自転車やパーツを売るだけでなく、楽しく乗るための情報や知識を教えてくれる……、これはサイクルショップを選ぶときの大切な条件だ。なかでも「どこを走ったらいいのかがわからない」という基本的かつ切実な悩みにこたえるため、定期的にイベントを催すショップは、ビギナーにとって頼もしい味方となる。こうしたプロショップやクラブチームに、ビギナーでも楽しく安全に走れるとっておきのコースを紹介してもらった。
地図の拡大を見る

●ウォーミングアップを兼ね、スピードを抑えて周回路を1列で走行する

●確実な先頭交代を身に付けよう

●あらかじめ周回タイムを決め、5人前後のグループで一定の速度で走るスピード練習
 スタートは、印旛沼(いんばぬま)自転車道の小さな名物公園である双子公園。親子のナウマン象と見晴し台が目印となる。ここには約30台分の無料駐車場とトイレがあり、さらに県道65号線を挟んだはす向かいにはコンビニエンスストアまであって、集合場所にぴったりだ。
 ここから自転車道を北上して北印旛沼や利根川を目指しても、また、南下して佐倉ふるさと広場のオランダ風車を脇に見ながら東京湾を目指しても、それはそれで十分に楽しめるけど、今回は複数のロードレーサーで走るのにうってつけのトレーニングコースを案内しよう。

 双子公園の出入り口正面には、印旛沼を干拓してできた豊かな田んぼが広がっている。その田んぼの真ん中を、一直線に延びる農業道路を進もう。
 ここからは道幅が狭いうえに成田方面への抜け道でもあるので、クルマには十分な注意が必要。1列で前後の確認をしっかりしながら走ろう。ビニールハウス先の突き当たりを左に、すぐの十字路を右に曲がる。

●クルマの通行量が少ないとはいえキープレフトを徹底し、車間距離を一定に保とう
 途中で道なり左に曲がり、その500m先で京成本線の京成酒々井駅に向かう道と交差。その先を道なり左に曲がって進み、 1・5kmほど先の十字路も直進する。ここは周りの草の背丈が高く、左右の確認がしにくいところだ。
 ここから約1kmで突き当たり。この突き当たりを起点にしてまず左に曲がり、すぐのT字路を左に約1km。次のT字路をさらに左に曲がって 、先ほど直進した交差点を停止線に注意して左折して進むと、最初に突き当たった起点に戻ってくる。これで1周約3・2kmの周回路が取れる。
 この道は道幅が狭くセンターラインはない。アップダウンもまったくないが、クルマの通行量が少ないため、2人から5人くらいで先頭交代を しながら定速で周回練習をするにはうってつけ。
 集合場所から周回路までの約6kmでは、ウォーミングアップにはちょっと距離が足りないので、最初の1、2周は路面状況を確認しながら、 スローペースで走ることをお勧めする。

参加者のレベルに合わせた巡航速度を設定しての練習は効果的で、B・C・BLANCHEのメンバーだけでなく、 順天堂大学の自転車競技部やトライアスロン部、そして地元競輪選手の姿も頻繁に見かける。
 帰りは少し大回りして自然がたくさん残る北印旛沼方面に向かい、水路沿いの自転車道を南下して双子公園に向かってもいいだろう。

●確実な先頭交代を身に付けよう

●あらかじめ周回タイムを決め、5人前後のグループで一定の速度で走るスピード練習

●あらかじめ周回タイムを決め、5人前後のグループで一定の速度で走るスピード練習
 
地図拡大
中務博司さん
ロードレーサー歴30年。登録メンバーが100人を超えるB.C.BLANCHE(ブランシュ)を20年前に立ち上げる。日本マウンテンバイク協会の公認インストラクターであり、「冬だっぺよ24時間耐久レース」の企画運営にも携わる。
■タキサイクル
〒285-0862 千葉県佐倉市新臼井田22-2
TEL.043・461・7756
URL:www.takicycle.com
●営業時間:10時~20時●定休日:火曜●主な取り扱いブランド:キャノンデール、ピナレロ、オペラ、トレック、クライン、インターマックス
[アドバイス]
道幅が狭いので、1列で走ることを心がける。先頭交代は左回りとし、交代するときの速度変化に気を付けよう。平均速度は脚力によって異なるが、時速30?35kmに設定してみるといいだろう。一定のペースで30周(約100km)を走るLSDトレーニングも効果的。
鉄道の場合:
京成本線「京成酒々井駅」(東京駅からJR山手線、JR総武線、都営浅草線、京成本線経由 1時間19分、960円)西口から 県道64号線を渡って延びる道を1.2kmで、周回路に向かうルートの途中に合流する。
クルマの場合:
東関東自動車道「佐倉インター」(東関東自動車道「湾岸市川インター」から東関東 自動車道経由 1100円)から、県道65号線、国道296号線、県道65号線経由で約10kmの双子公園に無料駐車場がある。

[コース周辺の味どころ&見どころの紹介]
●メタルアートミュージアム ひかりの谷
千葉県印旛郡印旛村吉高2465
TEL.0476-98-3151〈WEB SITE
佐倉市出身の鋳金作家である香取秀真と津田信夫ほか、大正から昭和にかけての金属工芸作家の作品をおもに展示する。金属を用いて制作された作品や金属を媒体として制作された作品を展示する企画展も随時行なっている。
開館時間:10時~17時(4月~9月は ~18時)、休館日:月曜&祝日の翌日、入館料:500円/一般
●宗吾霊堂
千葉県成田市宗吾1-558
TEL.0476-27-3131〈WEB SITE
「宗吾霊堂」の名で知られているが、正しくは真言宗豊山派の東勝寺が管理する仏堂の名前。江戸時代に下総国佐倉藩下の君津村で名主総代を務めていた木内宗吾は、飢饉に襲われた農村の窮状を時の将軍家綱に直訴。禁制を破ったことで死罪となったも のの、農村は救われたという。霊堂は明治に入り、宗吾の威徳をしのんで建てられ た。

[ショップ主催イベントの告知]
朝練は毎週日曜の8時から、集合場所は本文にあるとおり双子公園となります。参加費は無料ですが、参加希望者は必ず前もって連絡してください。