トピックス

カンパニョーロが"新たなるボーラ"WTO60&77を発表

リヤ12速の発表に加えて、もうひとつ大きな発表があった。それが新たなるボーラの登場だ。ロードバイクを趣味とするものなら、その名を知らぬものなき名作ホイールの系譜。

現在ラインナップされているリム高35mm、50mm、80mmに加えて、新たに登場したのは60mmハイトをもつ前後セット「ボーラWTO60」と、77mmハイトのフロントホイール「ボーラWTO77」だ。


 
text:takehiro nakajima

よりエアロなボーラ!

左2本がボーラWTO60、右1本がボーラWTO77

新たにボーラファミリーに加わるのは「ボーラWTO60」と「ボーラWTO77」の2モデル。WTOはWind Tunnel Optimized(風洞実験による最適化)の頭文字を取ったもの。その名の通り、風洞実験、CFD解析によって最高の空力性能を持たせるべくハブ、リム形状、スポークが設計されている。

ボーラ60WTOは同等のリムハイトクラスのなかで一番高い空力性能を実現しているというデータを得たという。リヤホイールはカンパニョーロのアイコンG3スポークパターンを採用。リムブレーキモデルのみで、そのブレーキ面にはAC3という細かい溝が加工されており、天候にかかわらず安定した制動力を発揮する。

 
ニップルはリムの外に出ている。スポークもWTOシリーズ用の専用設計
19Cのワイドリムを採用。タイヤとリムの境目の形状が空気抵抗低減には重要になるためクリンチャー、チューブレスレディーのみの採用
ハブはアルミ製。ベアリングはカルトベアリングを採用している。形状も空力性能を重視したものだ

フロントホイールのみのボーラWTO77

フロント用のみとなるボーラ77WTOは、TTのフロントホイールとして開発された。80mmハイトから実験をスタートし、77mmが一番データ的に優秀だったというのがこのリム高になった理由。バトンホイールを用意するという選択肢について、プロダクトマネージャーに聞くと「横風を受けた時に、スポークホイールのほうがいいデータが出た。トータルバランスを考えてもバトンホイールよりもスポークホイールの方がよかった」と語る。


この2つのホイールは、2ウェイフィット=チューブレスレディー仕様のみのラインナップとなる。チューブラーモデルはない。チューブラーとクリンチャー、チューブレスの転がり抵抗を比較すると、チューブラーが最も抵抗が大きくなるというのがその理由だ。また、同社として初めてのフルカーボンチューブレスホイールになる。リム幅は19Cのスーパーワイド仕様。組み合わせるタイヤの太さは、どのモデルを使うかにもよるが25C、28Cで最高の空力性能を発揮する。ジップなどが提唱する空気抵抗低減のための設計と近い。



ボーラWTO60 前後セット重量/1540g
ボーラWTO77 重量/745g


今年の冬発売予定。価格未定。