ニュース

ナビタイムのシェアサイクル、レンタサイクル検索アプリ「どこでもサイクル」 7月提供開始

新製品
ナビタイムジャパンは、シェアサイクル、レンタサイクル検索アプリ「どこでもサイクル」の提供を開始する。提供開始時期は、2019年7月頃を予定している。

シェアサイクル利用者の拡大や、国土交通省の「自転車活用推進計画」によるシェアサイクルポート設置、レンタサイクルを活用したサイクルツーリズム推進などの取り組みが進むなか、一方で、「ポートの場所がわかりにくい」「自転車がポートに無いことがある」といった利用する上で不安な声があった。「どこでもサイクル」は、これらの声に応えるために開発された無料のアプリで、複数のシェアサイクル、レンタサイクル事業者に対応し、ポートの位置とリアルタイムの貸出可能台数を地図上に表示したり、事業者での絞込検索やポート検索ができる。また、シェアサイクル事業者が提供するアプリに遷移し、自転車の予約も可能。

初回リリースでは、シェアサイクルの「bike share service(バイクシェアサービス)」と「PiPPA(ピッパ)」と連携し、また、全国のレンタサイクル事業者を対象に、ポート位置や所有台数などのデータを独自で整備している。

また、ポート詳細画面では、現在地からそのポートまでの徒歩と公共交通機関を利用した場合と、自転車を利用した場合の所要時間を確認できる。さらに、総合ナビゲーションアプリ「ナビタイム」と自転車専用ナビゲーションアプリ「自転車ナビタイム」と連携し、ルート表示や音声案内も可能だ(※ナビタイム、自転車ナビタイムのダウンロードが必要)。

 
画面イメージ
画面イメージ


どこでもサイクル
主な機能:
・ポート位置の地図表示
・リアルタイムな貸出可能台数の地図表示
・シェアサイクル、レンタサイクル事業者での絞込検索
・ポート検索
・ポート詳細参照(住所、現在地からのポートまでの所要時間など)
・シェアサイクル事業者が提供するアプリとの連携
・「NAVITIME」、「自転車 NAVITIME」とのルート検索、ナビゲーション連携

対応しているシェアサイクル、レンタサイクル事業者:
・シェアサイクルサービス;「バイクシェアサービス」、「ピッパ」
・レンタサイクルサービス;全国のレンタサイクル事業者

利用方法:
・アプリダウンロード方法;「App Store」、「Google Play」よりアプリをダウンロード
・価格;無料

提供開始日:2019年7月頃(予定)



問・ナビタイムジャパン