トピックス

アソスのウエアがサイクリングの満足度、快適性を上げる 

もっと若い人、多くの人にアソスウエアの魅力を知ってもらおうと決定したアンバサダー。夏川さんと中山さん。

フィッティング時の記事がこちら

アソスプロショップ東京とアソスプロショップ東京ウエストでバシッとフィッティングしたウエアを着て、2人がアソスと共に過ごしてもらったサイクリングライフの感想は? ウエアの質は、ライドの質も向上する近道だった。

 

夏川さん「疲労度が全然違う!」


「自分に合ったサイズのサイクルジャージを着ること自体がはじめてだったので、驚きばかりです。疲労度が全く違うな、と感じています。また、ASSOSのウエアはデザインがかっこいいので自転車に乗るモチベーションがすごく上がります(笑)。
 
真夏に何回か走ったのですが、蒸れにくくて快適でした。ショーツは、今まで着ていたものだと、ふともものゴムの締め付けがきつくて不快だったんですが、それがない。適度なテンションなので、きつくなくてずれてこない。ビブショーツを着ていた時は、サイズが合っていなかったからか、肩が疲れました。肩ひもの長さが短くて引っ張られていたからでしょうか。

今回のショーツタイプは、肩ひも自体がないので。ショーツだからといって、お腹周りの締め付けを感じるということもないです。

グローブは、着ける時に入口部分が狭いのでちょっと大変ですが、一度付けてしまえばすごくフィットします。真夏でも暑くなかったですね。私、手が大きい方なんですが、手の厚みはそんなにないんです。そうなるとフィットするグローブがなかなかないんですが、アソスのグローブはぴったり。こんな製品はレアです! ただ、手の甲側に使われている生地が、硬めなので肌触りがちくちくするのはちょっと苦手ですね……。

ちょっとマニアックな見方かもしれないのですが、趣味で服を作るので、どんな縫製をしているのか気になってしまいます。サイクルジャージはよく伸びる生地が使われているので、縫製部分も同じようにストレッチするようにしたほうがいいはずなんです。でも別のブランドのジャージでは、ステッチが同じように伸びないものをいくつも見ました。

その点、アソスのジャージは縫製がすごくいいんです! ステッチが伸びるのはもちろん、縫製が丁寧で、変なほつれもなくて。やっぱりすごいんだなと思いました。

ジャージとショーツは休日60km以上乗るような時しか着ていないですが、アームカバー、グローブは毎日通学の時にも使用しています。私服と混ぜてもあまり違和感のないデザインですし、付けていないより付けたほうが涼しいのでとても気に入っています。
 
今後はイベントにも参加してみたいと思っています。今初心者でも楽しめるレース、イベントを探しているところです!」

 

中山さん「エントリーグレードのイメージ以上の良さを感じています!」

「アソスビギナーキャンペーンで、ウエアのセットを手に入れてから150kmほど走ってのファーストインプレッションです!

まずはビブショーツ。アソス製品の魅力を一番感じるのがこのビブです。

今回使用しているのは、T.ミレショーツS7。

エントリーグレードな位置づけながら、値段以上の良さがあります。素材やパッドは上位モデルと同じものを使っていて、構造を単純にして価格を抑えているそうです。

生地、パッド、サスペンダーともに柔軟性が高く、フィット感と肌触りがとても良いです♪ MとSとを試着ましたが、驚いたのが太ももの締め付け感がSサイズでもほぼ無いこと! それ位伸びます。今回は、サスペンダーのテンションを見てもらい、Sサイズを選んでいただいたのですが、小さいサイズだと窮屈じゃないかという先入観は払拭されました。

乗り心地ですが、パッドの厚みは8mmで、すでに使っていた他社のビブと同じくらいの厚みですが、クッション性が高くほとんどお尻の痛みは出ませんでした! サドル探しの旅に出る前に、ウエアでの解決策を試してみるのもいいかもしれません。

サスペンダーの背中部分にはしっかり補強がされており、破れることはなさそうです
今使っているビブはY字になってる真ん中から裂けてしまい、自分で補修しました……。

アソスは、万が一ほつれたり穴が空いてしまっても、小さなものなら無償で直してくれるワランティーサービスもついているようで、安いものではないですから、こういった長く使える工夫はとても嬉しいです

続いてジャージ編です♪

ビブと同様、伸縮性と肌触りが良く、フィット感◎ 速乾性も高く快適でした! エントリーモデルらしからぬ質感の良さと、非対称デザイン、カッコいいです!

腕肩周りはゆったりめで、初めての方でも安心して着れると思います! 黒ベースですが、背中は白なので30度Cを超えるなか走ってきましたが、背中がジリジリすることはありませんでした。

背中と前面のファスナーは片手で簡単に開け閉めできます! こういった細かいところの作りよさは”さすがアソス”といったところでしょうか。」
 

「そして、グローブ。今まで使っていたもの(5000円ほど)と比べると、快適性がとても良いグローブだと感じました。

手の甲側は伸縮性が高くてフィット感良く、手のひら側はメッシュになっているので蒸れ知らずです。パッドも厚めで親指の付け根まであるので、下りでブレーキを長く使う場面でも痛くなりにくいです。

パットもメッシュも厚いので、その分ダイレクト感にはかけますが、ロングライドは快適に走れます。長時間走った時のしびれや痛みが大幅に軽減されました。」

 

「耐久レースでも汗冷えしなかった」

「日々のサイクリング以外にも、イベントに参加してきましたので、その時の感想も。

チームで筑波サーキットの9時間耐久レースに参戦してきました。

当日は30℃ほどでしたが、日本の夏らしく湿度が高くじめっとした天気でした。チーム6人の参加でしたので自分のスティントは、ほぼ全開で15~20分ほど走って60分くらい休むといったペースでした。

なので、汗冷えが心配でしたが、インナー、ジャージ共にフィット感が良くしっかり汗を吸ってくれたので、汗がたまりやすいお腹周りも冷えず9時間快適に走りきることが出来ました。」
 

使用アイテム

・夏川 仁さん

競技スキーをやっていたのですが、靭帯を切ってしまって引退。でも体を動かすのは好きなので、スポーツを何かやり続けたいと思っていた時にヒザへの負担が少ないスポーツとしてロードバイクをはじめました。
毎日、大学への通学で往復30㎞走っているほか、週末には月に1、2回ロングライドに出かけることも。いままではメンズのジャージを着ていました。今回ウイメンズモデルを着て、ジャージをフィッティングしてもらうこと自体がはじめてですが、こんなにフィット感がよくなるんだ! と感動。体も動かしやすい気がします。グローブは長距離を走るときに欲しいと思っていたアイテムだったのでうれしいです。


ジャージ/ SS.ラーラライジャージエボ7レディー 価格/1万9600円
ショーツ/ H.ラーラライショーツS7レディー 価格/1万7600円
インナー/ nS.スキンフォイルサマー  価格/8800円
ソックス/ミレソックエボ7 価格/3600円(2足セット)
グローブ/サマーグローブS7 価格/6800円
キャップ/ミレキャップエボ8 価格/2600円
・中山護斗さん

ロードバイクを買って、1年くらい経ちます。普段はショップのライドに参加するのがメイン。たまにイベントにも。今回のフィッティングは、普通の服以上にフィッティングに時間をかけていたのが印象的でした。実際に違うサイズを着て、違いを実感しながら自分にベストのサイズを選ぶことができました。すでに持っているジャージでもフィット感に不満はなかったのですが、アソスのほうがより体になじんでくれるように思いました。走りに行くのが楽しみですね。


ジャージ:SS.ミレジャージエボ7 価格/1万5200円
ビブ:T.ミレショーツS7 価格/1万8600円
インナー:SS.スキンフォイルサマー 価格/9800円
ソックス:ミレソックS7 価格/3600円(2足セット)
グローブ:サマーグローブS7 価格/6800円
キャップ:ミレキャップエボ8 価格/2600円

 

問い合わせ先