ニュース

全日本選手権ロード コース発表

レース
今年6月に開催される全日本選手権ロードレースの第1回実行委員会が静岡県庁で開催され、ロードレースとタイムトライアルのコースと日程が明らかになった。
 
今年の全日本選手権ロードレースは富士スピードウェイで開催されることが1月に発表されていたが、コースなど詳細については明らかになっていなかった。今回、大会を主管する静岡県自転車競技連盟と、静岡県や小山町など関係者での実行委員会が組織され、その第1回の会合が静岡県庁で行われた。

 
コースの解説をする静岡県自転車競技連盟の松村正之理事長
コースの解説をする静岡県自転車競技連盟の松村正之理事長


公表されたコースは、ロードレースは1周10.8km、タイムトライアルは1周13.9kmで、自動車のレースに使うサーキットコースと、施設内の管理道路を組み合わせたものとなっている。安全管理の都合上、サーキットコースは逆走となり、タイムトライアルはホームストレートを約1往復半(3回通過)する設定となる。アップダウンを3回繰り返す1周の高低差は145m。男子エリートは21周226.8km、獲得標高差は3000mを超える。

 
ロードレースコース図
ロードレースコース図
タイムトライアルコース図。ホームストレートを1往復半する
タイムトライアルコース図。ホームストレートを1往復半する


コースと併せて発表となった要項では、暫定のスケジュールも明らかになった。それによると、6月27日(木)に全カテゴリーの個人タイムトライアルとパラサイクリング、6月28日(金)からロードレースが行われる。男子U23と女子エリートが29日(土)、注目の男子エリートは30日(日)だ。
 
なお、事前の試走ができないことから、コースの走行動画の公開を検討中だ。
 
全日本選手権の申し込みは、5月10日にエントリーサイトが開設され、申し込み締め切りは5月27日(月)となる予定。詳細は日本自転車競技連盟公式サイトにて順次公開される。

 
<全日本選手権・日程(要項より抜粋)>
6月26日
役員打ち合わせ
個人タイムトライアルライセンスコントロール、監督会議など
 
6月27日
個人タイムトライアル、パラサイクリングタイムトライアル(距離:13.9km 男子エリートのみ13.9km×2周)
 
6月28日
ロードレース:女子ジュニア+U17(10.8km×6周64.8km)、男子U17+U15(10.8km×8周86.4km)、男子ジュニア(10.8km×11周118.8km)
 
6月29日
ロードレース:男子U23(10.8km×17周)、女子エリート+U23(10.8km×14周)
 
6月30日
ロードレース:男子エリート(10.8km×21周)