ニュース

2/10〜11 第7回シクロクロス東京 2018。参加エントリーは12/21から

イベント
                                                                
お台場海浜公園(東京都港区)が舞台となる国内最大級のシクロクロスイベント『第7回シクロクロス東京 2018』が、来年は2月10日(土)、11日(日)に開催されることになった。


シクロクロス東京は、AJOCC(日本シクロクロス競技主催者協会)が運営する『JCXシリーズ』の最終戦でもある人気イベントで、今年2月の大会は晴天に恵まれ、2万人を超す来場者数を記録した。

今年好評だった新種目『サンドスイッチエンデューロ』は来年も行われ、大会2日目には『シクロクロスオープン』が新設される。これは参加条件が「20歳以上」しかないオープンクラスの競技で、誰でも30分間シクロクロスを体験することができる。

シクロクロス東京と言えば2日目に行われるエリート男女のレースが目玉で、国内のトップクラスの選手たちが海外のトップクラスの選手たちとデッドヒートを演じる姿を間近に観られるのが楽しみの1つだったが、残念ながら第7回大会からは海外のエリート選手の招聘は行われないことになった。

シクロクロス東京はコース全長などの問題があり、国際自転車競技連合(UCI)の公認を取得するのが難しいのだが、UCIルールには「UCI公認レース以外では、UCIランキング50位以上の選手を走らせることはできない、3カ国以上の国籍の選手を走らせることはできない」と規定されているためだ。

しかし、国内のトップ選手たちがお台場の砂浜を舞台に熱いレースを魅せてくれることには変わりがないだろう。
 

東京五輪の影響で、2018年は最後の大会になるかも?

                                                       
もう一つ残念なことに、2020年に開催される東京オリンピックの影響で、シクロクロス東京は2019年と2020年には開催できないことが決まっている。

会場となるお台場海浜公園が、東京オリンピックの競技会場(トライアスロンとマラソンスイミング)になり、管理団体の移行や、関連施設の建設により、公園を利用することができなくなるためだ。

2021年の大会再開についてはまだ協議中で、来年2月の第7回大会が最終大会になる可能性もある。都心で開催され、誰もが気軽に観戦できる人気大会だけに、東京オリンピックが原因でなくなってしまったら本当に残念だ。

まずは来年2月の第7回大会を盛り上げて、2012年にシクロクロス東京が再開することを祈りたい。


[大会概要]
開催日時:2018年2月10日(土)〜11日(日)
開催場所:東京都立お台場海浜公園特設コース

主 催:シクロクロス東京2018実行委員会
共 催:一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会(予定)
構 成:株式会社Champion System Japan、株式会社東京臨海ホールディングス
後 援:東京都港湾局(予定)、東京都自転車競技連盟(予定)
協 力:NPO法人サイクリスト国際交流協会(予定)
特別協賛:株式会社Champion System Japan(予定)

参加予定人数:900人(2日間)
来場者:約2万5千人予想(2日間)


[スケジュール]
●2月10日(土)

C4-A
C4-B
C4-C
CM2+3/U17/U15
C3/CL2+CL3
サンドスイッチエンデューロ
CM1/C2/CJ
C1

●2月11日(日)
CK1
CK2+CK3
エンデューロ
シクロクロスオープン
CL1
エリート男子
閉会セレモニー


[参加エントリー]
お申込み期間:2017年12月21日(木)12:00 〜 2018年1月25日(木)24:00
参加費:一般 5,500 円、サンドスイッチエンデューロ(2 名)7,000 円、チームエンデューロ(2~5 名)9,000 円〜19,000 円、キッズ 3,000 円

※お申込みは「スポーツエントリー」からになり、詳細は公式サイトとSNSで発表される。


●公式サイト:http://www.cyclocrosstokyo.com

●公式Twitter:http://twitter.com/cx_tokyo