すばらしい展望が開ける万灯呂山。この山を取り囲む林道には適度なアップダウンがあり、MTBロングライド王滝のトレーニングにうってつけ。ペース次第で初心者から上級者まで楽しめるということで、井手町商工会議所が主催する「山吹MTBチャレンジフェスタ」にも利用されている。
クルマ1台分の幅のダブルトラックがメイン。路面は軽トラックでも走れる締まったダートで、初心者でもまったく問題ない。本文に記したように林道の分岐が何カ所かあるので、地形図を持参したほうがいいだろう。また、モトクロスのオートバイやRV車なども利用するため、休日だと何度かすれ違うこともある。農作業や林業にも利用されるため、下りのオーバースピードとブラインドコーナーには注意が必要だ。ルート上にコンビニエンスストアはない。アプローチの途中で食料や飲料は確保しておこう。
※この記事はサイクルスポーツ2008年5月号別冊付録からの転載です。現在とは情報が異なる場合もありますので、ご了承ください。 地図の拡大を見る

●走りやすい京都のダブルトラック。林道だが、行政区分上は町道

●舗装路が右に曲がるところを、正面に見えるジープロードに進入する

●林の中を進む道は、締まったダート。初心者でもまったく問題なく走れる
 JR奈良線の山城多賀駅駅前にある多賀小学校を回り込み、府道70号線を渡って道なりに東に進むと南谷川のほとりに出る。右岸に沿って川をわずかにさかのぼり、「山城多賀フルーツライン」の看板を目印に川を横断。ここから「万灯呂山」の道標に従って、舗装路の上りが始まる。
  やがて右手に茶畑が見え、舗装路が右に曲がるところにも「万灯呂山」の道標が現われる。ただし今度は従わず、正面に見えるジープロードに進入する。クルマによるアプローチの場合は、万灯呂山の山頂にある駐車場からこの分岐まで下りてくればいい。
  しばらくは林の中を進む。龍王の滝を経て上る林道には分岐がいくつかあるものの、すべて道なりに進めばオーケー。川沿いの道を詰めるにつれて傾斜はきつくなり、急な舗装区間の先で樹木が途切れて視界が開ける。
  そこからさらに進んで峠を越え、坂を下りきった先、左手に現われたゲートを通過すると大正池の園地内。湖畔の道を行くと、舗装された府道321号線(井出和束線)に合流する。
  井出方面に向かって300mほど下ると、右がダートの林道となる十字路があり、曲がって林道に入る。この先も先ほどの林道と同様、分岐を無視して道なりに上る。
  峠を越えてからの下りは、路面状況がよくてスピードが出やすいうえ、ブラインドコーナーも多いので、対向車への注意が必要。。アップダウンを繰り返してしばらく行くと、舗装路の急カーブに突き当たる。右に向かって坂を上ると万灯呂山、左に向かって坂を下るとスタートした林道入り口へと戻る。
  初心者には走り応えのある気持ちのいい散策路、上級者には結構きついロングコース(ハイペースで走った場合)となるこのルートは、レベルを問わず、だれでも楽しむことができるはず。周辺には林道がたくさんあるので、組み合わせて上級者向けにしたり、周回コースにしたりといったアレンジも楽しめる。

●農作業や林業にも利用されるため、下りのオーバースピードとブラインドコーナーには注意が必要


●貯水量22万tを誇る大正池。水面に映る四季の風情を楽しむ人々の憩いの場ともなっている


●湖畔の道を行くと、舗装された府道321号線(井出和束線)に合流する

●ダートの林道に向かって道を右に曲がったところ

●井出方面に向かって300mほど下ると、右がダートの林道となる十字路がある

●先ほどの林道と同様、分岐を無視して道なりに上っていく

●峠を越えてからの下りは、スピードが出やすいうえにブラインドコーナーが多いので、対向車への注意が欠かせない

●突き当たった舗装路の急カーブは、右に向かうと万灯呂山、左に向かうとスタートした林道入り口に戻る
地図拡大
反田雄一郎(店長)
シルクロードは「楽しみを売るお店」です。自転車を売るより、いかにみなさんに楽しんでもらえるかに命を燃やします。店から自走で行ける範囲にも楽しいフィールドがたくさん。レースも参加しますが、遊びがメインです。一度お店に遊びにきてください。おいしいコーヒーを煎れて待っています。
■シルクロード
〒630・0122 奈良県生駒市真弓2丁目4-10
TEL0743・79・9592 FAX0743・79・9599 
URL:www.srbike.com
●営業時間:12時~20時 ●定休日:水曜 ●おもな取り扱いブランド:キャノンデール、カレラ、オルベア、デローザ、メルクス、タイム、チネリ、スペシャライズド、スコット、ジェイミスほか
鉄道の場合:
JR奈良線「山城多賀駅」(大阪駅からJR東海道・山陽本線、JR奈良線経由 1時間3分 950円)
クルマの場合
万灯呂山(大峰)の頂上に無料駐車場がある。木津川流域が見渡せ、景色は最高。
■龍王の滝
京都府綴喜郡井手町大字多賀 TEL0774・82・2001(井手町役場)
南谷川上流にある落差13mの滝。その名のとおり水を司る「龍神」が祭られており、日照りが続いたときには村人の手で「雨ごい」の神事が行なわれていた。
■大正池
京都府綴喜郡井手町大字多賀小字一ノ谷 
TEL0774・82・2001(井手町役場)
貯水量22万tを誇るダム池。満々と水をたたえた池のほとりは、水面に映る四季の風情を楽しむ人々の憩いの場となっている。東岸にはキャンプやバーベキュー、釣りなどのアウトドアレクリエーションが楽しめる「大正池グリーンパーク」(受付時間:9時~17時 休業日:月曜※祝日の場合は火曜&年末年始 TEL0774・99・4733)もある。
■万灯呂山
京都府綴喜郡井手町大字多賀 TEL0774・82・2001(井手町役場)
山頂からは木津川や井手の街並み、さらには京都の町までもが一望できる。毎年8月16日には地元の人たちが電球による大文字の送り火を点している。「万灯呂」の名は、かつてたいまつ行列が行なわれていたことに由来する。