ニュース

コンタドール初来日! ジャパンカップ2017 チームプレゼンテーション 全15チーム写真集

レース
チームプレゼンテーションで登壇し、大喝采を浴びたコンタドール

国内最大の自転車ロードレース、ジャパンカップサイクルロードレースが、いよいよ今週末に栃木県宇都宮市で開催される。10月20日には宇都宮市内のオリオンスクエアでチームプレゼンテーションが行われ、土曜日のクリテリウムにだけ参加するクリテリウム・スペシャルチームを含めた全参加チームが紹介された。


今年のビッグニュースと言えば、スペインのアルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード)が初来日したことだ。チームプレゼンテーション当日に到着したコンタドールは、成田空港で大勢のファンに出迎えられ、喜んでいた。

コンタドールは、9月に母国スペインで開催されたブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)をプロ選手としての引退レースに選び、素晴らしい活躍を見せてくれた。そのため、残念ながら今回参加するのは土曜日のジャパンカップ・クリテリウムのみになる。

チームプレゼンテーションで登壇し、会場から割れんばかりの大声援を受けたコンタドールは「日本にはずっと来たいと思っていたが、残念ながら現役の時には来ることはできなかった。だから今回トレック・セガフレードのおかげで、こうして日本に来ることができてとてもうれしく思っている。日本に到着した一歩目から、空港からファンの皆さんに温かい歓迎をしてもらった。明日は素晴らしいレースを見せたいと思っている。日本に来るのがこれで最後にはならないことを願っている」と、語っていた。

コンタドールが走るジャパンカップ・クリテリウムは、21日(土)に宇都宮市大通り周回コース(1周2.25km)で行われ、午後3時40分にスタートする。優勝候補はモチロン、3連覇を狙う別府史之(トレック・セガフレード)だ。コンタドールのアシストを受けたら、勝たない訳にはいかないだろう。

 
トレック・セガフレード、ジャパンカップ直前記者会見 コンタドール、ストゥイヴェン、別府
 

今年のジャパンカップサイクルロードレースに参加する全15チームを写真で一挙紹介!(登壇順)

宇都宮ブリッツェン(日本)
キナンサイクリングチーム(日本)
ブリヂストンアンカーサイクリングチーム(日本)
チームプレゼンテーションで新喜劇?を披露したマトリックスパワータグ(日本)
那須ブラーゼン(日本)
チーム右京(日本)
ジャパンナショナルチーム(日本)
ハースが念願の再来日を果たしたクリテリウムスペシャルライダーズ ※クリテリウムのみ参加
アタッキ・チームグスト(台湾)
チーム ノボ ノルディスク(米国)
NIPPO・ヴィーニファンティーニ(イタリア)
キャノンデール・ドラパック(米国)はディフェンディングチャンピオンのヴィッレッラがゼッケン1を付ける
BMCレーシングチーム(米国)のエルミーゲルは日曜日が引退レースになる
ラボバンク時代以来の来日となったチームロットNL・ユンボ(オランダ)
最強メンバーが顔を揃えたトレック・セガフレード(米国)
…マトリックス、レースは真面目に走るコト!

ジャパンカップ参加チーム&選手

●キャノンデール・ドラパックプロフェッショナルサイクリングチーム(米国)
ダヴィデ・ヴィッレッラ(イタリア)
アレックス・ハウズ(米国)
サイラス・モンク(オーストラリア)*スタジエール
ダヴィデ・フォルモロ(イタリア)
トム・スカリー(ニュージーランド)

●BMCレーシングチーム(米国)
マルティン・エルミガー(スイス)
リッチー・ポート(オーストラリア)
ミヒャエル・シャール(スイス)
ブラム・ウェルテン(オランダ)*スタジエール
ダニロ・ヴィス(スイス)

●チームロットNL・ユンボ(オランダ)
エンリーコ・バッタリン(イタリア)
クーン・ボーマン(オランダ)
アレクシー・ヴェルミューラン(米国)
フアンホセ・ロバト(スペイン)
アントワン・トルーク(オランダ)

●トレック・セガフレード(米国)
別府史之(日本)
グレゴリー・ダニエル(米国)
クーン・デコルト(オランダ)
アルベルト・コンタドール(スペイン)※クリテリウムのみ
ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル)※ロードレースのみ
ヤスペル・ストゥイヴェン (ベルギー)

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ(イタリア)
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
中根英登(日本)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
小林海(日本)※クリテリウムのみ
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)※ロードレースのみ

●チーム ノボ ノルディスク(米国)
ロマン・ジウー(フランス)
ダヴィ・ロサノ(スペイン)
シャルル・プラネ(フランス)
クリストファー・ウイリアムズ(オーストラリア)
ヘンドリクス・ファンエイゼンドルン(オランダ)

●アタッキ・チームグスト(台湾)
ベンジャミン・ヒル(オーストラリア)
アルダー・マーツ(米国)
フアン・ウェンチュン(台湾)
ルー・シャオシュアン(台湾)

●チーム右京(日本)
畑中勇介(日本)
平塚吉光(日本)
オスカル・プジョル(スペイン)
ベンジャミン・プラデス(スペイン)※ロードレースのみ
ジョン・アラベストゥリ(スペイン)※クリテリウムのみ
ネイサン・アール(オーストラリア)

●キナンサイクリングチーム(日本)
マルコス・ガルシア(スペイン)※ロードレースのみ
トマ・ルバ(フランス)
ジャイ・クロフォード(オーストラリア)
雨乞竜己(日本)※クリテリウムのみ
山本元喜(日本)
中島康晴(日本)

●ブリヂストンアンカーサイクリングチーム(日本)
初山翔(日本)
鈴木龍(日本)
石橋学(日本)※ロードレースのみ
大久保陣(日本)※クリテリウムのみ
新城雄大(日本)
西薗良太(日本)

●マトリックスパワータグ(日本)
ホセヴィセンテ・トリビオ(スペイン)
アイラン・フェルナンデス(スペイン)
佐野淳哉(日本)※ロードレースのみ
土井雪広(日本)
吉田隼人(日本)※クリテリウムのみ
田窪賢次(日本)※クリテリウムのみ
安原大貴(日本)※ロードレースのみ

●宇都宮ブリッツェン(日本)
増田成幸(日本)※ロードレースのみ
鈴木譲(日本)
雨澤毅明(日本)※ロードレースのみ
小野寺玲(日本)
岡篤志 (日本)
鈴木真理(日本)※クリテリウムのみ
阿部嵩之(日本)※クリテリウムのみ

●那須ブラーゼン(日本)※主催者招待枠
吉岡直哉(日本)
下島将輝(日本)
西尾勇人(日本)
岸崇仁(日本)
柴田雅之(日本)

●ジャパンナショナルチーム(日本)
岡本隼(日本)
入部正太朗(日本)
木村圭佑(日本)
山本大喜(日本)
石上優大(日本)

●クリテリウムスペシャルライダーズ ※クリテリウムのみ
ネイサン・ハース(オーストラリア)
新田祐大(日本)
渡辺正光(日本)
中村龍太郎(日本)
小阪光(日本)


※スタートリスト(PDF)は以下のURLからダウンロード可能→  http://www.japancup.gr.jp