トピックス

ジップ・454NSWにチューブラーモデルが追加登場!

ジップのエアロホイールである454NSW。これまではクリンチャーモデルしかなかったが、新たにチューブラーモデルが追加された。リムブレーキ仕様とディスクブレーキ仕様がある。
 
text:中島丈博

トッププロが求めた454NSWのチューブラー仕様


これまではクリンチャーモデルしかなかった454NSWに、プロレースシーンからの要望を受けて、チューブラー仕様が追加された。

454NSW最大の特徴は、高い空力性能を発揮するためにジップがパテントを持つリム形状「Sawtooth」を採用しているところだ。53/58mmハイト、幅27.8mmの波打つリム形状がそれ。リムサイドにはHexFin ABLCという一定間隔に配置されたディンプルがあり、これらが合わさることで正面からの風はもちろん、横風からの抵抗を低減している。これにより、高い安定性、ハンドリング性能の獲得とパワーの節約を実現する。

リムブレーキ仕様は、ブレーキ面に細かい凹凸加工が施されており、ノーマルリムよりも高い制動力とコントロール性能を実現している。悪天候や、長い下りでアドバンテージを持つ。

チューブラー仕様となることで軽量化も達成。カーボンクリンチャーリムブレーキ仕様は前後セットで1525gだったのに対して、チューブラーリムブレーキ仕様は1435gと90g軽い。

リムはアメリカ・インディアナポリスで12時間かけて製造され。職人の手による高い精度を誇る。スポークはサピム・CX-レイを採用。
 
454NSWディスクブレーキ仕様
454NSWリムブレーキ仕様
コグニションハブ。ハブフランジにかかる負荷をベアリングから遠ざける方向に分散させる。ホイール空転時にラチェットが分離されるので接触抵抗を低減
リムブレーキ仕様のブレーキ面にはShowstopperという細かい溝加工がなされている。硬度、耐熱性に優れる炭化ケイ素を配合している
空気抵抗シミュレーション(ジップのサイトより)
■454NSWリムブレーキ仕様

前後セット重量:1435g(F:640g、R:795g)
リムハイト:53mm/58mm
リム幅:27.8mm
スポーク数:F18本、R24本


■454NSWディスクブレーキ仕様
前後セット重量:1515g(F:685g、R:830g)
リムハイト:53mm/58mm
リム幅:27.8mm
スポーク数:F24本、R24本
Fアクスル:クイックリリース、15×100mm、12×100mmスルーアクスル対応
Rアクスル:クイックリリース、12×142mmスルーアクスル対応




※国内発売時期、価格未定