トピックス

日本初!eバイクブランド大集合の特別試乗会 「第1回 伊豆E-BIKEフェスティバル」レポート!【eバイクジャパン】

静岡県は伊豆の道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」にて、国内主要eバイクが一同に会した試乗会「第1回 伊豆E-BIKEフェスティバル」が開催された。でもeバイクって実際どうなの? そんな疑問に答えるべく、一般ユーザーが体験した生の声を一挙に紹介しよう

 
text:江里口恭平、photo:吉田悠太

総勢24モデルのeバイクが大集合!

会場横では試乗コースが設けられ、来場者はそれぞれのバイクにまたがって実際の走行感を試すことができた
会場横では試乗コースが設けられ、来場者はそれぞれのバイクにまたがって実際の走行感を試すことができた
eバイクに乗ったことがないという人に向けて、初心者講習会が行われた。乗り方からアシストの操作方法までを、講師の宮内忍氏が丁寧に説明
eバイクに乗ったことがないという人に向けて、初心者講習会が行われた。乗り方からアシストの操作方法までを、講師の宮内忍氏が丁寧に説明
トークショーも開催され、モータージャーナリストの島下泰久氏やeバイクジャーナリストの難波ケンジ氏とともに当eバイクジャパン編集担当の江里口も登壇。eバイクで走る伊豆の魅力が語られた
トークショーも開催され、モータージャーナリストの島下泰久氏やeバイクジャーナリストの難波ケンジ氏とともに当eバイクジャパン編集担当の江里口も登壇。eバイクで走る伊豆の魅力が語られた

「eバイクって実際どうなの?」 高性能アシスト付きスポーツバイクことeバイクという、この新しい乗り物に懐疑的な読者もまだまだ多いだろう。
それならまずは、実際に乗ってみなくては! そんな声に応じるべく、TOJ伊豆ステージと同日・同会場にほど近い道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」で開催された「伊豆E-BIKEフェスティバル」は、まさに初の”eバイクフェス“となった。

国内でeバイクを販売する各ブランドが一同に会し全24モデルに及ぶeバイクが集結。かつシマノ・ボッシュ・ヤマハという国内大手電動アシストユニットサプライヤーがそろうことで、各バイクだけでなくそれぞれのユニットの違い比較が可能に。それを聞き付けて遠方から駆けつけた参加者も多く見られた。

試乗においては、同会場の道の駅駐車場の走行はもちろんのこと、一部のモデルにおいては30分程度の貸し出しが行われた。これによって豊かな自然と起伏に富んだ地形を持つ伊豆を自由に試乗。eバイクならではの加速感や、坂道でのアシストフィールの違いを参加者は堪能することができた。

会場内ではモータージャーナリストの島下泰久氏とeバイクジャーナリストの難波ケンジ氏によるトークショーなども行われ、最新eバイク事情も詳しく解説。丸一日このイベントを楽しみ尽くしてしまったら、次にeバイクの良さを人に伝えるのはあなたの番かもしれない。


・イベント概要

「第1回伊豆E-BIKEフェスティバル」
開催日時:2018年5月26日(土)
開催場所:静岡県田方郡函南町 道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」
主催:加和太建設

https://www.kawata.org

 

eバイクって実際どうなの? 試乗で体感した皆さんのホンネを直撃

信州の坂道を ラクに遊び尽くしたい!【​ラクしたい派】

柳澤秀幸さん、村上智一さん、柳澤洋平さんと「ベスビー・TRS1」
柳澤秀幸さん、村上智一さん、柳澤洋平さんと「ベスビー・TRS1」

eバイクに実際に乗ってみたくて、信州から車で遊びにきたという会社の自転車好き3人組。「周囲は山ばかりなので、スポーツバイクで走ってもキツいなと思っていましたが、eバイクならラクに上りも楽しめそう。平地ではアシストがすぐ切れてしまうので、eMTBタイプがいいですね。見た目もカッコイイです!」
 

これまでの電動自転車からの 進化に驚き【デザイン重視派】

野々田太さんと「ベスビー・JR1」
野々田太さんと「ベスビー・JR1」

「2008年に購入したヤマハのクロスバイクタイプ電動自転車に乗っていますが、最新のeバイクに乗ってみてその進化に驚きました。走りももちろんですが、コントロールパネルや操作感に至るまで、10年でここまで変わったんですね」。デザイン面も関心しきりで、ベスビーのJR1が最も気に入ったそう
 

生活の足として 車からの乗り換えもアリかも【乗換派】

岡内雅世さん、佑さんご夫妻と「ヤマハ・YPJ-EC」 
岡内雅世さん、佑さんご夫妻と「ヤマハ・YPJ-EC」 

三島市内に住む岡内さんご夫妻は、生活の足としてeバイクに注目。「これだけ軽々と、しかも一度の充電で長い距離を走ることもできるなら、車の代わりの移動手段として使ってみたいですね。伊豆はどこへ行くにも山が多いので、eバイクならそれをサイクリングとして楽しむこともできそうです」
 

アシスト感の違いがハッキリ デザインにも期待【徹底比較派】

上杉昭栄さんと「コラテック・E-パワー Xヴァート650B」
上杉昭栄さんと「コラテック・E-パワー Xヴァート650B」

ショップの人からeバイクの存在を教えてもらい興味を持った上杉さん。「ユニットごとにアシストのかかり方や、切れた時のムラのなさなどアシスト感の違いがよく分かりました。デザイン面ではバッテリーとダウンチューブの統一感など、これからもっとすっきり見せるかがカギですね」
 

これならみんなで一緒に走れる アシスト感は強めが好き!【アシスト最高!派】

山下麻衣子さんと「ベネリ・タジェーテ27.5」
山下麻衣子さんと「ベネリ・タジェーテ27.5」

普段からロードバイクで仲間達と伊豆ライドを楽しんでいる山下さん。「体力や脚力に差がある人たちと一緒に走るには最適ですね。初心者の人を誘って、坂を越えておいしいもを食べに行ったりしたいです!」ベネリのタジェーテは、アシスト感とともにXSのサイズ感がマッチしたそうだ
 

MTBとして ダートコースで遊び尽くしたい【eMTB派】

新野新一郎さん、谷内創さん、伊藤敏幸さんと「ヤマハ・YPJ-XC」
新野新一郎さん、谷内創さん、伊藤敏幸さんと「ヤマハ・YPJ-XC」

「YPJ-Rに既に乗っており、eMTBでも遊んでみたいなと思っていたところYPJ-XCが出たので、乗ってみたくて埼玉からこのイベントに来ました。つらいオフロードの上りはアシストで、下りは楽しんでなんてきっと楽しそう! 夏場のスキー場でレンタルして遊ぶというのがメジャーになってほしいですね」
 

ハイケイデンスにも対応 バイクごとの乗り味の違いを体感【試乗満喫派】

中根健生さんと「ベスビー・JR1」 
中根健生さんと「ベスビー・JR1」 

eバイクのアシストが、急坂で高いケイデンスにも対応することを体験して感心しきりの中根さん。「シマノやボッシュなどドライブユニットが同じモデルであっても、フレームや仕様などバイクによって乗り味が全く異なることがとても面白いです。来年再来年ともっと続けてもらいたいイベントですね」
 

スポーツバイクの一つのジャンルとして 運動目的で使ってみたい【コレクション派】

平間孝廉さんと「コラテック・E-パワー Xヴァート650B」
平間孝廉さんと「コラテック・E-パワー Xヴァート650B」

「ロードバイクから小径車までいくつかの種類のバイクを所持していますが、eバイクはそれらとまた違った楽しさがありますね。外のコースを走っている時に心拍を測っていましたが、120〜130の域を超えることなく有酸素領域で走り続けることができました。電源をオフにしても、想像以上に楽しい!」
 
 

eバイクの魅力にドハマり! すでに自分好みへカスタムも【カスタム派】

山田誠二さんとご自身の「ベスビー・TRS1」 
山田誠二さんとご自身の「ベスビー・TRS1」 

今回の試乗会で唯一、マイ・eバイクで来場した山田さん。ベスビーのTRS1を既に自分の走り方に合わせてカスタムしており、DTスイスのホイールにスリックタイプのタイヤを履かせたうえ、当日にはフロントフォークをリジッドへ変更するなど、まるでお手本のようなeバイクカスタムを行っていた
 

会場にそろったeバイクを一挙に紹介!

ミヤタ

「リッジランナー」シマノ・ステップス完成車価格/36万9000円(税抜)
「リッジランナー」シマノ・ステップス完成車価格/36万9000円(税抜)
「クルーズ」シマノ・ステップス完成車価格/26万9000円(税抜)
「クルーズ」シマノ・ステップス完成車価格/26万9000円(税抜)

ミヤタサイクルの電動アシストMTB「リッジランナー」シマノ製電動アシストコンポSTEPS搭載​

問・ミヤタサイクル


 

メリダ

「EONE-SIXTY 900E」※国内未発売
「EONE-SIXTY 900E」※国内未発売
「EBIG.TRAIL 500」※国内未発売
「EBIG.TRAIL 500」※国内未発売

問・ミヤタサイクル
 

ミズタニ自転車

「セラフE-01S」シマノ・ステップス完成車価格/38万円(税抜)
「セラフE-01S」シマノ・ステップス完成車価格/38万円(税抜)

ミズタニ自転車「セラフ」からステップス搭載のeバイクが登場

問・ミズタニ自転車

 

BESV(ベスビー)

「TRS1」シマノ・ステップス完成車価格/46万2000円(税抜)
「TRS1」シマノ・ステップス完成車価格/46万2000円(税抜)
「JR1」完成車価格/27万6000円(税抜)
「JR1」完成車価格/27万6000円(税抜)
「PSA1」完成車価格/18万5000円(税抜)
「PSA1」完成車価格/18万5000円(税抜)

BESV(ベスビー)がロード、MTBなど新たなeバイクを正式発表。アンバサダーの ”のん”もその乗り味に驚愕の声!?【eバイクジャパン】

問・ベスビージャパン

 

トレック

「ヴァーヴ+」ボッシュ・アクティブラインプラス完成車価格/21万3000円(税抜)
「ヴァーヴ+」ボッシュ・アクティブラインプラス完成車価格/21万3000円(税抜)

トレック・ヴァーヴ+ 日本市場向けプレミアムクラスeバイク 【eバイクジャパン】​

問・トレック・ジャパン

 

ターン

「ヴェクトロンS10」ボッシュ・アクティブラインプラス価格/29万8000円(税抜)
「ヴェクトロンS10」ボッシュ・アクティブラインプラス価格/29万8000円(税抜)

問・アキボウ
 

コラテック

「E-パワー Xヴァート650B」ボッシュ・アクティブラインプラス完成車価格/39万8000円(税抜)
「E-パワー Xヴァート650B」ボッシュ・アクティブラインプラス完成車価格/39万8000円(税抜)
「E-パワー シェイプ」ボッシュ・アクティブラインプラス完成車価格/29万8000円(税抜)
「E-パワー シェイプ」ボッシュ・アクティブラインプラス完成車価格/29万8000円(税抜)

問・コラテック
 

ヤマハ

「YPJ-XC」 ヤマハ・PW-X完成車価格/35万円(税抜)
「YPJ-XC」 ヤマハ・PW-X完成車価格/35万円(税抜)
「YPJ-ER」 ヤマハ・PWシリーズSE完成車価格/32万円(税抜)
「YPJ-ER」 ヤマハ・PWシリーズSE完成車価格/32万円(税抜)
「YPJ-EC」 ヤマハ・PWシリーズSE完成車価格/26万円(税抜)
「YPJ-EC」 ヤマハ・PWシリーズSE完成車価格/26万円(税抜)
「YPJ-TC」 ヤマハ・PWシリーズSE完成車価格/30万円(税抜)
「YPJ-TC」 ヤマハ・PWシリーズSE完成車価格/30万円(税抜)

ヤマハより新たなアシストユニットを搭載したeMTB「YPJ-XC」など4車種が登場【eバイクジャパン】

問・ヤマハ発動機

 

ベネリ

「ニローネ27.5+」完成車価格/27万8000円(税抜)
「ニローネ27.5+」完成車価格/27万8000円(税抜)
「タジェーテ27.5」完成車価格/23万8000円(税抜)
「タジェーテ27.5」完成車価格/23万8000円(税抜)

問・プロト