今回とっておきのコースを紹介してくれたのは、静岡市のシンボル駿府公園の南西に店を構える石川サイクルさん。背後に丘陵が迫るという地の利を生かし、市街地にあるショップでありながら、ロングのダート走行からヒルクライムまでさまざまなイベントを手がけている。
地図の拡大を見る

●上り返しのないダートを豪快に下る

●旧道への入り口は、「ヤマメつりぼり・あまご処」のノボリ旗が目印

●斜面が崩れているところもあるので要注意! 最新情報は管理する静岡市に確認する
 静岡市の藁科川側から安倍川側へと、ダイナミックに山越えする「林道樫ノ木峠線」を紹介しよう。シングルトラックを走りこなす技術のない初・中級者でも安心のフラットダートで、展望も良好。ただしアクセスに時間を要し、距離感と上りの長さもなかなかのものだ。
 静岡市葵区研屋町にある石川サイクルを、スタート&ゴールとする。近くを走る国道362号線を川根方面に向かって進み、安西4丁目交差点を左折。安倍川にかかる安西橋を渡り、藁科川沿いに12kmほどひたすら北上する。途中、新間トンネルの先にあるサークルKが往路最後のコンビニエンスストアとなるので、食料はここに至るまでに忘れずに調達しておくこと。
 支流の黒俣川との出合いに位置する昼居渡の分岐で国道362号線に別れを告げ、右手の赤沢方面へと県道60号線を進む。さらに藁科川沿いを15kmほど緩やかに上っていくと、樫の木峠ふもとの日向地区に到着する。
 目立った目標物はないが、川沿いにストレートに延びる新道と「ヤマメつりぼり・あまご処」のノボリ旗を目印に、ストレート手前から旧道の小向地区に入る。すぐ先の酒販店の横に「林道樫の木線(終点)」の看板があり、ここが林道樫ノ木峠線の起点となる。
 林道に入ってしまうと、自然の湧き水以外、山を越えてなお数km先まで水場がないため、入り口の酒販店の自販機などで飲料を補給しておくといい。
 林道をしばらく上っていくと、ヤマメの釣り堀が見えてくる。この付近で民家はなくなり、やがて舗装路が終了。その先はフラットなジープロードが続き、初心者でも走りやすい。分岐もいくつかあるが、道なりに走っていけばまず迷う心配もない。ただし距離感がつかみにくく、しかもひたすら上っているので、「いったいどこまで上ればいいのか」と、不安に駆られることもある。慣れない人は多人数で行くほうが精神的に楽だろう。道端には「熊出没注意」の看板も出ているから、万が一熊に出くわした場合でも、多人数なら困らない。熊避けの鈴を持っていけばなお安心。
 さて、この林道。沢に沿って上り詰める道が右に巻き、目標とする尾根にいったんたどり着くものの、林道は尾根伝いには延びず、等高線に沿って次の尾根も巻く。そこから尾根のピークを目指して高度を上げ、尾根を越えてからもさらに等高線に沿って進み、ようやく目指す尾根のピークを越える。そのため直線距離にすればわずかなのに、距離感がつかみにくくて妙に長く感じるのだ。
 樫の木峠に到着すると、林道は東斜面に移り、上り返しのない豪快なダウンヒルコースとなる。こちら側の路面のほうがガレていて、コーナーの先にクルマ止めのバーなどもあるため、スピードは控えて慎重に下ろう!
 林道終点の内匠まで下ったら、合流した県道189号線を鋭角に右折して玉川方面へ。玉川橋をはじめとする3本の橋を経由し、安倍川に掛かる玉機橋を渡った先、油島のT字路を右折すれば、あとは道なりに県道27号線(井川湖御幸線)を南下、馬場町の交差点を土手通りに右折してショップに戻る。

●下りの途中、景色が開けるところで小休止

●ようやくたどり着いた樫ノ木峠。したたり落ちる顔面の汗を拭う
地図拡大
石川哲夫さん(社長=右)
還暦を迎えてもまだまだ現役バリバリです。最近はのんびりサイクリング志向ですが、集団になると、つい先頭を引きたがる!
石川 剛さん(店長=左)
XCもDHもロードも何でもこなす34歳。でも遅い! 一日かけて林道を走るツーリングは最高です。本当はその後のビールのほうが楽しみ?
■石川サイクル
〒420・0029 静岡県静岡市葵区研屋町44-2
TEL:054・252・2877 FAX:054・252・2859
URL:www2.tokai.or.jp/swift/
●営業時間:9時~20時●定休日:水曜、第3日曜、イベント開催時●主な取り扱いブランド:キャノンデール、スペシャライズド、GT、ブードゥー、インターマックス、タイム、コルナゴ、デローザ、アレックスモールトン、ビアンキ、ブリヂストン、ルイガノなど
[アドバイス]
新間のサークルKの先にはコンビニエンスストアがないので注意! トイレ休憩は夜打島の「わらびこ」と赤沢の「ふるさと茶屋」で。帰りルートの牛妻から松富付近までは道が狭く、クルマの往来が激しいので注意すること。
鉄道の場合:
JR東海道新幹線&東海道本線「静岡駅」(東京駅からJR東海道新幹線経由 1時間10分、5980円)北口から北西に延びる呉服町通りを1km進み、角にモービルのガソリンスタンドがある交差点を左折。そこから150m進んだ右側が石川サイクルとなる。
クルマの場合:
東名高速道路「静岡インター」(東名高速道路「東京インター」から、東名高速道路経由 4100円)から県道84号線(インター通り)を北西に進み、国道362号線との交差を左。そのまま道なり10.5kmに、後に紹介する「わらびこ」がある。
●わらびこ
静岡市葵区大原1834
TEL:054・270・1501
www.city.shizuoka.jp/deps/norin/soumu/warabiko/warabi.html
ここにはなんと、無料の風呂がある。温泉ではないが、ゴールをここに設定すれば、最後に風呂に入って疲れが取れる。
利用時間:10時30分~15時、休館日:月曜※祝日の場合は翌日 月の末日
●三勝
静岡市葵区屋形町4 TEL:054・252・0207
営業時間:11時~19時、定休日:木曜
●万里
静岡県静岡市葵区一番町17 TEL:054・255・8866
営業時間:11時~20時30分、定休日:月曜
どちらもショップ最寄りの食事どころ。そば&うどん、丼物の「三勝」も、中華料理の「万里」も最高の味。練習から帰ってきてから、このどちらかで昼食となるのだが、それが楽しみという人も多数いる。
[ショップ主催イベントの告知]
朝の練習会
●日時:毎週日曜8時~昼●集合場所:石川サイクル●参加費:無料●備考:ロードメインの練習ですが、月に1、2回はMTBで山を走ります。どなたでも参加できます。
梅ヶ島ヒルクライム
●日時:毎年6月に開催●参加費:1000円●備考:20年以上続いている老舗のヒルクライムレースです。
3、その他
お花見や忘年会や富士山登山など、自転車以外のお楽しみイベントも盛りだくさんです。また、チームSWIFTレーシングでは、メンバーを募集しています。