ニュース

ブエルタ第10ステージは逃げ切ったトレンティンが地元のロハスをスプリントで打ち負かして今大会2勝目

レース

第72回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、休養日明けの8月29日にムルシア地方のカラバカ・フビラルからエルポソ・アリメンタシオンまでの164.8kmで第10ステージを競い、イタリアのマッテーオ・トレンティン(クイックステップフロアーズ)が、地元のホセホアキン・ロハス(モビスターチーム)を一騎打ちのスプリントで打ち負かし、第4ステージにつづいて今大会2勝目を上げた。

総合リーダーのマイヨ・ロホは英国のクリストファー・フルーム(チームスカイ)が守った。終盤の下り坂でメイン集団から抜け出すことに成功した総合3位のニコラ・ロッシュ(BMCレーシングチーム)は、フルームの集団に29秒差を付けてゴール。総合でのタイム差を1分5秒から36秒にまで縮め、総合2位のエステバン・チャベス(オリカ・スコット)と並んだ。


■ベルギーのクイックステップフロアーズに今大会4勝目をもたらしたトレンティンのコメント「この勝利を本当に望んでいた。このステージのことをしばらく考えていた。上りはハードだが、自分にはうまく対処できるとわかっていた。ダウンヒルがとてもテクニカルであることも知っていた。ロハスはダウンヒルでとても良かったから、彼と一緒で本当に良かった。僕はただ、彼の後ろを付いて行った。

正直言って、彼は本当に速かったので、優れたダウンヒラーである僕ですら彼に付いて行くのはちょっと難しかった。僕たちは他の全ての選手たちに差をつけることができて、僕がスプリントを支配した。彼がこの辺りの出身であることは知っていたよ。これで僕たちはブエルタで5つ目のステージで勝つ必要が出てきたね(クイックステップフロアーズは今年のジロとツールの両方で区間5勝しているため)」
 
 

■第10ステージ結果[8月29日/カラバカ・フビラル~エルポソ・アリメンタシオン/164.8km]
1 マッテーオ・トレンティン(クイックステップフロアーズ/イタリア)3時間34分56秒
2 ホセホアキン・ロハス(モビスターチーム/スペイン)+1秒
3 ハイメ・ロソン(カハルラル・セグロスRGA/スペイン)+19秒
4 ジャック・イャンスファンレンスブルク(チームディメンションデータ/南アフリカ)+21秒
5 アレクサンドル・ジェニエズ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+56秒
6 マルク・ソレル(モビスターチーム/スペイン)+59秒
7 ルイスレオン・サンチェス(アスタナプロチーム/スペイン)+2分22秒
8 アレッサンドロ・デマルキ(ダミアーノ・カルーゾ/イタリア)+2分22秒
9 アルノー・クールテイユ(FDJ/フランス)+2分40秒
10 ラファエル・レイス(カハルラル・セグロスRGA/ポルトガル)+3分05秒
12 ニコラ・ロッシュ(BMCレーシングチーム/アイルランド)+4分03秒
24 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+4分32秒
■第10ステージまでの総合成績(マイヨ・ロホ)
1 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)40時間12分44秒
2 エステバン・チャベス(オリカ・スコット/コロンビア)+36秒
3 ニコラ・ロッシュ(BMCレーシングチーム/アイルランド)+36秒
4 ビンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+1分17秒
5 ティージェイ・バンガーデレン(BMCレーシングチーム/米国)+1分27秒
6 ダビ・デラクルス(クイックステップフロアーズ/スペイン)+1分30秒
7 ファビオ・アルー(アスタナプロチーム/イタリア)+1分33秒
8 マイケル・ウッズ(キャノンデール・ドラパック/カナダ)+1分52秒
9 アダム・イエーツ(オリカ・スコット/英国)+1分55秒
10 イルヌール・ザカリン(チームカチューシャ・アルペシン/ロシア)+2分15秒
11 ウィルコ・ケルデルマン(チームサンウェブ/オランダ)+2分31秒
13 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレード/スペイン)+3分32秒
[各賞]
■マイヨ・ベルデ:マッテーオ・トレンティン(クイックステップフロアーズ/イタリア)
■マイヨ・デ・ルナレス:ダヴィデ・ヴィレッラ(キャノンデール・ドラパック/イタリア)
■マイヨ・コンビナダ:クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)
※第11ステージはエステバン・チャベス(オリカ・スコット/コロンビア)が着用
■チーム成績:モビスターチーム(スペイン)
■敢闘賞:マッテーオ・トレンティン(クイックステップフロアーズ/イタリア)
*マイヨ・ロホ(個人総合リーダージャージ)...真紅/マイヨ・ベルデ(ポイント賞ジャージ)...緑/マイヨ・デ・ルナレス(山岳賞ジャージ)...白地に青い水玉/マイヨ・コンビナダ(コンビネーション賞)...白
(http://www.lavuelta.com/la-vuelta/2017/us/)
 
 

第11ステージは天文台を目指す頂上ゴール

MAP : Unipublic
MAP : Unipublic
ゴールのカラル・アルト山 (MAP : Unipublic)
 
8月30日はロルカから標高2120メートルでカテゴリー1のカラル・アルト山頂の天文台(オブセルバトリオ・アストロノミコ)までの187.5kmで中級山岳区間の第11ステージが行われる。ゴールのカラル・アルト山の前には、標高1800メートルでカテゴリー1のアルト・デ・ベレフィケ峠も越えなければならない。

カラル・アルト山は全長15.5kmで平均勾配が5.9%、最初の1kmに最大勾配12%の地点があり、山頂近くにも10%の勾配区間がある。
 

第10ステージのハイライト映像


Summary - Stage 10 - La Vuelta 2017 投稿者 la_vuelta