ニュース

シマノ・ステップスの勢いは止まらない!搭載モデル続々登場

新製品

今年のサイクルモード会場でも最も大きいブースを展開したシマノ。新型XTRやシューズフィッティングコーナーなどが並ぶそのブースのなかでも広い面積を占めたのが同社のE-スポーツバイクユニットであるシマノ・ステップスのコーナーだ。
 

2019年発売モデルも追加。eバイクのユニットとしてもシェアを拡大中

シマノ・ステップスE8000シリーズ
シマノ・ステップスE8000シリーズ

サイクルコンポーネントブランドとしてはもはや言わずもがなの知名度とシェアを誇るシマノ。2017年にはステップスE8000シリーズを日本国内向けにもリリース。欧州をはじめとして世界的に広がりを見せるeバイクのマーケットにおいては、未だ他社の後追いと言える存在ではあるものの、やはりそこは自転車専用コンポーネントメーカーとしての地位もあり、各バイクサプライヤーから続々とシマノ製ユニット搭載モデルが発表されている。

日本国内でも2018年の”eバイク元年”を皮切りにして、ミヤタサイクルのクルーズやBESVのTRS1など次々と搭載モデルが各ブランドからリリースされてきた。2018年のサイクルモードではそのモデルたちを一挙に公開。存在感を見せつけるとともに、eバイクってどんなもの?という来場者たちの疑問にも、ブース上で講習会を開催するなどをして応えていた。


 
ミヤタ・クルーズ
ミヤタ・クルーズ
ルイガノ・ASCENT e-sports(2019年1月発売予定)
ルイガノ・ASCENT e-sports(2019年1月発売予定)
ダボス・ダボスE-600
ダボス・ダボスE-600
セラフ・E-01S
セラフ・E-01S
メリダ・eビッグ.セブン600
メリダ・eビッグ.セブン600
ミヤタ・リッジランナー
ミヤタ・リッジランナー
ジープ・JE-279E
ジープ・JE-279E
XROSS・DX5(発売未定)
XROSS・DX5(発売未定)
東洋フレームにて発表されたステップス搭載eクルーザー「AEC」。予備バッテリーをシートチューブにマウントできるなど拡張性の高い装備だけでなく、用途もスポーツからデイリーの使用まで対応する
東洋フレームにて発表されたステップス搭載eクルーザー「AEC」。予備バッテリーをシートチューブにマウントできるなど拡張性の高い装備だけでなく、用途もスポーツからデイリーの使用まで対応する

問・シマノ