近くで見られる」と語った
MCの絹代さん(左)とのんさん(右)。プロモーションムービーの撮影でPSF1と一緒に過ごし、いとこの赤ちゃんに抱くような愛情がわいたという
MCの絹代さん(左)とのんさん(右)。プロモーションムービーの撮影でPSF1と一緒に過ごし、いとこの赤ちゃんに抱くような愛情がわいたという
アンディ・スー会長とのんさんを中心に、BESVJAPAN代表の澤山俊明氏や増田宗禄副会長が並んだ
アンディ・スー会長とのんさんを中心に、BESVJAPAN代表の澤山俊明氏や増田宗禄副会長が並んだ

PSF1


ブランド初の折りたたみ式、eフォールディングバイク。PSA1で人気のBESVのデザインコンセプトが集約されたその美しいデザインを継承している。シートステー部、フォーク、ハンドルの3箇所が可動し、メインフレームを畳むことなくフレーム強度を保ちながらコンパクトに折り畳むことができる。車体重量はPSA1よりも軽量な18.3kg。リヤサスペンション、フロントフォーク、ハンドルポストの3点を畳むことができ、オプションのソフトケースやハードケースに収納できる。バッテリーはPSシリーズと共通の36V/10.5Ahで、最大で90km走行可能だ。オプションとなるキャスター付きキャリアを付ければ持ち運び時に転がしての移動もできる。

PSF1
価格:24万5000円(税抜)
カラー:ゴールド、グレーブルー
予約開始:2019年7月1日(月)
発売予定:2019年9月末
 

TRS2AM


オールマウンテンのフルサスペンションモデル。シマノ・ステップスE8080モーターに、シマノ公認のBESVオリジナルバッテリーをフレームに内蔵。150mmトラベルの前後サスペンションがトラクションロスをなくし、アシストの力を余すことなくパワフルな推進力に変える。また、フレームはプロライダーの理想を形にした専用設計。シマノ・デオーレ10スピードとSLX油圧ディスクブレーキ仕様で、あらゆるトレールを思い通りにコントロールすることができる。重量23.2kgに抑え、36V×14.0Ahの大容量で、トレイルシーンでの最高のパフォーマンスを提供する。

TRS2AM
価格:44万5000円(税抜)
カラー:マットブラック
サイズ:S、M
予約開始:2019年7月1日(月)
発売予定:2019年8月23日(金)
 
ロックショック製リヤサスペンションを備えることで、あらゆる地形に対する走破性とともに、eバイクならではのアシスト効率を向上させる
ロックショック製リヤサスペンションを備えることで、あらゆる地形に対する走破性とともに、eバイクならではのアシスト効率を向上させる
バッテリーはBESVオリジナルとしてフレームに内蔵可能となり、スタイリッシュな外観を実現。バッテリーにおいてシマノ公式パーツサプライヤーと認定されているBESVならでは
バッテリーはBESVオリジナルとしてフレームに内蔵可能となり、スタイリッシュな外観を実現。バッテリーにおいてシマノ公式パーツサプライヤーと認定されているBESVならでは

TRS2XC


フルサスのAMと同時発売で、ハードテールのクロスカントリーモデル。130mmトラベルのフロントサスに主流の27.5×2.35サイズのタイヤを装着しており、オフロードからオンロードまで楽しめるオールマイティーな1台。AMと同様にシマノ・ステップスE8080モーターに14.0AhのBESVオリジナルバッテリーを内蔵。20.8kgの軽量性とデザイン性を持つeMTBだ。コンポーネントもAMと同様にシマノ・デオーレ10スピードとSLX油圧ディスクブレーキ仕様。アシストスイッチは国内初採用となるステップス専用小型ディスプレイのSC-E7000。ハンドルまわりをスマートに仕上げている。オプションとして専用フェンダーとリヤキャリヤが用意される。

TRS2XC
価格:36万円(税抜)
カラー:マットブラック
サイズ:S、M
予約開始:2019年7月1日(月)
発売予定:2019年8月23日(金)
 
フロントサスペンションとともに巡航性の高い27.5×2.35のタイヤを装着。オフロードはもちろんだが、オンロード場でも快適な走行感を得る
フロントサスペンションとともに巡航性の高い27.5×2.35のタイヤを装着。オフロードはもちろんだが、オンロード場でも快適な走行感を得る
ドライブトレインはシマノ・デオーレ10速を採用。油圧ディスクブレーキはシマノ・SLXをスペックインする
ドライブトレインはシマノ・デオーレ10速を採用。油圧ディスクブレーキはシマノ・SLXをスペックインする

【BESV×のん】フォールディングe-Bike PSF1 オリジナルムービー







問・BESVJAPAN