荒川自転車道は多摩川サイクリングロードとともに首都圏を代表する自転車道であり、休日・平日を問わず多くのサイクリストでにぎわう。また、起終点近くの一般道との併用区間を除けば、周辺の景観も案内標識の充実ぶりも、〝自転車道″と呼ぶにふさわしい水準を誇っている。
※この記事はサイクルスポーツ2007年1月号からの転載です。現在とは情報が異なる場合もありますので、ご了承ください。 地図の拡大を見る

●首都圏の自転車道だけに、平日であってもサイクリングやトレーニングにいそしむサイクリストが多い

1.北浦和公園からしばらくは、ケヤキ並木に沿って国道463号線に併設された歩道を進む

2.羽根倉橋東交差点を右折した先が、自転車道の実質的な起点となる

3.広大な河川敷には、運動公園も数多くある

4.JR川越線の踏切を渡った先で鋭角に右にクランクする
  北浦和駅西口から大通りをわずかに進んだ北浦和公園。荒川自転車道はここから始まる。しばらくは国道463号線に併設された歩道とあって自転車道らしくないけれど、代わりに日本一の長さを誇るケヤキ並木(延長約17km)が目を楽しませてくれる。埼玉大学正門前をかすめ、起点から5km進んだ羽根倉橋東交差点を右折。ここが自転車道の実質的な起点となる。
 500mほど先にある工事区間は、案内標識に従ってう回。荒川は都市河川でありながら河川敷が広大で、走るにつれてゴルフ場や運動公園、水田などが次々と目に飛び込んでくる。逆に川の流れを見ることができないため、河川に沿った自転車道であることを忘れてしまいそうにもなる。
 JR川越線の踏切を渡った先で、道は案内標識に従って鋭角に右にクランクし、国道16号線に併設された歩道となる。といってもその距離はごくわずかで、差し掛かった上江橋の途中で左に分岐する。そのまま河川敷に下ってUターンした道は、荒川と入間川にはさまれた細長い土地を貫いて入間大橋へ。ここで入間川自転車道が左に分岐する。一方の荒川自転車道は、信号のある横断歩道を渡って堤防の外側へと続く。
 やがて視界に飛び込んできたのは、セスナとヘリコプターでの遊覧飛行が楽しめるホンダエアポート(TEL:049・299・1111)。当日受付もあるので、時間とお金の余裕があればぜひ。
 さらに平面交差となる県道12号線を横断歩道で渡り、松永橋を渡った先の県道33号線も平面交差。まもなく現われるさくら堤公園は、春にはサクラのトンネルとなる。ここには水場やトイレもあって、ひと休みするにはうってつけだ。
 吉見総合運動公園を経て上流に向かった道は大芦橋に至り、そこで交差する県道66号線を左。すぐ先の五差路を右斜め前方に向かう県道307号線へと進む。ここから先は右側の歩道が自転車道となっており、それは終点の武蔵丘陵森林公園まで続く。とくに東平北交差点を右折した先は、ほんのわずかとはいえ路側帯のみの車道右側を進まなければならない。そのため森林公園まで走り通したいという理由でもない限り、あえて走らなくてもいい区間といえる。ただし、森林公園の南口から東武東上線の森林公園駅まで自転車道が整備されているので、電車を利用するときの都合はいい。

5.上江橋の途中で左に分岐した道は、そのまま河川敷へと下る


6.入間大橋手前の案内標識。荒川自転車道は矢印に従って進み、入間川自転車道は川越に向かって橋を渡る


7.ホンダエアポートでは、セスナとヘリコプターの遊覧飛行が楽しめる

8.県道12号線を渡ったところ。右が自転車道のように見えるが、その道と一般道にはさまれたところが実際の自転車道

9.春にはサクラのトンネルができるさくら堤公園

10.大芦橋から進んだ先の五差路には自転車道の案内標識はなく、そのまま直進しそうになる

11.ほんのわずかだが、路側帯のみの車道の右側を進む

12.終点となる武蔵丘陵森林公園の中央口。園内にもサイクリングコースがある
地図拡大
●計画距離(整備済み距離)
45.6km(45.6km)
●区間
北浦和公園入口(自転車道起点)-(0:17)4.96km→羽根倉橋東交差点-(0:09)2.62km→荒川総合運動公園-(0:23)7.25km→上江橋-(0:10)4.53km→入間大橋-(0:13)4.78km→ホンダエアポート-(0:18)6.67km→松永橋-(0:28)9.98km→大芦橋-(0:22)6.74km→森林公園中央口(自転車道終点)
鉄道の場合:
[往路]JR京浜東北線「北浦和駅」(東京駅からJR京浜東北線経由 38分、450円)西口から大通りをわずかに進んだ北浦和公園が自転車道の起点(2分、0.21km)。ここから国道463号線のケヤキ並木を進む。
[復路]森林公園中央口からそのまま県道307号線を直進。突き当たった福田交差点から県道173号線を左に進み、武蔵丘陵森林公園の南口から東武東上線「森林公園駅」(東京駅まで東武東上線、JR山手線経由 1時間21分、890円)までは、自転車道が通じている(14分、4.42km)。
クルマの場合:
さくら堤公園手前に無料の駐車場がある。
●問い合わせ先
埼玉県県土整備部道路環境課TEL:048・830・5103
●最寄りのサイクルショップ
スポーツサイクルマイペース TEL:048・824・6383
サイクルファクトリーアライ TEL:0492・61・4623
レーシングスポーツフジタ TEL:0492・24・3446
サイクルセンターしも TEL:049・222・3737
みさかサイクル TEL:048・775・3275
セオサイクル上尾店 TEL:048・772・9161
サイクルショップオクムラ TEL:048・786・6118
cicliHIDE TEL:048・592・2011
●最寄りのサイクリング道路
本文に記したとおり、途中で入間川自転車道が左に分岐するほか、松永橋の手前で比企自転車道も左に分岐するのだが、この区間は未整備となっている。