トピックス

スペシャライズド S-WORKS 7 & EVADE II 最新シューズ&ヘルメット登場!

スペシャライズドはバイクのみならず、アクセサリーも充実している。その中でも人気商品のサイクリングシューズが「S-Works(Sワークス) 7」に進化。さらに、エアロヘルメットのイヴェードが「S-Works Evade(Sワークスイヴェード)Ⅱ」にモデルチェンジした。どちらのアイテムも、徹底的な実験データに裏打ちされた、最速を実現するための設計が与えられている。

 
text:中島丈博 photo:長谷川拓司、スペシャライズド

ペダリングパワーを高効率に伝え、かつ快適性を高めたシューズ「S-Works 7」



S-Works 7は、一切の妥協を排除したサイクリングシューズ。あらゆる手段を使って、力の最後の一滴までをペダルに伝えるよう開発された。

さらに軽量で剛性が高まったPowerline™ カーボンソールは、ライダーファースト・エンジニアリングを生み出したチームにより実現された。これが特別なのはなぜか? それは、これが今までで最も軽量かつ高剛性のカーボンアウトソールだからだ。

単にソールの形をしたカーボンを積層するのではなく、ペダリング中にアウトソールのどこにどれほどの力がかかっているのかを、動的に計測するセンサーを独自に開発。それによって、強度が必要な部分には必要なだけカーボンを積層し、必要ない部分は省くという、カーボンフレームの製造と同じ工程を経ているのだ。

一方で、その全てを見直したPadlock™ ヒールは、旧作で愛されていた秀逸なカカトのホールド性はそのままに、快適性をさらに追求した。そしてついに、航空宇宙産業で用いられる素材、Dyneema(TM)をアッパーに採用。この素材は、引っ張られても伸びることがなく、足を本来あるべき位置で保持する。

反対に、つま先部はしっかりとスペースを持たせることで指先が圧迫されてしびれるのを防いでいる。

 
インソールにある盛り上がりが「中足骨ボタン」足指の骨の間隔を適度に広げ、血流を阻害しないようにする
アウトソールは、場所によって素材の量が使い分けられているのがわかる


快適性に関しては、縦足弓、内反ウェッジ、中足骨ボタンなど、すでに好評のBody Geometryの特徴全てをそのまま採用。これらの特徴はどれも、人間工学に基づいてデザインし、科学的にテストされ、パワーを増大させるだけでなく、効率性を高めつつ、怪我のリスクを抑える。

また、S-Works 7の機能を補う形状をデザインすることで、ラグジュアリー感も追加。縫う代わりに接着したシームがすっきりした見た目を演出し、まるでルームシューズのように足を優しく包み込む。CNC アロイのBOA® カスタムダイヤルは、その見た目に貢献するだけでなく、丈夫なスプリングクラッチやミリ単位で精確に調整できるマイクロアジャスト機構を採用して、完璧なフィットを生み出す。



 
CNC削りだしのBOAダイアルを採用。動作音にもこだわって開発されたそう
スペースシャトルが着陸時に使用するパラシュートにも採用される素材「ダイニーマメッシュ」。パワー伝達に重要な中足部に使用されている

カラーバリエーションは4色

ロケットレッド/キャンディーレッド
手前からホワイト、ブラック、ハイパー/アシッドラバ(数量限定カラー)


S-WORKS 7
価格:3万7000(税抜)
カラー:ハイパー/アシッドラバ(数量限定カラー)、ホワイト、ブラック、ロケットレッド/キャンディーレッド
サイズ:36、37、38~45(0.5刻みでブラックのみワイドモデルあり)
※限定カラーは40~45(0.5刻み)
 

S-Works EvadeⅡ



軽さ、ベンチレーション、エアロダイナミクス。これらの要素を満たした、これまでにない最速ヘルメット「新型S-Works Evade」をスペシャライズドが生み出した。

まずはエアロダイナミクスの開発から。スペシャライズドは、風洞施設ウィントンネルに住みこみ、このEvadeを製作した。風洞施設を自社に構えることで、最先端のエアロデザインをただテストするのではなく、それを製品に採用して開発できる。ウィントンネルでヘルメットのパフォーマンスをあらゆる観点から慎重に分析、そして実世界でのテストで、見落としてしまったパフォーマンスがないことを確認した。その結果、このヘルメットの開発に多くの時間と年数を要し、これが最終的には、これまでテストした中で最速となるヘルメットを実現した。

ちなみに他社の一部エアロヘルメットで採用されているシールドは、EvadeⅡでは採用されていない。その理由を「風洞実験の結果、シールドがある方が空気抵抗が大きかったから」としている。イメージとしてはシールドがある方が空気抵抗が少ない気がするが、同社の実験の結果ではそれが間違ったイメージであったことが立証されたためだ。
 
インナーシェル形状はアジアンフィット
ストラップはマグネットで固定する


安全性も一切損なわれていない。実際、部位によってフォームの種類を最適化するエネルギーオプティマイズド・マルチデンシティ EPSを、その構造に選んだ。ベンチレーションに関しては、ヘルメットに勢いよく流れ込む空気が、かつてないほど涼しい被り心地を生むだけでなく、空気抵抗も軽減している。これには、ベンチレーションとエアロダイナミクスの両方をウィントンネルで最適化し、両者の最も優れた組み合わせを実現したことが深く関連している。

外側のベンチレーションと内側の溝は、ヘルメット内部に取り込む空気量を最大限増やして、究極の冷却効果を生むよう入念にデザインされている。その結果、新型Evadeは、ヘルメットを被っていないむき出しの頭と同じだけ涼しく、現在市販されているエアロヘルメットの中で最も涼しいものとなっている。

Evadeはこれらの特徴により、距離40kmで従来のロードヘルメットより50秒短縮、Evade旧モデルと比べると約6秒短縮した。これはつまり、むき出しの頭と同じだけ涼しいだけでなく、速くもあるということ。ロードレース用ヘルメットでは、このパフォーマンスに匹敵するものはない。

最後に最も重要なのは、速いヘルメットであっても、適切にフィットしなければ意味がないということ。これを念頭に置き、新型S-Works Evadeは、マイクロアジャスト機構の付いたMindset HairPort 2 フィット、伸びないソフトなストラップ、汗を目に流れ込ませない新たなGutter Action ブロウパッドなど、トップレベルのヘルメットにあって当然の特徴全てを備えている。

 
ホワイト
ブラック
ロケットレッド/キャンディーレッド
ハイパー/アシッドラバ(数量限定カラー)


S-WORKS EVADE II
価格:2万6000円(税抜)
カラー:ハイパー/アシッドラバ(数量限定カラー)、ホワイト、ブラック、ロケットレッド/キャンディーレッド
サイズ:S、M、L

 

問い合わせ先

スペシャライズド・ジャパン
https://www.specialized.com/jp/ja