ニュース

富士山マガジンサービス「サイクルスポーツ定期購読キャンペーン」開始

その他

個人賠償責任2億円補償で家族もカバーする自転車保険をプレゼント!

富士山マガジンサービスは埼玉サイクルエキスポ2019で、自転車雑誌『Cycle Sports(サイクルスポーツ)』の新しい定期購読キャンペーンの詳細を発表した。

2019年2月16日(土)から2020年1月10日(金)まで、1年間定期購読を新規で申し込むと、全員にau損害保険の自転車保険を1年間無料でプレゼントするキャンペーンとなる。


 


富士山マガジンサービスでは『Cycle Sports』の1年間定期購読を新規で申し込むと、全員にau損害保険の自転車保険をプレゼントするキャンペーンを2019年2月16日(土)から開始した。

自転車利用者の保険加入は、すでに大阪や兵庫などの6府県と、名古屋、京都などの5政令指定都市が条例で義務付けている。また先ごろ国土交通省は、自転車利用者に損害賠償保険への加入を促す方策の検討を始めた。

富士山マガジンサービスは、自転車保険の加入義務化が「被害者の保護」と「加害者の経済的負担軽減」の観点から広がっていることに着目しキャンペーンを企画。これに人気自転車雑誌『Cycle Sports』を発行する八重洲出版および自転車保険を提供するau損害保険が、自転車業界の健全な発展に寄与したいという観点で賛同したことで実現した。

本キャンペーンで適用される自転車保険の内容は、個人賠償責任保険金は示談交渉つきで2億円まで補償、その適用は本人はもちろん家族までカバーするなど、非常に手厚いことが特長となっている。

2019年2月16日(土)・17日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催される「埼玉サイクルエキスポ2019」の八重洲出版『Cycle Sports』ブースでも来場者に向けてキャンペーンの告知を行う。自転車雑誌に自転車保険を商品付帯する取組みは、業界初の試みとなる。


◉自転車保険プレゼント概要
*『Cycle Sports』の1年間定期購読を新規でお申し込みの方全員に、富士山マガジンサービスがau損害保険の自転車保険を1年間無料でプレゼント

*申し込み期間は2019年2月16日(土)から2020年1月10日(金)まで

◉プレゼント保険補償内容
*死亡・後遺障害保険金 200万円
自転車搭乗中などの自転車に係る事故により死亡された場合・所定の後遺障害が発生した場合

*ヘルメット着用中死亡特別保険金 100万円
ヘルメットを着用中かつ自転車に乗っている間の事故によるケガのため、死亡した場合

*入院一時金 5万円
自転車搭乗中などの自転車に係る事故によるケガのため、3日以上入院した場合

*個人賠償責任保険金(示談交渉あり)2億円
日常生活中の事故で、法律上の賠償責任を負った場合

申し込み受付先(富士山マガジンサービス特設サイト)