ニュース

自転車文化センター「2018ハンドメイドバイシクル展」1/20〜21 科学技術館で開催

イベント
自転車文化センターは、自転車文化の普及啓発という観点で自転車に関する様々な書籍や、歴史的な自転車、資料など自転車専門の情報提供機関として活動している。また、自転車の魅力を感じられる各種イベントを数多く開催している。その中で20年以上の開催実績がある、オーダーメイド自転車の魅力を紹介するイベント「2018ハンドメイドバイシクル展」を、2018年1月20日(土)・21日(日)に東京都千代田区の科学技術館1F催事場にて開催する。

ハンドメイドバイシクルは、自転車競技者の体格や脚力などに合わせ設計してきたハイレベルな製造技術を応用し、スポーツ用自転車や高齢者・障がい者向けの自転車、より趣向性の高い自転車のための製造技術へと発展してきた。現在では、その技術を学べる専門学校も開設され、若手ビルダーも数多く登場し始めている。

「2018ハンドメイドバイシクル展」では、高い技術と自転車に対する深い造詣を持つ国内外のビルダー達によって造られた自転車と斬新で独創的なパーツを多数集めて展示する(49社予定)。自転車愛好家や自転車に興味を持っている人にとっては、価値ある自転車の情報コミュニケーションの場となる。

また、ビルダーやゲストを招いてのトークショーも開催。見て・聴いて・話して、ハンドメイドバイシクルの魅力をより知ることができる。入場無料。

 
展示ブース
展示会場風景
展示ブース
展示ブース


自転車文化センター「2018ハンドメイドバイシクル展」
日時   :2018年1月20日(土)・21日(日)9:30~16:50(両日とも)
会場   :科学技術館 1階催事場(東京都千代田区北の丸公園2-1 東京メトロ竹橋駅・九段下駅下車徒歩7分)
入場料:無料

主催   :一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センター
内容   :
1)日本および海外のハンドメイドビルダーによるスポーツ用自転車、街乗り用自転車、高齢者・障がい者向け自転車、独創的な自転車の実車展示、独自の技術が施された自転車の独創的なパーツ展示
2)「ハンドメイドバイシクルの魅力」主催者特別展示コーナー
3)ハンドメイドビルダーおよびゲストによるトークショー


■ハンドメイドバイシクル展・出展社一覧(予定:50音順)
あぶくま自転車工房、WELD ONE、Equilibrium cycle works、エム.マキノサイクルファクトリー、EMERALD BIKES、エンマバイシクルワークス、岡安製作所、絹自転車製作所、紀洋産業、近藤機械製作所、今野製作所、サイクル&カヌー アマンダスポーツ、サイクルグランボア、サイクルストア ヒロセ、SANO MAGIC、Sunrise cycles、STUBBORN CYCLEWORKS、ダイワボウプログレス、たつみ商会、TESS、東叡社、東京サイクルデザイン専門学校、東洋フレーム、ドバッツ・ライノ・ハウス、日直商会、Bakansu cycles、パナソニックサイクルテック、BIXXIS JAPAN、ビチスポーツ モリアイ、BYOB Factory、5LINKS、プロショップ タカムラ製作所、Helavna Cycles、細山製作所、マツダ自転車工場、macchi cycles、柳サイクル、山音製輪所、ライトサイクル、Life Bike、渡辺捷治製作所、ワークショップモンキー

《初出展社》
グラファイトデザイン、K・L・C PRODUCTS、サギサカ、日東、ビッグフロスト、本所工研、三ヶ島製作所
 
*「2018ハンドメイドバイシクル展」は、出展予定社が49社(初出展社7社を含む)となり、過去最大規模での開催となります。 


問:自転車文化センター  電話:03-4334-7953
※休館日:月曜日(祝祭日の場合は翌平日)・年末年始
自転車文化センターホームページ
ハンドメイドバイシクル展facebookページ