ニュース

eバイクでロングツーリングへ!遊び方が広がるヤマハのラインナップ【eバイクジャパン】

新製品

一般車からドライブユニットまで、電動アシスト自転車分野の草分けであるヤマハ。今回のサイクルモードではこれまでのロードやMTBのスポーツライドだけでなく、ちょっと大人なロングツーリングの世界を表すブース展示を行った。

 

大人の休日として、eバイクの楽しみ方を提案

ヤマハブースの手前に展示される「YPJ-TC」。その奥には同社の超人気モーターサイクル・セローの姿も
ヤマハブースの手前に展示される「YPJ-TC」。その奥には同社の超人気モーターサイクル・セローの姿も
こちらはYPJ-XCを使ったオフロード遊びの一幕。これからの季節の楽しみ方にはぴったりだ
こちらはYPJ-XCを使ったオフロード遊びの一幕。これからの季節の楽しみ方にはぴったりだ

世界初の市販電動アシスト付き自転車でもあるPAS(パス)シリーズにはじまり、軽量ロードバイクモデルのYPJ-Rや、上級ドライブユニットのPW-Xを搭載し本格的なオフロード走行が可能となるYPJ-XCなど、eバイクの分野のなかでその個性が光るヤマハ。世界最大の自転車メーカーのジャイアントと共同でeバイクを開発していることでも知られ、先日ジャイアントから発表された「エスケープRX-E+」にもヤマハ製のドライブユニットが搭載されており、その完成度の高さは同社のお墨付きでもある。

今回のサイクルモードでは、ツーリングモデルである「YPJ-TC」をリアパにアバックや泥よけ、キックスタンドなどフル装備の状態で展示するだけでなく、同社のモーターサイクルであるセローや、モンベルのキャンプ用品も展開することで、大人の休日の旅のワンシーンを表現した。
現在さまざまな場所でeバイクを使った遊び方が提案されているが、ユーザーが主体となってその楽しさが拡散されていくことで、eバイク熱はますます盛り上がっていくだろう。

 


問・ヤマハ発動機