トピックス

アンカーの旗艦RS9s登場!

再び「アンカー」が動き出した。

ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランド「アンカー」は、ここ2年ほどニューモデルを発表していなかった。それは2020年の東京五輪に向けてトラックバイクの開発に注力していたからだ。その沈黙を経て再びアンカーが動き出した。ツアー・オブ・ジャパン富士山ステージの前日に、チームが使用するホテルの一室で発表会があると聞き、筆者は静岡県御殿場へ向かった。



 
text&photo:中島丈博

選手からのフィードバックを受けてRS9をブラッシュアップ

2016年に登場したアンカーのロードバイクにおけるトップモデルがRS9だ。「プロフォーマット」=推進力最大化解析技術により、ペダリングパワーを受けたフレームが、その力を最大限バイクを前に進める力に変換できるように設計され、より正確に前に進むようにしなりをコントロール。RS9の前作であるRIS9よりも8秒で4cm進むアドバンテージを持っていた。

そんなRS9だが、チームブリヂストンの選手たちが実戦で使用するなかで改善点がでてきたという。今回発表されたRS9sは、その選手の要望を受けて改良されたマイナーチェンジモデルとなる。具体的に選手からどんな要望があったのかというと、「リヤのバタつきがもう少し改善してほしい、前後の剛性バランスアップ」というものだった。

このコメントを受けて、アンカーの開発チームはチェーンステーに改良を行った。形状は変更していないが、使用するカーボンの素材およびレイアップを変更したサンプルフレームを何本か用意して、実際に選手たちにテストしてもいフィードバックを得て、最も高い評価になる設計で製品化されたのがRS9sなのだ。この変更により40gの軽量化も達成している。

もともとは選手供給用のスペシャルモデルだったフレームだが、限定で市販されることになった。

フレームのグラフィックもRS9とは大きく変更されている。日の丸をモチーフに、日本のチームとして世界に挑戦する精神を鮮やかな赤のラインで表現した限定デザインで、ダウンチューブには「BRIDGESTONE」、チェーンステーには「TEAM BRIDGESTONE」のロゴが入る。ヘッドマークは「B」マークが入る。

 
RS9s。開発は2017年から行われていた。RS9よりも40g軽量化されている
RS9s。開発は2017年から行われていた。RS9よりも40g軽量化されている
プレゼンテーションを行ったブリヂストンサイクル商品企画課村河裕紀さん
プレゼンテーションを行ったブリヂストンサイクル商品企画課村河裕紀さん

選手の要望を受けて、改善されたフレームというと高剛性化されたフレームを想像するかもしれないが、今回話を聞いたブリヂストンサイクル商品企画課の村河さん曰く

「単純に剛性を上げたり、レイアップを増やしたりしてフレームをしならなくしたわけではありません、むしろしなりを残したほうが選手の印象がよかったです。なのでしなり方をコントロールした設計になっています。使用するカーボンの素材を変更したのはもちろんですが、レイアップする角度を変えるだけでも選手の印象は変わりました。いくつものサンプルフレームでのテストを経て完成したのがRS9sです」。

という。理論値と選手のコメントをうまく融合して、ベストなバイクを作り出してきたアンカーの開発スタイルが生んだバイクがRS9sだ。


 
素材、レイアップに大幅な変更が施されたチェーンステー
素材、レイアップに大幅な変更が施されたチェーンステー

近谷涼選手が感じたRS9sの進化

2点大きく変化を感じた。まずは上りの推進力が増している。のぼりで踏むとリヤが逃げている。たわんでいるイメージがあった。足には優しいけれど、パワーが逃げている印象があった。その点、RS9sやつはそれがかい。ダイレクト感が増した。踏んだ分進む印象。
もう1点は、のぼりでダンシングしたり平地のスプリントしたときなどはバイクが暴れたり、リヤが飛んだりすることがあった。RS9sは直進安定性が増し、走りたいラインを走れる。安定して踏み込めるし数値も上がっている。チェーンステーのアップデートが効いているんではないかと思っている。

 

30本限定のスペシャルモデル

RS9sは30本のスペシャルモデルとなる。サイズごとの本数は以下のとおり。

・フレームサイズ
460mm  / 10  本

490mm  / 13  本

520mm  / 5  本

550mm  / 2  本


販売方法は、申し込み抽選による数量限定となり、5月24日(金)から6月9日(日)の期間、WEB 上の専用ページから抽選申し込みを受け付ける。
・専用ページ:http://www.anchor-bikes.com/team-edition/


・フレームセット重量 : 1310g (490mm )
・フレームセット価格 : 37万円(税抜)

 

限定グラフィックのTTフレームとMTBフレームも発売

RT9 Frame
RT9 Frame
XR9 Frame
XR9 Frame


RS9sで採用されたものと同じコンセプトのフレームグラフィックをまとったTTバイクとMTBのフレームも数量限定で発売される。ベースとなっているのは全日本選手権を制したTTフレームのRT9と、27.5インチホイールを使用するクロスカントリーレーシングモデルのXR9だ。



■RT9
・フレームサイズ / 販売数量
Sサイズ/2本
Mサイズ/1本


・フレームセット重量 :1830g (M  サイズ / ステム、シートポスト除く)

・フレームセット価格 : 41万円(税抜)




■XR9
 ・フレームサイズ / 販売数量
420mm /1本
480mm /2本



・フレーム重量 : 1170g (420mm )

・フレームセット価格 : 23万円(税抜)



 

3モデルとも数量限定の抽選販売

 ・販売方法:抽選販売

・申込期間:2019 年5 月24 日(金)12 時00 分~2019 年6 月9 日(日)23 時59 分

・購入方法
①申し込み:WEB 上の専用ページより必要事項を記入し、購入抽選に申し込み

②抽 選:当選者へ6 月中旬に当選メールを送付

③注 文:当選者希望のANCHOR 販売店にて、オーダーシートを記入

④納 車:注文したANCHOR 販売店にて納車

・納車時期:7 月より順次

・専用ページ:http://www.anchor-bikes.com/team-edition/

 

問い合わせ先