自転車やパーツを売るだけでなく、楽しく乗るための情報や知識を教えてくれる……、これはサイクルショップを選ぶときの大切な条件だ。なかでも「どこを走ったらいいのかがわからない」という基本的かつ切実な悩みにこたえるため、定期的にイベントを催すショップは、ビギナーにとって頼もしい味方となる。こうしたプロショップやクラブチームに、ビギナーでも楽しく安全に走れるとっておきのコースを紹介してもらった。
地図の拡大を見る

●福田寺の看板からのアプローチでは、長坂山方面を見渡せる

●長坂山道は、2つめのピークまで急勾配の上りが続く

●源義経は、この道を使って鵯越へと向かった
 コース名にある義経道とは、源義経が鵯越への進軍路に使ったとされる道のこと。この義経道の一部を使ったコースを紹介しよう。
 スタートは県道85号線、神戸市北区山田町地内の坂本交差点あるいは福田寺の看板。
 坂本交差点からスタートした場合は、100mほど南下して左折。アスファルト舗装された細い道を500m進み、最法禅寺の矢印に従って右。その先のT字路も右を選び、続く三差路を左に進むと、路面はコンクリート舗装に変わり、いよいよ山中に分け入っていく。

●コース途中の分岐は、「太陽と緑の道」の標柱と「焦げ茶色の看板」を頼りにする
 福田寺の看板からスタートした場合は、アスファルト舗装された畦道を山へ向かって走る。すると「太陽と緑の道」の看板があり、その先から上りが始まる。
 どちらのルートを選んでも、コンクリート舗装だった道が途中からダートになるが、乗車率は高い。
 木々に囲まれた山道は、夏場なら涼しくて快適。見晴しのよいところがほとんどないのが少し寂しく感じるものの、福田寺の看板からのアプローチでは、コンクリート舗装が切れたあたりで眺望が開け、長坂山方面を見渡すことができる。
 路面はしっかりと締まっていて、浮き石も少ない。そのため勾配が急なところでもタイヤのグリップを失うことがなく、グイグイと上っていける。ただし、2つの道が合流して500mほどのところで、道が崩落して狭くなっているため要注意。また、そこから400m先には、岩が露出して乗車困難な場所が50mほど続く。
 この2つの難所を通り抜けた先で道はピークに達し、藍那に向かって緩やかに下っていく。

●岩が露出して乗車困難な場所が、50mほど続く
 田園地帯に出た道は、コンクリート舗装路に戻る。調子に乗ってスピードを上げると、そのまま藍那小学校まで下ってしまうので、逆V字に左へ入る道(長坂山へ向かう)を見落とさないように。分岐には「太陽と緑の道」の標柱があり、目印となっている。
 その長坂山道は2つめのピークまで急勾配の上りが続くため、よほどパワーのある人以外は乗車困難。長坂山道に入ってすぐの分岐の、特に左(北)側のルートが急坂となる。苦労して上った後の楽しい下りを心の支えにして、上り坂にチャレンジするといいだろう。

 たどり着いた2つめのピークには、長坂山山頂へ向かう道があるが、山頂まで押し担ぎの連続。しかも山頂は木に囲まれて眺望は開けず、がっかりさせられる。ピストンとなる道なので、あえて山頂まで向かわなくてもいい。
 ここから先は、少し狭めの3km弱の下り。
 途中1カ所あるガレ場以外は快適に下れるうえ、眺望の開けたところからは、神戸市北町の大規模な団地群を箱庭のように見える。
 六甲山のすぐ西に位置するこのルートは、ハイカーは少なく乗車率が高い。
 ビギナーでも楽しめるが、MTB専用道ではないことをくれぐれもお忘れなく。
 なお、義経道・長坂山道ともに距離は約4kmで、所要時間は30分~1時間となる。
 

●道が崩落して狭くなっている

●高圧線の鉄塔管理道入り口を示す「火の用心」の看板

●神戸市北町の大規模な団地群を箱庭のように見る
 
地図拡大
 
阪井 悟さん(店長)
お気に入りの自転車に乗っているだけでゴキゲンなのですが、レースにも出たいしツーリングにも行きたい。そこで貧乏ひまなしの時間をやりくりしたり、イベントをでっち上げたりして、自転車に乗る時間を作り出しています。
■スポーツバイシクル サカイ
〒655-0041 兵庫県神戸市垂水区神陵台8-1-8
TEL.078-787-2236
FAX.078-787-2231
URL:www.s-bicycle.com
●営業時間:12時~21時●定休日:月曜●主な取り扱いブランド:オルベア、ラーレー、タイム、チネリ、カレラ、フェルト、GT、ジャイアント、アンカーほか
[アドバイス]
コースの途中には分岐が多いものの、神戸市が設定したハイキングコース「太陽と緑の道」の標柱と「焦げ茶色の看板」に従えばまちがえることはない。一方、赤い「火の用心」の看板は、高圧線の鉄塔管理道入り口を示しているため、整備された走りやすい道も鉄塔で行き止まりとなる。ハイカーやオフロードバイクに注意を払い、安全な走行を心掛けよう。
鉄道の場合:
神戸電鉄有馬線「箕谷駅」(阪神梅田駅から阪神本線、神戸電鉄有馬線経由 1時間、830円)から、国道428号線、県道85号線経由で約4.6km
クルマの場合:
阪神高速北神戸線「箕谷インター」(阪神高速神戸山手線「神戸長田入口」から阪神高速神戸山手線、阪神高速北神戸線経由 500円)から、国道428号線、県道85号線経由で約6.1kmの箱木千年家近くに有料駐車場(9時~18時、500円/1回)あり
[コース周辺の味どころ&見どころの紹介]
●六條八幡宮
兵庫県神戸市北区山田町中字宮ノ片57
TEL.078-581-2187
平安中期の創建と伝えられている。境内にある三重塔は、神仏が習合されていた時代にあった神宮寺・円融寺の塔で、国の重要文化財に指定されている。
●箱木千年家
兵庫県神戸市北区山田町衝原字道南1-4
TEL.078-581-1740
室町時代前半に建てられたと推定され、現存する民家としては日本最古のもの。
●神出山田自転車道
神戸市西区神出町東から神戸市北区山田町下谷上までの延長19.8km。つくはらサイクリングターミナル(営業時間:9時~17時 定休日:火・水曜 TEL.078-581-8461)には貸し自転車(300円/2時間+100円/1時間ごと)も用意されている。
[ショップ主催イベントの告知]
当店のウェブサイト(www.s-bicycle.com)で、毎月の予定を出していますのでご覧ください。
どなたでも参加していただけますが、傷害保険等は用意していませんので、自己責任でご参加ください。また、ヘルメット・グローブの着用もお願いします。気軽に参加してください。そして一緒に楽しく走りましょう!