ニュース

シュガーライド久米島2018 参加レポート【後編】

イベント

アラフィフおじさんも癒される、久米島は365日サイクリングリゾートアイランド!!

2018年11月18日(日)に開催されたシュガーライド久米島2018。島を2周するアスリートコース(100km)、ぐるっと1周コース(45km)、ぐるっと1周らくらく観光コース(35km)、3種類のコースに北は北海道から関東、関西、南は九州沖縄まで118人が参加した!

text:シシャチョーさこやん
photo:シルベストサイクル、シシャチョーさこやん


シュガーライド久米島2018 参加レポート【前編】

 

パワースポットに満ちあふれた久米島!

晴天に恵まれた大会2日目、8:00AMにアスリートコースが、9:00AMにぐるっと1周コース・ぐるっと1周らくらく観光コースがそれぞれスタート。

自称「アメハラスメント男」の筆者は相変わらずの晴れ男ぶりを発揮して、おもわずドヤ顔。今回は、どうしても「ハテの浜」を訪れたかったので、断腸の思いで45kmの1周コースを選択した。スタートしてまもなく、海岸線に出たところで、JAL自転車クラブの櫻井さんのハッピースマイルをいただき、朝から幸せな気分に・・・。

さらに40分程走り最初のエイドで出迎えてくれたのは、地元のスナック「ひなちゃん」のお姉様方。昨夜の仕事が終わってから、徹夜でサーターアンダギー他の補給食をご用意してくれはったんやて(涙)。ひょっとして、今夜に向けての営業活動なんやろか?(笑)。

立て続けに女子からパワーをもらった後、ざわわな道を通り抜け、またもや海岸線を走って行くと、ひとつめのパワースポット「ミーフガー」に到着。地質学的にも珍しい岸壁は、女性が拝むと子宝に恵まれるねんて。そして、このエイドでは、久米島名物の海ぶどうを食す。海洋深層水で育てられてるので、本州で食べるものと比べると、プリプリ感が半端ないやんか。しかし、こんな贅沢なエイドステーションで喜んでたのも束の間、実はこの後、激坂が……。

 
JAL自転車クラブの櫻井理枝さんは、トライアスロンもされているアスリート
JAL自転車クラブの櫻井理枝さんは、トライアスロンもされているアスリート
大会終了後、多くのひとが「ひなちゃん」を訪れた!?
大会終了後、多くのひとが「ひなちゃん」を訪れた!?
かどうかは、分からないが、サーターアンダギーがめちゃくちゃ美味しかった。おーきにです~!!
かどうかは、分からないが、サーターアンダギーがめちゃくちゃ美味しかった。おーきにです~!!
ざわわ、ざわわ、ざわわ~♩この風景好きやわ~
ざわわ、ざわわ、ざわわ~♩この風景好きやわ~
エイドで提供される海ぶどうは養殖生産量が日本一
エイドで提供される海ぶどうは養殖生産量が日本一
ぷりっぷりの食感にやめられない、とまらない
ぷりっぷりの食感にやめられない、とまらない
ミーフガーをバックにみんなで記念撮影。撮影の合い言葉は、「はい、シーサー」
ミーフガーをバックにみんなで記念撮影。撮影の合い言葉は、「はい、シーサー」

上りの後には下りがアルサー!

楽勝ゆるゆるライドとなめきってたところ、突如現れた上り坂に足を着く参加者が続出するなか、サイスポジャージを着ている限り、それだけはしたらあかんとペダルを踏み続ける。

11月後半やのに聞こえてくる蝉の鳴き声や、サポートライダーの「もう次で終わりますから!」というベタなサイクリストあるあるに励まされながら、なんとか上りきった頂上の「比屋定バンタ」の展望台では、ハテの浜や慶良間諸島も見える絶景としゅわしゅわコーラのご褒美が待っていた。

さらにその後は、絶景の連続と心地よい海風を浴びながら、「これ最高やんか!」と叫んでしまうくらい幸せなダウンヒルを堪能し、そのままゴール後のご褒美、久米島名物の車エビにたどり着いたサー(笑)。

 
標高差は、250mほどなんやけど、じわじわと効いてくる坂。押して歩くひとも多いので、ビギナーも安心
標高差は、250mほどなんやけど、じわじわと効いてくる坂。押して歩くひとも多いので、ビギナーも安心
比屋定(ひやじょう)バンタ(展望台)。バンタとは「崖っぷち」という意味らしい。絶景のビューポイント
比屋定(ひやじょう)バンタ(展望台)。バンタとは「崖っぷち」という意味らしい。絶景のビューポイント
大阪から来た乾さんと志賀さん。ともに自転車をはじめて1年目だが、上りも楽しんではりました
大阪から来た乾さんと志賀さん。ともに自転車をはじめて1年目だが、上りも楽しんではりました
比屋定バンタから始まる絶景ダウンヒル。かっ飛んで行きたいのと、写真を撮りたい衝動に悩むひとは多いはず
比屋定バンタから始まる絶景ダウンヒル。かっ飛んで行きたいのと、写真を撮りたい衝動に悩むひとは多いはず
てぃーだ橋・つむぎ橋。まるで青い海の上を走っているような感覚は、走ったひとにしか分からない
てぃーだ橋・つむぎ橋。まるで青い海の上を走っているような感覚は、走ったひとにしか分からない
エビ好きにはたまらない、ゴール後の車エビの炭火焼。ああ美味かった~
エビ好きにはたまらない、ゴール後の車エビの炭火焼。ああ美味かった~
はい、エビシーサー
はい、エビシーサー

念願のあの場所へ

ゴール後は、車エビだけでなく、ランチまでついているので、沖縄そばをいそいそといただき、シャワーを浴びてから、いよいよ念願のハテの浜へ出発。

港までのクルマとボートに乗って約30分で、長さ7kmに及ぶ砂浜だけの砂州へ到着。今まで見たことのない、真っ白な砂とエメラルドグリーンの海の色に参加者全員が大満足した様子。ちなみに100kmコースにエントリーすると、ゴール後に行くのはかなりタイトになるんで、島の滞在を伸ばしてでも、行くことをオススメするで~!

 
ハテの浜へは、グラスボートで向かうので、移動中も楽しめる。今回はウミガメが見えたで
ハテの浜へは、グラスボートで向かうので、移動中も楽しめる。今回はウミガメが見えたで
ライド後に行ったので、ガイドさんからは、くれぐれも無理しないようにと言われた(笑)
ライド後に行ったので、ガイドさんからは、くれぐれも無理しないようにと言われた(笑)

そして最後の名物、ふれあいパーティー

大会終了後、リゾートホテル久米アイランドのガーデンテラスでアフターパーティーが開催された。お互い知らない参加者同士や運営スタッフと美味しい料理とお酒(泡盛飲み放題)を飲みながら、ふれあう場となっているのが何とも心地よい。ホテルのペア宿泊券や地元でしか手に入らない泡盛が当たる抽選会や、第一回大会からの皆勤賞を表彰するなど、お互いの顔がみえる、めちゃくちゃ温もりを感じるパーティーですわ。

特に地元中高生による創作エイサー「球美若獅子太鼓」は、子どもたちの一生懸命に舞う姿と、胸にグッと突き刺さるような太鼓の音で、なんでか分からんけど思わず涙ぐんでしまった・・・。まわりの参加者もうるうるしてるのを見て、ひと安心したんやけど、今、思い出しても涙があふれてくるほどの感動でした。久米島のパワースポットをいろいろ訪ねたんやけど、筆者にとってはもっともパワーをもらった瞬間やったかも。

そして最後は、参加者全員で沖縄おどり「カチャーシー」を見よう見まねで踊って、大会のフィニッシュを祝ったのであった。

はじめて久米島に来て思ったのは、青い海とサトウキビ畑の景観はもちろんのこと、地元の人たちの穏やかな人柄に癒されたことやろね。人とのつながりを大切にしてくれる、だから毎年参加する人がいるんやと思う。わし、来年も行ってまうかも・・・

 
ふれあいパーティーの乾杯スタート。なんと泡盛飲み放題の大盤振る舞い
ふれあいパーティーの乾杯スタート。なんと泡盛飲み放題の大盤振る舞い
第一回大会から皆勤賞の参加者を表彰。千葉から参加の上島康裕さん(左から2番目)は、アットホームな大会の魅力にどっぷり浸かってしまい、今は同窓会のノリらしい。もちろん来年も参加するとのこと
第一回大会から皆勤賞の参加者を表彰。千葉から参加の上島康裕さん(左から2番目)は、アットホームな大会の魅力にどっぷり浸かってしまい、今は同窓会のノリらしい。もちろん来年も参加するとのこと
おもわず涙ぐんでしまった創作エイサー「球美若獅子太鼓」。子ども達の笑顔が印象的やった
おもわず涙ぐんでしまった創作エイサー「球美若獅子太鼓」。子ども達の笑顔が印象的やった
沖縄輪業、ツール・ド・おきなわ、美ら島センチュリーランのスタッフが、この大会をサポートする
沖縄輪業、ツール・ド・おきなわ、美ら島センチュリーランのスタッフが、この大会をサポートする
久米島町観光協会・比嘉 護会長。「みんなに支えられた手作りの大会です。 波の音と風を感じながら走ってほしい。そして最後に皆でサイクリスト同士の絆を気づいてほしい」
久米島町観光協会・比嘉 護会長。「みんなに支えられた手作りの大会です。 波の音と風を感じながら走ってほしい。そして最後に皆でサイクリスト同士の絆を気づいてほしい」
JAL自転車クラブのトレインならぬ、編隊飛行。ノッていただきありがとうございます~(笑)
JAL自転車クラブのトレインならぬ、編隊飛行。ノッていただきありがとうございます~(笑)
JTA(日本トランスオーシャン)は、久米島、石垣島、宮古島、本島南部の計81カ所にサイクルラックと ポンプ、アーレンキー、タイヤレバーを寄贈している
JTA(日本トランスオーシャン)は、久米島、石垣島、宮古島、本島南部の計81カ所にサイクルラックと ポンプ、アーレンキー、タイヤレバーを寄贈している
アスリートコースは、標高差300mの自衛隊分屯基地を特別に通過できる。 参加者の多くが、まさか基地のなかも上りやったとは・・・との声が。
アスリートコースは、標高差300mの自衛隊分屯基地を特別に通過できる。 参加者の多くが、まさか基地のなかも上りやったとは・・・との声が。


シュガーライド久米島2018
開催日時:2018年11月17日(土)・18日(日)
開催場所:沖縄県島尻郡久米島町
主催:シュガーライド久米島運営委員会
主管:沖縄県サイクリング協会、久米島サイクリング協会、琉球新報社
問・シュガーライド久米島事務局

シュガーライド久米島2018 参加レポート【前編】はこちら