ニュース

出発進行! JR東日本のサイクルトレイン「B.B.BASE」。バイクを輪行せずにそのまま積み込んで房総ツーリングへ

その他
自転車をそのまま電車に持ち込めるサイクルトレインは、近年全国の地方鉄道を中心に普及しつつある。そんなサイクリスト向け電車のニューウェーブが、2018年1月に両国駅から発車する。
 
車内は1席に1台のバイクラックが備わる。かなり余裕のある作り。
「B.B.BASE(ビービーベース)」は東京・両国駅から千葉・房総エリア4拠点を結ぶサイクルトレインだ。最大の魅力はその手軽さと快適性。車内にそのまま持ち込んだ自転車を、自身の座席後方にある専用ラックへ設置できる。このラックはB.B.ベースのために製作された特注品。ワンタッチで手軽に設置できる上に、走行中の揺れにも強い作りとなっている。

さらにクリートシューズでも滑りにくいように加工された車内床面など、まさに”サイクリストのため”の仕様が快適な旅をアシストしてくれる。

愛車とともにゆったりとしたボックス席で車窓を楽しむ。自転車×電車の新たなスタイルの旅を提案してくれる新型列車だ。
 
かつて通勤電車として活躍していた車両を改造している。6両編成だ。1〜3号車、5〜6号車が乗車スペース。4号車はフリースペースとなっている。
自転車を専用ラックに固定するには、自転車を立ててフロントホイールをラックにかけ、ダウンチューブをタイラップで固定する
そんなサイクルトレインの発着拠点である両国駅の3番線ホームは、かつて房総と東京を結ぶ要所だった。普段は立ち入ることのできない”幻のホーム”から旅はスタートする。

本列車が向かう先は、内房エリア・外房エリア・佐原エリア・銚子エリアの合計4箇所。毎週末ごと異なるエリアへ運行する。温暖な気候と軽快なアップダウン、太平洋を臨む雄大な海岸線を誇る房総はサイクリスト憧れの地だ。一方、電車アクセスのしにくさがネックだったのもまた事実である。そんなジレンマを打破し、新たな自転車BASE(基地)への道を拓く「B.B.BASE」は2018年1月6日から運行開始だ。

販売はびゅう旅行商品としてのパック販売となり、インターネットや電話での事前予約が必須となる。さらに原則としてスポーツバイク(一部を除く)持参での申込みとなる点を留意したい。詳細の旅程やコース、持ち込み可能車種は公式HPをチェックしよう。

text:大城実結 photo:茂田羽生

 







趣きのある駅舎の両国駅。B.B.ベースの利用者は自転車を輪行せずに改札を通過することができる
いち早く「B.B.ベース」を見たい! そんなサイクリストのために、2017年12月9日に車両展示イベントが両国駅で開催される。当日は実際に走行予定の車両、3号車と4号車フリースペースを見学することができる。