ニュース

米国のホロウェスコ・シタデル・P/Bアラパホリソースズが来季のチームジャージを発表

レース
昨年ジャパンカップで来日したアイゼンハートが新しいチームジャージをお披露目した 
UCIコンチネンタルチームから来シーズンはUCIプロフェッショナルコンチネンタルチームへと昇格することが決まっている米国のホロウェスコ・シタデル・P/Bアラパホリソースズが、新しいチームジャージを発表した。今季は黒がベースでアクセントに黄色を使っていたが、来季は心機一転、胸から上が鮮やかな黄色いチームジャージになる。


ホロウェスコ・シタデル・P/Bアラパホリソースズは、元プロ選手のジョージ・ヒンカピーが2012年に兄のリッチとともに創立した米国チームで、ホロウェスコとシタデルは投資管理会社、アラパホリソースズはオクラホマの石油・ガス探査開発会社だ。

チームジャージはヒンカピー自身が経営している『ヒンカピースポーツ』がサプライヤーで、来季の自転車はBMCになる。

2018年はUCIプロフェッショナルコンチネンタルチームの最低選手数である16人が所属する。昨年のジャパンカップでBMCレーシングチームのスタジエ(見習い選手)として来日したTJ・アイゼンハート(米国)がメンバーの1人で、今季はレッドランズ・クラシックで総合優勝、ツアー・オブ・ヒラでも総合3位になる活躍を見せた。





[ホロウェスコ・シタデル・P/Bアラパホリソースズ(米国) 2018年所属選手]
Miguel BRYON
Ruben COMPANIONI (CUB)
T.J. EISENHART 
Andzs FLAKSIS  (LAT)
Andrei KRASILNIKAU (BLR)
Joe LEWIS (AUS)
John MURPHY 
Brendan RHIM 

(新規加入)
Nicolai Broechner (DEN)
Fabian Lienhard (SWI)
Evan Bybee
Andrew Dahlheim
Grant Koontz
Morgan Schmitt
Brayan Sanchez (COL)
Bryan Gomez (COL)

(http://www.hincapieracing.com/)