福井運動公園と鳴鹿大堰とを結ぶファインロードは、九頭竜川とその支流に沿って敷かれた自転車道。福井市街からほど近く、交通の便にも恵まれている。しかも10月29日までの日曜・祝日には、えちぜん鉄道がサイクルトレインを運行しているため、福井市街まで引き返すのもカンタンだ。
※この記事はサイクルスポーツ2006年11月号からの転載です。現在とは情報が異なる場合もありますので、ご了承ください。 地図の拡大を見る

●九頭竜川にかかるクラシカルなトラス橋はえちぜん鉄道のもの。1両編成中心のかわいらしい車両が1時間に4本ほど渡る

1.福井運動公園に接した自転車道の起点。すぐ近くに自転車道全体の案内図がある。ここから500mほどはカラー舗装されている

2.自転車道と交差する一般道に立つ交通標識。一般道側に自転車の横断に対する注意を喚起する標識があるのは珍しい

3.カラー鋪装が途切れた先は、普通のアスファルト舗装となる。並行する川の景観も野趣に富んだものに

4.自転車道に並行する川が、九頭竜川支流の足羽川に合流する地点。斜め右に見えるクルマ止めの間を縫って、足羽川左岸の河川敷へと下る
 
 福井市の南西に位置する福井運動公園は、広大な敷地のなかにサッカー場や芝生広場を備え、県民憩いの場となっている。ファインロードは公園の北に接し、日野川の支流、狐川に沿ってレンガ色のカラー舗装を進む。道は500mほどで普通のアスファルト舗装に変わり、周辺の景観も野趣に富んだものとなる。
 丸いガスタンクの脇をかすめた2km先で、自転車道に並行する川が足羽川に合流。右手に見える赤白のクルマ止めの間を縫って、足羽川左岸の河川敷へと下る。
 取材に訪れたのは、日本海側が記録的な豪雨に襲われた直後のこと。その影響もあって、自転車道の一部は土が堆積したり冠水したりしていた。堤防の上にも道はあるので、そちらを選んでもいいだろう。

5.アーチ構造の水道橋とその先の大瀬橋をくぐる。次の水越橋手前で右手の坂を上り、水越橋を渡る
 アーチ構造の水道橋とすぐ先の大瀬橋をくぐり、次の水越橋手前で堤防に上って橋を渡る。水越橋の先にも自転車道が延びているから、そのまま直進しないよう注意が必要だ。
 橋を渡って左折し、足羽川の対岸を引き返す。ところが河川敷内の自転車道は、工事で通行止めとなっている。といっても並行する堤防上の一般道を進めば、とくに意識することもなく自転車道に合流。一面に広がる水田を眺めつつ軽快にペダルを回す。
 日野川桜つづみ休憩所を経た先で、これまでたどった河川の本流となる九頭竜川に合流。古風なえちぜん鉄道のトラス橋、JR北陸本線の鉄道橋、さらには国道8号線の福井大橋などを次々と横切っていく。
 やがて右手には、イグルー(エスキモーが住む半球状の雪の家)のような建物が点在する施設が現われた。これは市内に水を供給する九頭竜浄水場。イグルーに似た建物は、地下水を汲み上げる浅井戸だ。
 続いて現われた内水面総合センターは、アユなど淡水魚の生育技術を開発する県の施設。隣接するふれあい広場には休憩所とトイレがあり、いずれも整備が行き届いていて気持ちよく使える。
 五松橋を渡って対岸に移り、さらに2km進んだ鳴鹿大堰が自転車道の終点となる。鳴鹿大堰を渡った先には九頭竜川資料館があるので、一日の行程を振り返る意味でも立ち寄ってみるといいだろう。

6.水越橋を渡ったらすぐに左折。足羽川の右岸沿いに延びる自転車道は昨年の豪雨で通行止めとなっており、堤防上の一般道を利用する


7.日野川桜つづみ休憩所には、その名に示されたように桜の若木が立ち並ぶ。それぞれ寄贈者名を記したプレートが添えられている


8.九頭竜浄水場の敷地内にあるイグルーのような建物は、地下水を汲み上げる浅井戸だ

9.内水面総合センターに隣接するふれあい広場にある休憩所とトイレ。いずれも整備が行き届き、気持ちよく使える

10.九頭竜川の治水や流域の灌漑を目的に造られた鳴鹿大堰が、自転車道の終点となる

11.九頭竜川資料館(開館時間:9時~16時30分、休館日:水曜、入館料:無料、TEL:0776・63・7125)には、九頭竜川に生息する魚類などが展示されている
地図拡大
●計画距離(整備済み距離)
26.1km(26.1km)
●区間
福井運動公園(自転車道起点)-(0:20)4.54km→水越橋-(0:15)3.79km→明治橋-(0:06)1.39km→日野川桜つづみ休憩所-(0:14)4.08km→えちぜん鉄道交差-(0:11)3.36km→中藤島河川公園-(0:19)5.47km→九頭竜川橋-(0:03)0.57km→内水面総合センター-(0:03)1.08km→五松橋-(0:09)2.37km→鳴鹿大堰(自転車道終点)
鉄道の場合:
[往路]JR北陸本線「福井駅」(大阪駅からJR北陸本線経由 2時間22分、5870円)西口から本町通りを進み、清水・越前海岸方面の案内に従って左、県道6号線に入る。すぐに九十九橋を渡り、その先にある久保町交差点の分岐も、清水・越前海岸方面に向けて右に進む。続いて運動公園の案内に従って左折し、さらにその100m先の明里交差点三差路を福井健康の森方面に向かって右。明里橋通りに入り、角に社中学校のある交差点を左に曲がった突き当たりが福井運動公園(19分、4.62km)。
[復路]九頭竜川資料館の裏手に回る感じで南下し、国道416号線にぶつかったら左折。東古市交差点を曲がって国道364号線を進むと踏切があり、線路沿いに左に進んだところが「永平寺口駅」(大阪駅までえちぜん鉄道勝山永平寺線、JR北陸本線経由 2時間17分、6310円)となる(12分、2.37km)。なお、永平寺口駅から福井駅までのえちぜん鉄道は、10月29日までの日曜・祝日にサイクルトレインを運行。運賃+200円で、完成車のまま車内に持ち込むことができる。詳しくはえちぜん鉄道お客様相談室TEL:0120・840・508まで。
クルマの場合:
福井運動公園内に無料の駐車場(営業時間:6時~19時、福井運動公園事務所TEL:0776・36・1542)がある。
●問い合わせ先
福井県土木部道路保全課TEL:0776・20・0477
●最寄りのサイクルショップ
BikeShopSUR-VA TEL:0776・25・3843
NATURAL TEL:0779・88・8225