ニュース

セガフレード渋谷店でトレック・セガフレード来日記念レセプションが開催された

レース

コンタドールがセガフレード渋谷店にやって来た!

セガフレード渋谷店で催された来日記念レセプションでは鏡開きもあり、海外選手たちは興味津々だった 
 
栃木県宇都宮市で熱い闘いが繰り広げられたジャパンカップサイクルロードレース翌日の10月23日に、東京都内のセガフレード・ザネッティ・エスプレッソ渋谷店(東京都渋谷区道玄坂)で、トレック・セガフレードの来日記念レセプションが開催された。


セガフレード・ザネッティは、世界最大級のコーヒー生産者であるイタリアのマッシモ・ザネッティ・ビバレッジ・グループが所有するブランドの1つであり、イタリアンバールチェーンの『セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ』は、世界70カ国以上に店舗があり、日本にも古くから進出している。

同社が米国のUCIワールドチーム、トレックファクトリーレーシングの共同タイトルスポンサーに付いたのは2016シーズンからで、今季はトレック・セガフレードとして活動した2シーズン目だった。

トレック・セガフレードがスイスのファビアン・カンチェッラーラとともに来日した昨年のジャパンカップでは、広尾店で初めて来日記念レセプションが催された。2回目の今年は、1998年に日本1号店としてオープンした渋谷店で開催され、スペインのアルベルト・コンタドールを筆頭に、ジャパンカップに参加したトレック・セガフレードの選手全員が出席した。

当日はマッシモ・ザネッティ・ビバレッジ・グループのパスカル・エリティエCOO(最高執行責任者)も出席し、ジャパンカップを走ったトレック・セガフレードの選手たちを激励していた。
 
 
左からルーベン・ゲレイロ、クーン・デコルト、コンタドール、エリティエCOO、別府史之、グレゴリー・ダニエル、ヤスペル・ストゥイヴェン           
コンタドール(中央)がセガフレード渋谷店に来店! ファンは彼が座ったこの席で記念撮影しよう
フミ in セガフレード渋谷店!  
 
来日記念レセプションでは、セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ・ワールドワイド・ジャパン株式会社の森聡郎 代表取締役社長が和歌山県出身ということで、和歌山県産の純米酒『紀伊国屋文左衛門』や、和歌山県古座川町の清流鹿を使用したジビエバーガーとジビエサンドイッチが振る舞われた。

乾杯で純米酒を味わったコンタドールに直接感想を聞くことはできなかったが、彼のマネージャーで4カ国語が堪能なハシント・ビダルテ氏は「彼は日本酒も好きだよ。選手だから普段はあまり飲まないが、リオハワインの赤が好きだ」と教えてくれた。

ベルギー人のヤスペル・ストゥイヴェンには直接日本酒の感想を聞けたが、あまり好きではないと言っていた。やはりベルギー人はベルギービールが好きなのかと思ったら「僕はベルギー人だけど、ビール飲みじゃあないんだよ。ワインの方が好きなのさ」と笑っていた。


トレック・セガフレードの選手たちも味わった純米酒『紀伊国屋文左衛門』とジビエバーガーは、レセプションの翌日からセガフレード渋谷店で先行販売がスタートしている。
 
 
レセプションで挨拶を行ったエリティエCOO(中央)はイタリア在住のスイス人で、自転車レースも詳しかった    
コンタドール(中央)も英語でスピーチを披露した   
メディアには厳しいコンタドールから直接日本酒の感想は聞けなかったが、こんな微妙な表情だった?!
レセプションでオ・ソーレ・ミーオを披露した森 代表取締役社長(左)とエリティエCOO(右)
来日記念レセプションのために飾り付けられたセガフレード渋谷店   
レセプションの最後には、トレック・セガフレードから来日選手のサインが入ったチームジャージが森 代表取締役社長に贈呈された
この特別なチームジャージ、セガフレード渋谷店に飾られるといいなあ…

http://www.segafredo.jp

https://www.facebook.com/SegafredoJapan/

https://twitter.com/Segafredo_Japan