トピックス

往年のツーリングバイクブランドから、ツーリングeバイク「ダボス・E-600」登場 【eバイクジャパン】

ダボスの名を聞いて、長年のサイクリストなら懐かしさを覚える人も多いだろう。ツーリング車と言えば、必ず名前が上がる。そのダボスから、現代版ツーリング車が登場。スポーツバイクの最新マーケットであるeバイクに多彩な積載パターンを組み合わせたモデル「E-600」がそれだ。
 
text&photo:中島丈博

かつてのツーリング野郎に贈る1台

ダボス・E600 完成車価格/43万円(税抜)

ダボスの名を聞いて、長年のサイクリストなら懐かしさを覚える人も多いだろう。ツーリング車と言えば、必ず名前が上がる。そのダボスから、現代版ツーリング車が登場。スポーツバイクの最新マーケットであるeバイクのジャンルに「E-600」を登場させた。

アシストユニットにはシマノ・ステップスE8080ユニット使用。ステップスの航続距離の長さを生かして、ツーリングeバイクに仕立てたのだ。ツーリング車といえば積載能力が必要になるが、バッテリーユニットを搭載しているので、ダウンチューブ側のボトルケージが使えない。その分を補うべく、そして、オーナーの好きな仕様に積載できるよう、トップチューブに5つ。フォークブレードの左右計4つボトルケージ用穴を開けた。フォークとリヤ三角にはキャリアを付けるためのダボ穴ももちろんある。

フレーム素材には、4130クロモリを採用。やはりダボスのキャラクターを考えると細身のツーリング車というイメージをしっかり出していける素材を選んだ。ダウンチューブはバッテリーを搭載するため、径の太いものを採用。ヘッドチューブとの接合部はガゼットがあてられ、補強されている。

ワンサイズしかないのがちょっとさみしいが、170cm前後の人をカバーする。そしてトップ長が510mmと詰められているので、前傾のきつくない乗車姿勢が実現できる。
 

シマノ・E8000シリーズユニット使用

BB周りは鋳物
ダウンチューブはバッテリーを搭載するので、やや太めのチューブを使っている


マニアックな見方をすれば、リヤエンドがオリジナルデザインであるところには、つい目がいってしまう。ディスクブレーキキャリパーのフラットマウントに対応させつつ、ステップスのスピードセンサーを取り付けられるようにしている。

 
オリジナル設計のリヤエンド。リヤキャリアを取り付けるためのダボ穴も備わる
トップチューブにずらりと穴が。穴間のピッチはボトルケージと同じ
フォークのサイドにもボトルケージを固定できる。フォーク先端にはフロントキャリア用のダボ穴もある
フレーム:クロモリ

フォーク:クロモリ

メインコンポ:シマノ・ステップスE8080

ホイール:シマノ・WH-RX31

タイヤ:IRC・インテッツォ 700×32C

ハンドル:日東・B2520AA

ステム:日東・UI-85BX

シートポスト:日東・S-65

サドル:スポーツツアラー・X-レースゲル

サイズ:480(1サイズ)

完成車重量:17.8kg


完成車価格:43万円(税抜)


 

問・深谷産業