かねこれーしんぐは、「さいくるしょっぷ かねこ」を母体とするクラブチーム。日曜の午前中に行なっている日曜練習会には30人を超えるメンバーが集まるほど活動は活発で、05年JCRCのS級シリーズチャンピオンやシマノもてぎオープンでの優勝&準優勝、全日本マウンテンサイクリングin乗鞍での4位など実績も豊富だ。今回はチームキャプテンを務める戸森宏さんに、練習会で使われるコースを紹介してもらった。
集合場所となるショップ前は、国道17号線に面している。そのため交通量がとても多く、注意が必要だ。大芦橋を渡った先の三田坂は、道幅が十分あるので繰り返し練習がしやすい。長谷工業団地を貫く直線路は、休日ともなるとクルマの出入りがなく、静かでとても走りやすい。また、休憩ポイントである笹屋商店は、武蔵丘陵森林公園の中央口付近。この近くには有料駐車場があり、クルマでのアプローチの際に利用できる。
※この記事はサイクルスポーツ2008年5月号別冊付録からの転載です。現在とは情報が異なる場合もありますので、ご了承ください。 地図の拡大を見る

●手島土手といわれるフラットな3㎞の直線。力勝負となって時速45kmを超える

●定例の日曜練習会には30人を超えるメンバーが集まる。最前列左がレポートを執筆してくれた戸森宏さん

●村岡交差点で国道407号線を渡って荒川の堤防へ
 毎週日曜の8時30分になると、ショップの店頭にクラブ員が続々と集まってくる。スタートした面々は、国道17号線を西に向かって330mの久下交差点を左折。荒川の堤防に上がり、鴻巣方面に向かって2kmほどのウォームアップ。左手の荒川パノラマ公園を過ぎたところで大芦橋を渡り、三田坂と呼ばれる800mほど(高低差80m)の坂を目指す。
  上り終えて1kmほど進むと信号がある。この信号手前のT字路を左折し、ポンポン山方面へ500mほど進んで最初の信号を右。長谷工業団地を貫く直線1㎞ほどの長い坂を上り、突き当たりを左に曲がる。
  北向き地蔵を過ぎて500mほど下り、左手にガソリンスタンドのある信号を左。そこから100mほど緩やかに上った1つ目の三差路も左。グリーンヒルゴルフ練習場横のこう配8%の坂を上り、そのまま直進して800m先の十字路は右折となる。ポンポン山を通過し、突き当たりを右折。横見川に沿って1kmほど進んで八丁湖に向かう。
  突き当たりにある八丁湖の看板で左折し、心臓破りの「八丁湖の坂」(こう配12%、高低差20m)を上る。吉見観音の前を通過すると、先ほど目にしたガソリンスタンドがある。そこを右折して先ほど通った道を500mほど戻り、最初の信号を左折。
  そのまま1kmほど下ったところが古墳時代の横穴墓群である吉見百穴の入り口。ここから市野川沿いに300mほど走り、県道271号線を左。国道407号線バイパスに突き当たった天神橋交差点を右に曲がり、ミニストップを目印に今度は左。旧国道を右に進んで松山北分署の先を左。そのまま1kmほど緩やかな上りが続き、合流した県道391号線を右。2kmほど緩やかなアップダウンが続いたのち、大谷交差点を左折して県道307号線に入る。
  武蔵丘陵森林公園中央口に向かって2.5kmほど進んだところが中間ポイント。近くの笹屋商店で30分ほどクラブ員同士で歓談し、後半戦へと突入する。
  森林公園中央口を通過し、福田交差点で県道173号線を横断。県道に並行する道を北上して福田小学校の脇を通過し、和田川を渡った先を左。その1.3㎞先を右折して道なりに進み、農林総合研究センターの脇を経て熊谷市江南の住宅街を抜け、県道11号線に合流。1.8㎞ほど直進して陸橋のある村岡交差点を渡って荒川の堤防へ。手島土手といわれるフラットな3㎞の直線では、集団は力勝負となって常に時速45kmオーバーとなる。
  近づいてくる久下橋を渡り、荒川左岸の堤防を吹上方面へ2㎞ほど。行きに通った道への合流を左折し、来た道をショップまで戻る。

●コースの中間地点で、休憩ポイントとなっている笹屋商店


●釣りやボート遊びで人々が憩う八丁湖


●「八丁湖の坂」と呼ばれる心臓破りの坂道

●武蔵丘陵森林公園の中央口付近。近くには有料駐車場があり、クルマでのアプローチの際に利用できる
地図拡大
金子静寿(店長)
ショップを始めてから20数年がたちました。かねこれーしんぐの監督を務め、毎月第3日曜にはクラブイベントとしてお客さんとともに自転車で走り、毎回新たな発見を楽しんでいます。また、大所帯のクラブチームを率いた武蔵丘陵でのサイクリングに加え、毎朝5時30分からの早朝練習会で秘密の特訓もしています。「自転車をどれだけ乗って遊べるか? ただそれだけ」とシンプルさが身上。みなさん、一緒にサイクリングしましょう!
■さいくるしょっぷ かねこ
〒361・0045 埼玉県行田市押上町14-2
TEL048・556・3368 FAX048・556・4476
●営業時間:10時~20時 ●定休日:月曜 ●おもな取り扱いブランド:アンカー、パナソニック、コルナゴ、デローザ、インターマックス、スコット、ビアンキほか国内外有名ブランド
鉄道の場合:
JR高崎線「行田駅」(東京駅からJR山手線・京浜東北線、JR高崎線経由 1時間6分 950円)東口より県道136号線をわずかに進み、交差する国道17号線を左折すると、道の反対側にさいくるしょっぷ かねこがある。
クルマの場合:
コース途中の武蔵丘陵森林公園に有料駐車場がある(610円/1日)。
■八丁湖
埼玉県比企郡吉見町黒岩 TEL0493・54・1511(吉見町役場)
水田耕作のために造られた溜め池で、ヘラブナ釣りやボート遊びが楽しめる。また、4月はサクラ、6月はアジサイの咲く花の名所でもある。
■吉見観音
埼玉県比企郡吉見町御所374 TEL0493・54・1511(吉見町役場)
正式な名称は岩殿山安楽寺。坂東三十三所の第11番札所で、今から約1200年前に行基上人が、観世音菩薩像を彫って岩窟に納めたのが始まりとされる。境内にある本堂と三重塔と仁王門は県指定の文化財。
■吉見百穴
埼玉県比企郡吉見町327 TEL0493・54・4541
開園時間:8時30分~17時 休園日:なし 入園料:300円/大人
古墳時代の末期に造られた横穴墓。名前は百穴となっているが、確認できる横穴の数は219基に上る。埋葬されたのは、豪族や渡来人といった特殊な集団に属する人々であったと推定される。